海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
さらさが尾鷲でお泊りした日
8月23日以来、さらさが北浦の自宅でお泊りしました。

8月24日は、熊野の実家でお泊りしていたので、続けて泊まった25日に、妻が救急で運ばれた以降は、私の実家と妹の家での居候生活でした。3ヵ月半ぶりに、ようやく自宅に戻ってきたので、昨日は私も妻も、朝からソワソワとしていました。
c0010936_15343016.jpg
夫婦楠にもご挨拶


午後にさらさはやってきたのですが、今週初めから「慣らし」で日中は来ていたので、夜を迎えるまでは普通どおりでした。といっても、何ヶ月もいなかった場所であり、物心もなんにもない時期にしかいなかったので、夜になるにつれて不安もありました。
c0010936_1536588.jpg
お気に入りの鉄琴


夕食を済ませ、実家の母に援助してもらいながら、夜の9時には寝床に入りました。少々遅い時間ですが、さらさはいつもより興奮し、バタバタと騒いでいたからでした。どうも、「ここで寝る」というのがわかり、不安を隠す意味があったのでは?と、あとになって思いました。

しかし、意外にもさらさはあっさりと寝てくれて、22時過ぎには、家族3人が寝床でグーグーグーでした。このまま朝までいけばと願っていたのですが…夜の0時になって、めずらしく夜鳴きが始まり、あたりをキョロキョロしながら、眠たいし泣く時間が30分ほどありました。オトンには長い長い時間でした。

抱っこしたり、あやしたり、オムツを替えたりしながら、ようやくオトンの胸で眠ってくれました。なんだか、必至になっていたので、それがよけいにアカンかったのかと思いました。妻も心配になって起きてくれましたが、その妻も私にとっては心配なので、早く慣れが必要だと感じました。このあと、2時過ぎにもフゴフゴ言いましたが、背中をポンポンと叩いてやると、ほどなく寝息が戻りました。

それにしても、さらさはうつ伏せねするので、少々心配事が増えました。妻は、「仕方ないよ」とおおらかですが、どうも私は相当の親バカのようです。しかし、うつぶせ寝で呼吸が止まったりするのではないかと、やはり心配です。まあ、当人のさらさは、グルングルンと転がって寝ていますけど。

今日もさらさはお泊りです。しかし、日曜日の夜は、再び実家に戻ります。月曜日の午後から、妻の定期健診で千葉に行くからです。ちょっと残念ですが、家族3人は当たり前にいい感じです。いまさっきまで、お昼ねでよく寝てくれました。
c0010936_1551657.jpg
スヤスヤ


いまから夕食の買い出しにでもいって、夜に備えます。
この時間が、ずーと続けばと願う毎日です。

by kurage874 | 2010-12-11 15:52 |  さらさに贈る言葉
<< 北川通りのイルミネーション データベース検討会 >>