海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
アトピー性皮膚炎の診断が出る
夕方、さらさの血液検査の結果を聞きに行った。

ときに湿疹がでるので、しかも「かゆっ、かゆっ」って言うようになるくらいだったので、何度か病院にも通っていた。先生より、「一度、血液(アレルギー)検査しましょうか?」と提案され、「なんでも食べるんですけどね」って思いつつも受けてみた。ステロイドの塗り薬も、できればやめておきたい気持ちもあったので、原因がわかればと思ったのもあった。

結果、シングルアレルゲンに卵白が反応した。スコアは6段階の2で判定は陽性、測定値で言うと1.15UA/mlでした。今回は、卵白・卵黄・牛乳・小麦・大豆で調べたので、そのほかにもあるかもしれないし、ないかもしれません。このくらいの子どもが一般的に引っかかる可能性が高い食物と穀物を調べた結果でした。
c0010936_0575983.jpg
エビフライをガブリ


卵白といえば、昨日もゆで卵を1個半近く食べたばかり。卵には気を使っていたけど、最近は解禁ーんって食べさせていた。それでも、1日1個は守ってる方でしたが…しかし、今日からは、卵(卵白)料理は控えるようにし、それを3歳くらいまでは続けた方がよいとのことでした。

「あまり気にしすぎる数値ではないですけどね」

先生の言葉が救いでしたが、白身禁止になるのは間違いありません。まあ、厳禁とまではいかなくともね。それにしても、何でも食べる子なのに残念といえば残念な結果でした。ちょっとこの手の病気はスルーしていたので、これから調べることになりそうです。

当人のさらさといえば、行ったときの病院には、すでに28人待ちでした。しかし、この病院は携帯電話でも順番の目安がわかるので、待合室には10人くらいの親子しかいませんでした。それでもザワザワしていたにもかかわらず、とっても賢く絵本を見て待ってくれました。こういうときって、バタバタしている子どもと比較してしまいますねーそれにしても、プレイルームもあって遊べるのですが、片づけをさせないで平気で散らかしたままで帰るものなんですね。

先生や看護師にも愛想を振りまき、あまりの賢さにオヤバカが出て、時間も遅くなってきたこともあり、近くで食事をしました。ここもお客が多く、生きた魚も泳いでいるもんだから、それまでの賢さが崩壊し、さらに天井から大きなマグロの模型がぶらくっているのにも興奮し、ちょっと手に負えない状態になりつつも、食べるのだけはしっかりと食べてくれました。
c0010936_0583254.jpg
実家の番茶を飲みながらポーズ


帰りの道中は、ひたすら寝てくれて、北浦に戻って風呂に入ると、今日もグーグーグーは早かったです。この寝顔を見るたびに、明日への活力みたいなのが沸いてくるんですよね。

さて、明日から何を食べさせようかいな?

by kurage874 | 2011-02-26 00:58 |  さらさに贈る言葉
<< 水も空気も温む カヌーステーション&”食”海の... >>