海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
火曜日、大同楽座の契約更新について
火曜日の午前中、大同楽座の大家さんが在住している大紀町まで車を走らせました。

来年の大同楽座の契約更新をしていただく話し合いに出向いたのですが、最初のきっかけをつくっていただいた県担当(東紀州対策局)にも出席を依頼し、大家とHCD(貸主と借主)の立会いをしていただきました。こうして、事業終了後も、「県は忘れてはいないからね」というスタンスは、その後を引き継いで管理運営している側から言えば、ちょっとした気楽さと、まさに新しい時代の公としての自覚を伴うことになります。また、大家側から見ても、「県としての責任の継続をしてくれている」との安心感につながっていると感じます。

欲を言えばきりがなく、「もっとしてほしい!」とかなくはありませんが、公的資金に縛られて肩身の狭い思いをするよりは、こちらの都合のよいように立ち振る舞ってくれるのも、それはそれで「アリ」な可能性だと考えています。これからの時代、公に金銭的、人的余裕がない現状の中で、「公として何ができるのか?」を考える必要があり、「公として無い」というのは、なによりもつまらないことです。その中で、「民の期待に応える選択肢と準備ができている」というのは、今後必要なスタンスではないでしょうか?

契約更新についても、HCDとしての並々ならぬプランを提案させていただき、来年度は勝負する年になることを理解していただき、大同楽座の継続と利活用が話し合いによってまとまりました。この件については、もう少し落ち着いてからブログでも報告させていただきます。

「あそこは仲間内だけで入りにくい」
「あそこは何百万円も助成金を受けている」
「あそこは余所者の集まりで宗教的だ」

ときとして、全く根拠のないネガティブな話も耳にしますが、基本何処吹く風で淡々飄々とやっていますので、直接いただく意見を財産にしながら、可能性を追求できる場所としてやっていく所存です。必ずしや、可能性を見出したい人が集う場所になるだろうと、自らも期待する大同楽座になるので、この地域におけるハッピーニュースの拠点としても、多くの好奇心旺盛なみなさまにかかわっていただけたら嬉しいです。

石の上にも3年の、3年目の大同楽座から目が離せません。

そうなるようにしていきます。
理解ある大家さんと、つないでくれた県担当や関わるすべての人に感謝します。

by kurage874 | 2008-12-11 18:06 |  大同楽座
<< 水曜日、ホシザキの冷蔵庫などが据わる ながらく… >>