海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
つぼみ教室(パパママ教室)に参加する
今日の尾鷲は、空の色と海の色が最高です。

午前中、尾鷲市福祉保健センターでやっているつぼみ教室へ参加してきました。なんでも、妻が助産師でもあるので、先輩ママの両方の役割で参加するという付き添いです。妻は、「散髪でも行ってきたら?」と、やたらと来るなオーラを出していましたが、「わしにも役割はある。」と、なかば押しかけて行きました。
c0010936_13252114.jpg
絵本の読み聞かせ


2人目の妊婦さんが3名と、初産の妊婦さんも2名参加していました。妻と同じように、生後5ヶ月の男の子を連れてきてくれたパパママもいました。海月のほかに、パパが2名もいたので心強かったです。
c0010936_13305163.jpg


初産で参加していたママは、周りに相談できる人がいないとのことでした。とくに、よそからやってくる転勤族のママにとっては、初産のひとりきりは寂しさと不安がいっぱいです。海月の妻も、鳥取県の出身なので、相談できる相手に悩んでいたと思います。相談だけならば、電話やメールでもできるのですが、近所にいるかどうかが大きいはずです。

育児サークルや、公的な育児相談できる場所はあるのですが、そこに至るまでの接点が少ないのが現状です。尾鷲出身であれば、仲間同士や同級生・近所などと、すでにコミュニティの中に入っているのですが、嫁いで来た妻や、転勤族の妻は、コミュニティに入るまでが大変です。そこで、尾鷲市では、母子手帳を受け取った段階で、このような教室の案内が葉書で送られてくるようになっています。

しかし、ここを逃したり、見過ごしたりしてしまうと、やはり孤立状態になるのが否めません。そのために、自治体によっては、民間主導で積極的な参加を促したり、場所づくりをしたりしている組織や団体もあります。このように、行政とタイアップすれば、より有益な情報を広く浸透させることができます。それが、曜日を決めずに、参加者が来たいときに来られる状態であれば、なおさらよいです。

「人と話すことがないときもありました。」と、ひとりの妊婦さんが言っていた言葉が切実でした。これは、母子共に苦痛で、このような人たちに手が届くことができるのが理想系です。県職員や高速道路の工事関係者など、転勤族もいることからも、そういった人たちが安心して足が運べる、電話ができるコミュニティが必要なのかもしれません。また、海月のように、育児に興味があるオトンもいるはずなので、この人たち向けのイベントが少ないのも困ります。

尾鷲市には、以下のように受け入れ態勢が整っているので、気になった方は遠慮せずに、1歩を踏み出して欲しいものです。

妊娠したとき・子どもが生まれたとき
出産・育児支援

それにしても、さらさは終始ご機嫌で、相変わらずの外面っぷりを見せ付けていました。愛想もふりまき、誰の手にも抱かれて笑っていた反動が、今になって、家に帰ってきて大泣きしています。

それでも、子育ては楽しく、子どもと共に日々成長します。

by kurage874 | 2009-12-06 14:04 |  さらさに贈る言葉
<< 冷え込みすぎの午後 尾鷲借景 >>