海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
遠出のドライブに行ってきたよ~
もうこんな時間。

朝の出発が遅れたけど、ドライブに行ってきました。
行き先は天理市、天理教の本部があるところです。

海月は多神論者(そんな言い方あるのかな?)なので、熊野の土着の神さまも、どんな神さまも否定はしません。心のよりどころに宗教があると思っています。そのなかで、天理教は親の影響から長らく通っている場所ではあります。天理教的には、ここは「ちば」と呼んでいて、小さい頃に「おぢば帰り」へ参加したことがある人も多いのではないでしょうか?

あと、天理教は宗教法人なので、天理市にある教団施設や関連施設については、税金が免除されています。しかし、天理市の財政を見てみると、寄付金の項目に13億円ほどが計上されています。おそらく、この大半が天理教より寄付されていると思います。あと、詰所(つめしょ)と呼ばれる地方の信者が利用する施設が点在していて、地方や海外からも数多くの人が集まります。なので、天理市の本部周辺には、思いのほか飲食店や異文化交流できるお店が点在しています。そういえば、天理よろず相談所病院もあります。大きな病院で、外来棟はH18年に新築されたので、とてもきれいで目立つ外観です。ちなみに、入院棟となっている建物は、いかにも天理教らしい造りとなっています。

前置きが長いですが、宗教の話は外野からの意見も多いです。明らかに間違っている場合は訂正しますが、論争するつもりで書いていないし、もちろん1つの宗教を自慢するものでもありません。

さて、今年初めてのおぢばでしたが、道中のさらさは寝っぱなしでした。休憩しながらも、順調に名阪国道を走りきり、ちょっと遅い昼食を、天理市内の丸亀製麺所で食べました。千葉に行っていたとき以来の讃岐うどんだったので、ついつい食べ過ぎました。写真を撮るのも忘れ、親子3人でがっつきました。いつかは、いや近いうちに、さらさには、本場の讃岐うどんをご賞味させねばと心に決めた喰いっぷりでした。
c0010936_1405831.jpg


天理教本部では、だだっ広い敷地で思う存分走り回り、拝殿では畳や床板の上を駆け回り、回廊を自分の足で歩くと海月の手を振り解き、それはそれは好き勝手にやってました。それでも、拝殿で拝礼している人を見ては、「まんまい」いうて頭を下げたり、お手振りをしてみたり、愛想を振りまいて手を振ったりと、アピールも忘れていませんでした。
c0010936_1453250.jpg


天理市への滞在時間は、食事を含めて2時間弱くらいでしたが、遊びつかれて帰りも寝てくれました。名阪国道は運転に気を使うので、松阪まで戻ってきて休憩し、夕食もここで済ませました。遅い時間なってしまいましたが、23時にはどうにか寝床に入ることができました。風呂に入れようかも迷いましたが、本人が入るというので入れました。いまは、大の字でグーグーグーです。

今回の天理行きは、妻の病気後初めてだったこともあり、妻にとっても一定の区切りがついたと感じています。私以上に、妻には宗教観はないようですが、病気になる直前に、天理教本部に来ていたこともあり、ことさら私たち夫婦には、思い入れがありました。昨年8月のあの日の私は、いつものように、家族平和と世界平和で手を合わせました。さらさが生まれてからは、家族の健康も入れるようになりましたが、その願いは叶ったとはいえません。しかし、ここが宗教のよりどころでもあるのですが、願いが叶わなかったと思うか、その願いが叶ったからこそ、妻はここまで回復できたんだと思うかです。

海月としては、自分の都合のよいように、神さまを登場させ、お願いをし、感謝をしようと決めています。であるならば、神さま同士ケンカをしそうですが、いっぱいいた方がと考えるところから、多神論が成立しています。

いずれにしろ、人はやがて死にます。

「死なないように」祈っても叶いません。
しかし、よい死に方を祈れば、叶うかも知れません。
または、死んだあとに、その死に様で神さまの評価がつきます。

それが宗教だと思うし、娘には、好きなようにやってほしいと思っています。まあ海月としては、熊野にいる土着の神さまは、なんとも愛嬌があるのに曖昧で、つかみどころのないのがいいと思っています。

ちなみに、それをうまーく表現している水木サンは、やはり凄いしスバラシイです。

※最近の画像は、携帯カメラによるものが多いです。悲しいかな、ペンタのW90よりも、携帯のほうが写りが好きなのです

by kurage874 | 2011-02-21 02:06 |  さらさに贈る言葉
<< 尾鷲湾が小さく見える LEGOにしんかい6500が登場! >>