海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
北川を散歩しながら魚屋へ
昨日も今日もよい天気。
木々の緑が鮮やかです。

さらさが夕方ぐずりするので、ベビーカーで散歩しました。
c0010936_1443574.jpg
座ってる


北川沿いは、歩道がある神社側と、車の往来がほとんどない護岸沿いがあるので、行って帰ってくるのにはちょうどよい加減です。行きは、尾鷲神社の楠さまにお参りし、文治橋を渡って竹本魚店までお買い物です。日帰りカツオの刺身(尾鷲では、シャッシミって響きですね)を狙ってですが、メブシの方を選んでいただきました。これも尾鷲にきて覚えた贅沢です。
c0010936_14473017.jpg
楠さま


いまの北川には水量があるので、やはり流れがあるほうが川らしいです。また、流れがあると、水のよどみも少ないです。もっと魚影に期待したいところですが、ここに流れる家庭排水がいつも気になります。
c0010936_15355587.jpg
アップ


c0010936_1536890.jpg
近くはダメ!


さらさは寝るどころか、あちこちが気になって、サギが飛べば「ヒュー」、猫が鳴けば「ヒューヒュー」とご機嫌でした。帰って来てすぐに風呂に入りましたが、今度はなかなか寝付いてくれないので、海月の胸を枕にやっとのことで寝かしつけました。しかし、おさまりのいい場所を探しながら寝息を立てるさらさを見ていると、これ以上にない至福を感じますね。

そうそう、今日で8ヶ月になりました。
順調に大きくなってくれてるかな。

by kurage874 | 2010-04-26 15:46 |  さらさに贈る言葉
<< 第3回編集会議と取材する醍醐味 シャコエビはエビではなかった >>