海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
泣き止まない、言うことを聞かない…
最近、よく目にする言葉です。
そう、報道でみる、子どもへの虐待の言い分です。

「当たり前でしょう。子どもなんだし。」

しかし、現実は紙一重のときもあります。
さらさだって、時として「ぎゃあこ」になります。

抱っこしても、揺すっても、歌を聞かせても、何をしても「ギャアー」ってときがあります。仕事して帰ってきて、やれやれって座ったときにこうなると、さすがに気がめいります。「どしたん?」って言いながら、それでも抱っこするし、揺するし、歌も聞かせるしかないのですが、気分としては紙一重のときがあるのです。だからって、殴ったり、叩いたり、投げ飛ばしたり…わが子にはできないし、それはよその子どもにだってできやしません。

「そこの違いは、いったいなんだろう?」

まず、僕には妻がいます。彼女とは、育児の方法でケンカもするけれど、いっしょにさらさを育てている事実を共有しています。そして、実家の両親がいます。ときには母親と、育児や子どもの環境でケンカをします。妻との間で、板ばさみ状態になるときもあります。それでも、何かしら相談したり、愚痴をこぼしたりしています。2人の姪っ子がいる妹にも、手痛い指導をうけるときがあります。僕は兄貴だけど、育児にとっては妹は大先輩です。さらに、借家の大家さんの存在も大きいです。よく声をかけてくれるし、おすそ分けもしてくれるし、妻にとっては一番近いエスケープゾーンでもあります。

「これが大きいかもしれない。」

まわりにどれだけ、さらさを案じてくれる存在があるかです。さらさを案じてくれる人がいると、その家族である僕たちの気持ちにも余裕ができます。あちこちに、最後の駆け込み寺があるので、なんとかなるような気がして、「ぎゃあこ」のさらさも抱っこができるのです。それだけのことですが、それだけの環境がない人がいるのも確かです。

しかし、栄町で生活を続けていれば、それだけの自信はなかったのかもしれません。そんな話を、妻としたときがありました。確かに、栄町のカフェ2階は、営業時間はお客もいるけれど、閉店後は部屋に2人きりになります。さらさができても3人きりで、周りには気軽に声をかけられそうな信頼関係がありませんでした。どちらかといえば、よそ者と苦労をした過去があったので、つくってこなかったこともあります。日中は、それなりの立ち話や交流をしていますが、夜はまだ、商店街通りの繁華街なのだと実感する瞬間です。

かといって、当初の私たちのように、周りに声がかけられない人たちは、この尾鷲でもいるはずです。こないだも日記に書きましたが、妻といつも話していることは、「少なくとも、尾鷲で寂しい思いをしている妊産婦やパパママがいれば、声をかけてもらいたいねえ。」です。僕たち夫婦が苦労したような思いを、この尾鷲にやってきた人にはして欲しくない気持ちです。それは、昔からの尾鷲在住者でも同じです。

たまたまでしたが、運良く今の環境におさまり、人の連鎖反応は、さらさにとっては恵まれた環境です。この運は、少しでもおすそ分けしたいと考えています。幸いにして、外から尾鷲にやってきた友人にも、さらさと同い年で子どもができています。その連鎖は、ちょっとづつ増えているし、家族を持つというネットワークの広がりは、今までにない速度で点が線になっていきます。ぜひ、その線をつなぎたいと考えています。

泣き止まない、言うことを聞かない、どうしようもない。

そういったときは、必ずやって来ます。ひとりでは乗り越えられない、ギブアップしていい場面があるので、そんなときは、僕たちに声をかけてください。泣き止ませられないけれど、言うことを聞かせられないけれど、それでも、あなたの気持ちを共有し、一緒に考えることはできます。それは、僕たちにとっても、聞いて欲しいときがあるからです。

虐待で傷つく子どもたちも、その子どもを傷つけてしまう大人も、どちらも不幸です。それは、神様ではどうすることもできないけれど、僕たち同じ境遇の親だからこそ、解決できると信じています。少なくとも、この地域では、そんなことが起こらないことを信じ、僕たちにもできることがあることを記憶しておいて欲しいです。僕たちにできないことでも、先輩パパママやじいじやばあばがなんとかしてくれるはずです。

そんな点をつなぐ親に、「この指とまれ!」をしませんか?

by kurage874 | 2009-12-12 01:36 |  さらさに贈る言葉
<< 防災訓練in四日市 第2回owasebon編集会議... >>