海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
尾鷲に戻ってきました
尾鷲もすっかり冬模様でした。

12月1日の夕方に、尾鷲へ戻りました。

11月29日の午後に退院し、30日はマンスリーで休養しました。その後は箱根の温泉で養生しようと計画しましたが、手術をした伊勢市内の病院の脳神経外科外来が1日だったために、急遽未明に出発しました。夜通し東名高速などを走りきり、8時半に外来の受付を済ませました。さすがに疲れましたが、午前中に外来を済ませ、駐車場で仮眠したあとに、昼食を食べて尾鷲に戻ってきました。

この日は、実家の飛鳥町に娘が来ていたので、車に満載した荷物の片付けもそこそこに、久しぶりに親子3人が対面しました。一番心配していた妻のことも、娘はきちんと覚えていて、何よりもそれがひと安心できました。8月25日のあの日から、3ヶ月ぶりに再スタートを切った気持ちになりました。娘が笑顔で妻に抱かれたあのときの場面は、いまでも目に焼きついています。

実家には、2日間滞在しましたが、私のほうが疲れからか風邪をひいてしまい、再び娘をおいて尾鷲に戻ってきました。それでも、寝込むわけにはいかず、週末のイタダキ市に顔を出し、その後は、荷物の片付けに奔走しました。家自体が8月の夏の様相のままだったので、冬支度に替え、身の回りの荷物もすっきりとさせました。妻と共に、「もっとシンプルな生活にしよらい」との決断で片付けました。それと、どこに何があるのかを、妻にも再認識させる必要もあるからでした。

日曜日の夜には、ひと段落して、土曜日の夜以上に、家での夕食を味わいました。まだまだ冷蔵庫は空っぽですが、少しずつ急ぎ足で、日常生活を取り戻そうとしています。簡単そうなことだけど、妻には負担も多いので、家族がシェアしながらやっています。悔しく辛いですが、娘とはまだ生活を共有できない状況です。今日のこの日でも、いささかの苦労をしながら慣れるように努力をしています。それがいつになるのは、いまの状況ではなんともいえませんが、今週末には娘との夜を過ごしてみたいと考えています。

しかし、想像以上に、生活を共にするということは、大変なことだと思いました。

それでも、家族がいっしょになって生活をすることは、当たり前のことだろうし、娘のことを考えても、親子はいっしょの方がいいはずです。それがわかっていながらも、そうならない現実に、私も妻も歯がゆい思いをしています。だからといって、妻を一人にするわけにはいかないし、それでは答えになりません。現状では、介助を受けながらだと生活ができるので、家族が共に生活することは可能です。娘がもう少し大きかったらと思ってしまいますが、現状で考えるしかありません。

ふとしたときに、シッターがいれば助かるだろうと思います。ベビーシッターではなく、それ以上のハウスシッターのような存在です。私が仕事で留守にしているときは、誰かが妻を介助する必要があるので、娘もともになると、よけいにハウスシッターを欲してしまいます。いまは、家族に頼るしかないし、それ以前に娘とはいっしょにいられないので、もう少し妻との生活に慣れが必要かもしれません。

同じような病状で、同じように苦労している家族もいると聞いているので、悩みや苦労が共有できる場面も必要だと感じています。少なくとも、私たちのような状態の家族は、日常生活を単独で送ることには無理がありそうです。それを実感している気がします。それでも、家での妻はいきいきとしているし、妻となんでもないことで笑顔になれる話をすると、その場に娘もいればいいのにと思います。すべてが新しい世界のような日常に、はやく娘も参加させてやりたいです。

とりあえず、いつ娘が来てもいいように、家の整理整頓はできました。トコトコと歩き回る娘が、できるだけトコトコと歩けるように片付けもしています。あとは、実際に来てから対応するしかありません。そういったことも、妻と想像しながら楽しんでいます。

私の日常も、大きく変わると思います。思っていた以上に、それは大きく変わります。とくに、率先市民の分野では、それだけの体制がないままだったので、よけいに変わると思います。かといって、これから先、なにがあるかわかりません。そのときになって考えるとしますが、そのときの決断では、真っ先に妻の傍にいてあげたいし、娘との離れ離れはありえません。すべてを棄てることになっても、家族とは離れることはありません。

それでも、尾鷲に戻ってきて、つくづくよかったと実感しています。

※今月14日に、千葉での定期検査、15日に、伊勢での抗がん剤検査をします
※しばらくのちに、妻のメッセージも掲載します

by kurage874 | 2010-12-06 22:47 |  さらさに贈る言葉
<< カフェは情報冊子の宝庫 知らない間に、パンやさんができ... >>