海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
21日間の記録は通過点
さらさが尾鷲で21泊22日しました。

当然ですが、妻の手術後では最長記録更新です。
どうしても、私の議会活動や市民活動で、実家や妹宅にあずけなければならないのですが、今回はちょっとやりくりできました。もちろん、親としての意地もあったのですが、やっぱり家族3人はモチベーションが違います。
c0010936_2338914.jpg
ある日の北浦児童公園にて


毎朝8時半までには起きて、9時には朝食を食べて着替えをして、晴れていれば散歩に出かける日々でした(この場面に妻は登場しません。なかなか起きられないようです)。私の仕事が自営と議員なので、そういった都合がつきやすい環境なのですが、定時の仕事をもたれている方への後ろめたさは当然にあります。それは、いつでも心と頭に引っかかっていて、別な形で償いもしているつもりです。しかし、私がそういった仕事をしている身であったならば、その仕事は辞めなければならなかったのも現実だったと思います。そのことは、絶対に忘れてはならないと肝に命じています。
c0010936_23434333.jpg
ある日の北川河口突堤にて


さらさは、歩く散歩も、お気に入りの三輪車での散歩も大好きです。海に出ると、カモメやトンビやカラスがいっぱいいて、指をさしては大はしゃぎをします。なかでも、トンビは家の電柱によく停まっているので、「ヒュッ、ヒュッ」って鳴き声で呼んでいます。この時分の子どもは、猫は「ミャー(ただし、実家の猫だけには「マアオ」っていいます)」、犬は「ワンワン」、カラスは「カアカ」、ボラは「バシャ(水音です)」って表現するものなんでしょうか。とにかくいまはよく喋るようになってきて、たいていは宇宙語ですが、聞いていて楽しいです。しかも、こちらの言葉はほぼ理解できているようで驚きます。
c0010936_2351672.jpg
この階段を上りきります(もちろんしっかり見ていますよ)


尾鷲神社に行くときも、手前の金剛寺の山門前で手を合わせ、仁王像をみては「コワ」が日課です。尾鷲神社でも、しきりに手を合わせては、「マンマイ」を繰り返します。ここでは、狛犬に指をさしては、「ワンワン、コワ」のお約束も忘れません。帰りがけには、家族お気に入りの夫婦楠にも手を合わせますが、いつも生命力をもらった気持ちになります。私に似たのか、路地歩きも大好きで、フクロウの置物を置いてある庭先や、信楽のタヌキの置物が置いてある庭先もよく覚えています。ちなみに、フクロウは「フーフー」、タヌキは「ポンポコ」と覚えさせました。今の時期、北川のマガモも気になるようで、マガモには悪いのですが、飛び立たせてくれとせがみます。ちょっと前に、何かに驚いて、数羽が飛び立った感動が残っているようです。
c0010936_052759.jpg
念願のケーキをゲット


昨日はひな祭りだったので、それまでにTVに出てきたケーキに喜ぶもんだから、オヤバカでこうてきてきました。当然のように期待通りの反応を示してくれて、口の周りをベタベタにしながらも、完食してくれました。その風呂のあとは、電地が切れたように寝てくれましたが、もう今日のお昼前には実家に移動していきます。私の議会(定例会)が始まっており、寝かせたあとの議案調査が毎晩明け方近くになるので、そろそろ老体にムチ打てなくなってきたこともあります。でも、これが限界とは思っていないので、今回の21泊22日は通過点でしかありません。

しかし、明日もそうですが、休会中に妻の定期検査も入っており、明日も津まで出かけていきます。贅沢なことですが、最初は妻の命だけはと思っていたのが、いまはさらにその先も希望するまでになっています。それがいけないのか、思うように日常生活が送れない面もあるので、妻自身もヤキモキし、私も閉口する場面が出てきています。この病気に限らないと思いますが、私にとっても、予後が厳しい状況を支える手立てが手探りなので、妻に対するケアの作法を学ぼうとしています。医療従事者である妻にとっても、本当に歯がゆい思いのする毎日だと感じています。

家族が病気になると、何かもが激変することは体験しましたが、あれよあれよと通過していくことが多いので、苦労もなにも一時のことです。しかし、その後を支え合っていくことは、毎日が暗中模索で、お互いに疲弊も混乱もしてしまいます。泣き言もいってられないのですが、できることはあると信じているので、あきらめることもありません。かといって、その渦中にさらさを共存させることに対しては、さらさにとっては大きな試練だとも感じています。とくに私は、妻と娘の間で、このことにさいなまれることもしばしばです。最終的には、娘にとってもそれが運命だったと、いつか言って聞かせるときがあろうかと思います。

いま以上に、力強く生きていこうとしています。
その自分自身が、なによりの支えでもあります。
でも、ときには人に甘えなければとも思います。

by kurage874 | 2011-03-04 00:02 |  さらさに贈る言葉
<< 今日は尾鷲イタダキ市! 住民自治と中間支援を考えた1日 >>