海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
owasebonがまちに与える影響など
今日の尾鷲も冬の空、高く薄い青色です。

昨日、owasebon第22号の反省会を、それとなしに聞きながら、「継続は力なり」を実感した。今から4年前に、エディトリアルデザイン講座がきっかけで始まったowasebonも、12ページから16ページとなり、たくさんの素人記者たちに関わっていただきながら、「owasebon」としての形をつくってきた。
c0010936_11582558.jpg


第13号目からは、「行政発の助成金に頼らない」を宣言し、広告収入6割、自己調達4割で運転資金を調達してきた。理想とする自己調達5割になれば、少しは余剰金も出てくるけれど、広告収入や自己調達が想定を割れば、たちまち赤字に転落するので、なかなか思うような資金繰りができていない現状も見過ごせない。

知名度は増したはずだし、第20号からはじめた定期購読も、既に30口近くに達しようとしている(この場を借りて…未入金の方はよろしくお願いします)。内外からの支援を集め始めているので、あと少しの壁を乗り越えようとしているのかなとも感じているが、この壁はowasebon制作委員会としてしか乗り越えられない。

自由きままと言う楽しさと、表裏一体に待ち構えている資金難は、こういった活動にはつきもので、そこに「行政として何ができるのか?」がプラスされるとすれば、それは自治体の中のまちづくりとして発展する要素もあるのではないだろうか?この順序が違うと、声ある住民が裸の王様にされた、いつまで経っても行政主導のまちづくりに変わりは無く、その行き着く先は、世界中をみても結論に達している。

少なくとも、owasebonは今後消える可能性を大きく含んではいるが、手にした人にとっては、いつまでも記憶に残る冊子であり、活動には違いない。その声を、どういまからひろいあげるかにかかっている気がする。

自主的に活動している芽は、それだけでは育っていかないものである。

by kurage874 | 2008-12-03 13:20 |  owasebon制作委員会
<< カフェ休業中!ちょっと、ちょっ... 12月前半のカフェ営業日 >>