海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
明日は何を食べようか?
さらさが来て2日目の夜です。

毎日いてほしいけど、3日連続がいまのところ最高です。
それ以上は、海月の仕事の都合が主な原因で、娘は実家や妹宅へお願いします。12月に尾鷲に戻ってから、さらさと4日目の朝をいっしょに迎えていないので、現実と理想の狭間ってやつを感じています。1週間のうち、3日は尾鷲で、残りは尾鷲以外です。
c0010936_23455286.jpg
娘のお気に入りの場所?


家族3人の生活は、妻とともに待ち望んでいたことです。
しかし、妻は自身の日常生活を送ることだけで精一杯な面があるので、家庭生活の大半はフォローしなくてはなりません。それについての不満はありませんが、海月も妻もときとして悔しい思いをすることがあります。できないことへの悔しさと、どうすることもできない悔しさです。
c0010936_23513553.jpg
とにかく遊びを見つける名人


気になることがあって、高次脳機能障害を調べています。
脳腫瘍での発症は、約4%ともあったのですが、症状は似ていると感じます。右前頭葉の大半を切除し、脳梁と運動野の付近に腫瘍が残存しています。千葉の病院では、そこの一部に重粒子を照射しました。しかし、照射の効果は、一部の脳機能を低下させることにもなります。

外見上は、重粒子の照射をした髪の毛が一部ないことだけで、ほとんど気になることはありません。歩けるし、しゃべれるし、表情も自然に出ています。しかし、判断や記憶や瞬発力みたいな行動に、あきらかなタイムラグや、誤作動があるのです。それでも、妻は妻だし、娘の母親でもあるから、海月も妻も悔しい思いをすることがあるのです。

ときとして、「さらさはどう感じているのだろう?」と考えてしまうことがあります。娘への応対の仕方で、いまの妻のことがわかっているはずなのに、海月もときには声を荒げる場面もあります。これは、あとで大きな自責の念にかられます。娘も、その妻の行動に泣くこともあるし、それが原因なのか、海月に懐いていると感じることもあります(ただのお父さんっ子かも)。それは妻も感じていることなので、子どもの正直さと残酷さを感じる場面でもあります。

いまの娘の心の奥底はわかりませんが、そういった妻が本当の姿であるとは感じてほしくないものです。娘の記憶に残らないか心配もするし、だからこそ、少しでもシェアできるように努めたい気持ちが、海月や妻にはあるのです。それでもできないことがあるので、やはり悔しい思いをするのです。だから、娘が大きくなったとき、もしも記憶に間違いが残っているとすれば、しっかりと話をしてあげたいと思うばかりです。もっとも、それは妻自身がしてやるべきだと感じています。

幸いにして、私たち家族の周辺には、温かい励ましや見守りや、応援や支援が溢れています。それに甘えているばかりですが、妻の支えとなっているのは、皆さんとの絆だと感じています。皆さんのおかげで、お金にはかえられないプライスレスな日常を、こうして送ることができています。本当に、お金にかえられない大切なモノを、私たち家族は見つけることができました。それをわかっていない人が世の中にいるとすれば、本当に寂しい人生だろうなと思います。確かにお金は必要ですが、それは海月が一生懸命に仕事をやって稼げばよいだけです。
c0010936_1114762.jpg
娘初体験の牡蠣フライ


昨晩のことですが、たくさんの牡蠣をいただき、妻の好物の牡蠣フライにしました。台所に立つオトンから離れない娘がいることや、後片付けのこともあって、家で揚げ物は大変ですが、フライや天ぷらは、海月も大好物です。とりあえず、11個をフライにしましたが、娘は1個半も食べました。「これ」とは言えず、「こお」って指をさしながら、「おいちー」の顔を連発しました。

料理は人を幸せにします。食事は気持ちを穏やかにし、食べることは明日への希望と活力を生み出してくれます。1日で一番忙しい場面ですが、家族で食事をするときが、海月にとっては至福の時間です。娘と妻に料理をつくることが、家族の距離が一番縮まる瞬間だと感じます。「おいちー」の娘の表情と、そこでこぼれる妻の笑顔が、海月には大きな支えになっています。

「明日は何を食べようか?」

そう考えられる毎日が、いまの海月一家の日常です。
c0010936_0572130.jpg
大きくなってるよ!



by kurage874 | 2011-01-24 01:06 |  さらさに贈る言葉
<< 第35号の発行が遅れています 【LATITUDE E5500... >>