海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
宿泊してわかった、三重(二見)の観光地
先週末、伊勢市二見町に宿泊しました。

尾鷲から2時間かからない距離ですが、理由あって宿泊予約しました。じゃらんで予約したのですが、まず第1に感じたことが、「やけに宿代が高い」でした。宿の基本情報やアメニティをみても、それほど充実していないにも関わらず、宿代だけが一律高いという印象でした。なので、旅館で一番安いところを選択しました。といっても、平均的には大人1泊2食1万6千円くらいで、海月が予約したところは、1万3千円くらいでした。
c0010936_265497.jpg


「観光地価格」がなんだろうけど、現実の二見周辺は、昔のような新婚旅行の地でもなければ、卒業旅行のメッカでもなさそうです。いうなれば、時代に後れた寂れた観光地のようで、それは三重県全てをみても感じるところです。とくに、現地の友人たちに聞いても、「伊勢志摩の観光地としての衰退は激しい。」との意見で一致しています。

伊勢志摩観光振興プラン

伊勢志摩地域観光圏整備計画

調べてみると、過去に2千万人近い観光客を誘導した伊勢志摩も、今は1万1千人台で推移しており、増加に転じるための秘策を、三重県としても積極的に施策として打ち出しています。観光客数からも、伊勢志摩は県有数の観光地に違いありませんが、その中でも二見においては、通過型の観光地となっているとの指摘もありました。海月も、二見と聞いて連想するのは、夫婦岩と二見シーパラダイス、賓日館くらいしかありません。恥ずかしながら、二見岩がある二見興玉神社のことすら知りませんでした。
c0010936_261538.jpg


二見には、23件の宿泊施設があるということですが、二見町旅館組合公式ホームページを見る限りでは、ここに登録している宿泊施設は14件となっています。また、じゃらんでみると、13件が登録されています。
c0010936_050196.jpg
赤が宿、緑が観光スポット


さらにざっくと調べてみると、1万円で宿泊できる施設は4件、1万円以上1万6千円未満が8件、1万6千円以上が12件となっています。このデータは、同じ宿で値段設定が違うこともあるので、実際の登録宿数よりも数が多くなっているのですが、二見町の宿泊施設の価格設定が、1万5千以上であることがわかります。

観光スポットに乏しく、それほど滞在できるネタがないとすれば、この平均価格は高いということになります。これは、宿のポテンシャルによっては、「この価格でも納得できるね。」になるので、高いか安いかの判断は異なりますが、海月が体験した宿では、「二度と泊まらないだろうね。」って話をしました。その一つの大きな理由に、「リピーターを誘う工夫がないし、こうやってボヤキ客が多くても、二度と来なくてもいいような価格設定なんだろうね。」とも話しました。

海月が宿泊したところでは、さらさのような赤ちゃんには全く対応できていなくて、かなり持ち込んでやり過ごしました。宿自体も老朽化で古く、それが全ての面で悪い方向ににじみ出ていました。書き連ねると、部屋のユニットバスも狭く、目地が汚い。トイレも水洗でしかなく、ウォシュレットでない。常にタバコ臭い。TVが14インチでボロボロ。備え付けの冷蔵庫も傷だらけ。部屋の掃除が行き届いていない。お客のいる傍から掃除をはじめ、廊下にはシーツや浴衣が山積みされる。飼い犬がフロントのソファにいる。風呂のカルキ臭がきつい。ドライヤーも貸し出し。風呂の排水が悪い(掃除が悪い)。ハンドタオルが透き通るほどに薄い。やたらと皿や鉢数が多いだけの料理。玄関周りのコンセプトがなく、宿の顔が家の顔になっている。やたらと手描きの張り紙が多い。隣のヒソヒソ話も筒抜け…など、とても宿名を書けないボヤキになります。

