海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ようやく、ようやく、2世の誕生
バビル二世が好きでした。

そう、二世という響きだけが同じなだけですが。

ようやく、家に戻ってホッとしているところです。
昨日は、深夜1時半に戻ってきましたが、高揚した気持ちが治まらずに、朝の6時までボーとしていました。なので、今日は死んだように眠りたいと思います。彼女と子どもは、もうちいと病院でいます。
c0010936_21363164.jpg
産後すぐの3ショット


c0010936_2142399.jpg
天使の微笑み?


しかし、昨日の出産は大変でした。

彼女曰く、「微弱陣痛」だったので、促進剤を投与しながらの出産でした。破水したあとも、なかなか陣痛が波打つように来ないので、最初から最後まで付っきりになりました。助産師が付き添って、少しでも強い陣痛が来ると、あの手この手で彼女に最高の力みを助言してくれました。僕は、汗を拭いたり、指圧をしたりだけでしたが、スクワットの形で陣痛を促しやすくするときは、彼女がぶら下がる支柱にもなりました。

10センチに全開したあとも、なかなか頭を見せてくれないので、野村産科医がお腹を押し出すと、ようやく頭の一部がポコッと見えました。彼女は、「みんといて!」と言いながら、「どれだけ出た?」と聞くので、乙女と母親の両面が入り混じっていました。「3センチくらいでたあるよ。」と言うと、「まだまだや…」って答えていました。冷静なのか何なのか…

しかし、これからが比較的に早いペースで、陣痛ごとに頭が出始めました。彼女が「(現場が)火照るように熱い!」と言うので、まさに伊弉册尊(イザナミノミコト)が神軻遇突智尊(カグツチノミコト)を生むときと同じだと感じていました。彼女の妊娠を求めたとき、熊野の産田神社と花窟神社に出向き、妊娠後もたびたび訪れていたので、どこか重ねたい気持ちがありました。少なくとも、「熊野の地」で生むことに、熊野の神々の営みを共有したかったのです。

出ている頭がグニャグニャしていたので、それが元に戻らなかったらなどと考えていると、最後のひと絞りで、頭がボコッと出ました。その場にいた、産科医、助産師、看護師のみなさんの歓声が沸き、「もう大丈夫!」と誰だったか言い終わらないうちに、全体がヌルンと出てきました。すぐに、ボコボコ言いながらも、「フギャー、フギャー、フギャー」と泣き出し、この地での生命の営みが始まりました。

口や鼻を吸引をしたあと、へその緒がついたままの状態で、彼女のお腹の上くらいに、赤ちゃんが届けられました。泣き止むことなく、空気をいっぱいに吸い込んでいる姿は、僕と彼女の子どもでした。このときばかりは、「生命の始まり」を実感しまくりました。長い時間かかりましたが、母子ともに健康で、何よりもひと安心しました。病院スタッフや、同じように付きっ切りで看病してくれた実家のオカンにも感謝しています。

産後の処理と、胎盤を絞り出している彼女を横目に、赤ちゃんは体のサイズを測り、体温が下がらないように布に包まれ、毛糸の帽子を被せられていきました。このあと初めて抱っこしたときの命の重さは、一生忘れることができません。大きな口と、黒々したフサフサの髪の毛が特徴な赤ちゃんには、すぐに用意していた名前をつけました。

端無さらさ

名前の響きが好きなことと、あとは内緒ですが、いくつかの候補のうちから彼女と決めました。やがては、苗字が変わってしまうでしょうが、僕の苗字が読みづらいだけに、名前は平仮名かカタカナと決めていました。
c0010936_21411140.jpg
さらさは今日も大泣き!


今日は、仕事が終わったあとで様子を見に行きました。やはり、面会の制限時間まで、彼女とさらさのそばにいました。相変わらず、「びゃーびゃあ」泣きまくりますが、口笛を吹いたり、僕の心臓の音を聞かせたりすると、狙ったかのように微笑みを返してきます。スヤスヤと胸元で眠ったかと思えば、ちょっとでも引き離すとまた「びゃーびゃあ」と泣きしきります。

あとは、オトンの親馬鹿日記にしかならないのでやめときますが、彼女の誕生日と同じのさらさは、僕にとっても最高のプレゼントでした。

多くのコメントやメールや、電話や、「ブログみてたよー」の声かけには、十分なお礼や感謝を示していないままですが、家族一同心より感謝し、この今日の日を一生忘れることなく、さらさにも語り継いでいきます。

本当に、本当にありがとうございました。

そして、今後とも家族ともどもよろしくお願いします。
さらさは、皆さまとともに成長していきます。

by kurage874 | 2009-08-27 22:37 |  さらさに贈る言葉
<< 音楽フェスの告知など 産まれました! >>