海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
日々成長することへの感謝
最近のさらさは、とにかくでかい声で泣き、両足をバタバタとよく動かします。

そろそろ寝返りを練習しますが、顔を上げるしぐさで「もういいよ。」って言ってしまいます。
c0010936_1432141.jpg
この顔で訴えられるとねえ


c0010936_144617.jpg
「もうイヤ!」


車に乗せる練習もしていて、でも走るとすぐに寝てしまいます。先日は、国道425号線の八幡峠まで走りましたが、ほとんど寝ていました。
c0010936_1445683.jpg
市有林をバックに


日曜日は、庚申さまの祭りで人気者になり、産田神社の大祭にも行って来ました。こちらはすでに終わっていましたが、産田神社はさらさにとっては、原点のような場所です。ここの白石によって、さらさを授かりました。
c0010936_148775.jpg
抱っこの嵐


c0010936_1484679.jpg
「お父ちゃーん」ってぐずりだす?


産田神社は2回目で、花窟神社は初めてでした。
カグチツのように、さらさは顔を真っ赤にして泣きます。
「火の神カグツチやなあ。」って思う瞬間です。
(カグツチは男神ですが…)
c0010936_1503482.jpg
産田神社の夫婦杉の前で


c0010936_151819.jpg
花の窟にて


初めての花の窟では、巨石を一生懸命見上げていました。「パワースポットを感じるのか?」とドギマギしましたが、どうやら甲高い声でなく野鳥に、興味が惹かれたようでした。しかし、そう思えたのか、おごそかな顔をしていました。

さらさも4ヶ月を越え、表情もしっかりとしてきました。育て方では、妻とも意見が合わないこともあります。例えば、とにかく薄着にさせるのをどうなのかとか、寝るときにバンザイして寝るさらさの手が凍るように冷たいのをどうにかしないのかとかですが、ハッキリした答えも無いような気がします。だから、その都度で対応しながら乗り越えていますが、わかってそうでわからないことは、実はたくさんあることにも気づきます。

2月か3月になれば、アロマサロンHASUの辻さんを講師に(彼女も5ヶ月の女の子がいます)、ベビーマッサージの体験をしようと計画していますが、これも尾鷲ではやられていない赤ちゃんケアです(両親のケアにもなります)。しかし、なんとか体操やなんとかヨガとかは、行政の施設で無料実施されていても、ベビマは実費負担ですべてを個人で計画せねばならず、福祉施策の隔たりを感じます(有志で計画は進めます)。

日々の成長を楽しみにしながら、子育て環境の充実は、実は将来や未来のまちを考えていくには必須課題であることを痛感します。「子どもを産みに帰っても、環境がねえ。」という声を耳にしたとき、それを納得させるだけの充実が少ないことも感じています。

それでも、さらさはこの尾鷲で大きくなっていきます。親が積極的に動かなくては、海月たちのように地元出身ではない者にとっては、子どもに対する不安は大きくつきまといます。これは、子育てに対する同じ不安でも、マイナスからの不安だと感じます。まだ海月たちは、この尾鷲で根を下ろしているからいいですが、仕事の都合などでやってくる転勤族の家族を考えると、それはこのまちの印象にとっても大きな課題です。

まちの印象は、ほんのちょっとしたことで変わります。

それは、さらさがニコッて笑う瞬間と似ています。

by kurage874 | 2010-01-11 02:26 |  さらさに贈る言葉
<< 東紀州防災ボランティアコーディ... 何十年ぶりに佐渡の祭りへ >>