唯一感心したのは、従業員の愛想のよさで、高齢者ばかりでしたが、それが救いでした。しかし、やはり二度と来ることはないし、よそから来ているであろうお客の声を聞いても、「そうだよね。僕も感じたよ。遠くからかわいそうに。」って思いました。たまたま海月の宿だけがそうかも知れないけれど、二見の衰退は、観光客の減少からはじまったことでなく、「二見自身のもてなしのなさ」からはじまったのではと感じたところです。
c0010936_28142.jpg


伊勢神宮参りとセットになった、放っておいても、観光客が押し寄せた時代はとうに過ぎ、「どうすれば来たくなるか」のアイディア勝負でやるべきところを、古きよき昭和の殿様商売でやっているとすれば、これが二見の現実は当然かもしれません。また、観光客が「温泉の匂いがするねー」って言っていたあの水門付近の硫黄風臭は、間違いなく下水の臭いではと勘ぐったところです。まあ、二見は硫黄臭のする温泉はありません。

二見だけがこうではないのは、前出の伊勢の友人たちからも聞いたところですが、例えば、二見の観光産業の人たちが、何もやっていないわけではないのもわかっているつもりです。いろいろなことを考え、行政とともに復興を探っていることもわかりましたが、それが観光客の増加に響いていないのも確かです。しかし、どこかの旅館が、フルリニューアルと価格設定の二重化で集客しているわけでもなさそうだし、それだけ投資するだけの魅力や気力までもないのかもしれません。これは、観光地における悪循環の例だとも感じています。

これも個人の感想ですが、海月が希望するとすれば、部屋にTVはいらないが、インターネット接続は可能。クレジットカード決済が可能。滞在ができる低予算のシンプルな部屋と、優越感を味わえる価格の差別化。地元素材使った簡易な料理と、高級素材を使った逸品料理。本格的な珈琲が味わえる、それだけでいいカフェの併設、または付近への開設。持ち帰りがしたくなる周辺マップと、地域の情報フリーペーパー。掃除がしやすい施設の設計と調度品。管理費がかかるだけの公式サイトの廃止と、じゃらんなどの大手宿泊サイトへの充実…など、幅広い層の要求を応えるシンプルな設定と、奥行きの深さみたいなが欲しいところです。
c0010936_215990.jpg


すでにやっているとは思いますが、三重は食文化が発達していると感じます。餅にしても、さまざまな餅が点在し、どれも謂れや特長をもっています。また、海と山の食材が豊富で、食文化でまちが形成されているとも言える地域です。これを上手に使い、二見のような古きよき時代を継承しつつ、尾鷲からでも行きたくなるようなチョイスができれば、地元に愛されるまちは、他からはもっとうらやましがられるものです。それだけの素材が二見はある気がするので、捨てるプライドと、守るプライだと思うのです。これは、どの自治体でもいえることですが、なかなか守ってきたプライドは捨てがたいものです。

三重県の観光は、いまは時代遅れを感じます。大型観光が衰退しているなかで、大手業界に叩かれる観光でなく、「美味しいもん食べたいね。三重だけに。」にくっついてくる宿泊先や周辺地域の情報が必要かと感じます。たくさんの集客を求めると、決め細やかなニーズにはこたえられないので、客層とすれば、団塊の世代や団塊ジュニアの私たちの世代を、どう効率的に獲得するかではないでしょうか?このあたりにも、ヒントが隠されているような気がしてなりません。

海月とすれば、たまの遠出もよいけれど、近場で非日常的な日常を体験するのも希望しています。それは、あまり負担にならない時間と移動距離で、家族がちょっとほっこりなれる時間の満喫です。こういった贅沢を求める人も、わりといるんのではないでしょうか?海月んとこだけかいな。

そういったところでは、三重の食文化はあなどれない気がします。

by kurage874 | 2010-02-01 02:25 |  海月のぼやき
<< 必見!ヤーヤ祭り、観る!撮る!情報 日曜日は、家族サービスで三重の旅 >>