海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
すくすく教室に参加する
尾鷲市福祉保健課主催のすくすく教室に参加しました。

尾鷲市福祉保健センターは、栄町の紀望通り沿いにある4階建てのビルになります。建物の大きさのわりには、駐車場が少ないので、アクセスにはちょっと不便です。その駐車場は、建物地下か、ちょっと離れたNTTビルの対面にあります。

ここでは、前回参加したつぼみ教室や、今回のすくすく教室が定期的に開催されており、子どもを持つ家族が集える場所のひとつです。このほかには、集えるような場所がないので、民間主導でこんな場所もあって欲しいと考えています。

教室には、初産のお母さんと子どもが9組ほど参加していました。時間的な都合もあって、お父さんの参加は海月だけでしたが、専門的なことも知ることができるので、いくらインターネットがあったとしても、言葉で会話できる場所はありがたい存在です。

よその子どもをチロチロ見ながら、「わが子が一番やな。」とにやけつつ、赤ちゃんの発達と育児について説明を受けたり、赤ちゃんとのふれあいでは、新しい遊びも覚えたりしてきました。実家の母親がよくやっている、「ちょっち、ちょっち、ちょっち、こんぐり、こんぐり、こんぐり」ってやつは、最後に「とっとの目」ってやることも知りました。しかし、ちゃんとした言葉までは覚えきれず、「こんぐりって何やったかな?」と、今でも?がついています。「正しくは、何でしたっけ?」

育児相談もできるし、ほかのお母さんの話も聞けるので、「少々寒そうでも、赤ちゃんはかまんのやな。」、「靴下は、家でははかさんでもよいので正解やな。」とか、わかっていても不安だったことや、「ほんまやろか?」と妻と言い合ってたことも解消できました。また、1日10曲を目標にやっている、「歌聞かせ」も、赤ちゃんとの会話に繋がっているとのことで、これからも続けていこうと思います。道理で、さらさは、歌が好きだし、メロディや楽器にも敏感です。

今日もさらさはご機嫌で、そこいらに愛想をふりまき、そのあとに出かけたジャスコでも、店員さんにまで笑顔をみせて声をかけられていました。「子はカスガイ」というけれど、それは夫婦の間だけでなく、地域との橋渡しもしてくる存在であることを実感しました。

家に戻ってくると、多少のぐずりはありましたが、22時にまでには就寝する習慣も定着してきたのか、寝ぐずっていても、落ちるように寝るようになってきました。夜中に起きることもあるので、妻の苦労は多いですが、チョロチョロとサポートしながら、今まで願っても叶わなかった「育児」を楽しみたいと考えています。

あとは、お父さんでも興味を持って育児参加している人も多いはずなので、そういった集まりがあればいいですね。

by kurage874 | 2009-12-16 00:36 |  さらさに贈る言葉
<< 変えていくことと、変わってはい... ふたご座流星群 >>