海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
予防接種と保育園への入園間近
さらさの予防接種に行ってきました。

かかりつけ医である、尾鷲総合病院で接種しました。
今回の接種は、DPTワクチンの第1期追加でした。
DTPとは、ジフテリア・百日せき・破傷風のワクチンです。

小児科の診察室に入り、聴診器をあてられるあたりから、さらさは気づいてごね始めます。あとは、接種を受け終わるまで泣きじゃくります。終わるとすぐに泣き止みますが、今回は「イタイ」と叫びました。よく知ってたね、その言葉。そのあとは、「チクした」と、付き添った祖母(バアバ)に報告してました。

次回は、4月に入ってから、MRワクチン(麻しん・風しん)をやって、再開された小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)の2回目を接種します。すでに予約をしてきたので、忘れないようにスケジュールに入れておきました。

ワクチンの接種については、さまざまな情報が溢れており、「接種したほうがいいのかな?」、「危険があるからやめた方がいいのかな?」と、悩みどころでもあります。しかし、私の家族の方針では、「受けさせよう」と決めています。当たり前ですが、子どもが判断できないので、これは親が決めるしかありません。それでも、正直恐いです。しかし、病気にかかって苦しむのも恐いです。

まもなく4月に入ると、さらさも保育園に入園します。おなじ環境の子どもと過ごすことを”良し”としながらも、どこかで寂しい気持ちもあります。また、尾鷲は布オムツ対応なので、これにも不安はあります。「けっこう慣れるよ」との声も聞いていますが、毎晩布オムツを洗う日々が続きそうです。それ以上に、早くオムツが外れることに期待するとします。

バアバのおかげで、入園までの準備も進んでいます。いつのまにか、アンパンマングッズが増えています。「パンパン」と呼んでしまうさらさですが、食べる「パン」との違いを知っているようです。しかし、食べるパンを見つけると、「パンパン」と雄たけびをあげます。すごいなあ、子どもって。

その保育園への入園ですが、あまり過度にならないようにと考えています。毎日通わせようとか、無理してでもそうしようとか考えないようにしています。ある程度は、子どもの気分にもあわせてやりたいし、家族の状況をみて判断しようとも思います。助言をくれた子育ての先輩に、「うちんとこも最初は、ほとんど通わせなんだよ」って行ってもらえたことが後押ししています。

それでも、「保育園にいきたーない」って泣かれたら、そのときは迷うんだろうなあって感じます。そういう気分になったときがないので、4月は初体験が続出しそうです。

妻がちょっとしんどくなってきているので、とりあえずの目標で、入園式まで奮闘は続きます。

by kurage874 | 2011-03-30 23:30 |  さらさに贈る言葉
<< HCD防災・減災事業部からのメ... たくましく育つを祈る >>