海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
さらさの入園式
今日は入園式でした。

直前までは、けっこう悩みました。
妻の症状が気になりましたが、決心しました。
その妻も、朝になってスーツを着るといいました。
海月も、普段着から急ぎスーツに着替えました。
でも、それはうれしいことでもありました。

さらさにいたっては、ちょっとおめかししました。
でも、いつもと変わりなく、朝からハイテンションでした。
10時半の開始に間に合うように調整し、入園式にでました。

バアバが付き添ってくれて、海月は妻に付き添いました。
あんまり妻を気遣うと、さらさが焼きもちを焼きます。
これがけっこうヒステリックに怒ります。
妻を椅子に座らせようとすると、目ざとく声をあげてました。

しかし、式が始まると、先生たちのお遊戯に夢中になりました。
手を叩いたり、手を揚げたり、笑顔で拍手をしたりしてました。
そのあと、担任の先生に連れられて、あっさりと教室に行きました。
やっぱり、子どもは慣れるのが早いです。

子どもたちが教室で遊んでいる間、保護者は説明を受けました。
そのあと、教室に顔を出すと、私たちを見つけたさらさは泣きました。
こっちも「おおー」ってな感じで傍にいきましたが、抱っこされてまもなくのれて、ケロッと遊びに参加してました。なんとも現金な子どもです。

卵白でアレルギーがでるので、その除去の話を聞いて、今日は帰りました。早速、園庭で遊びまわり、太鼓雲梯(たいこうんてい)を昇りはじめました。1歳半時には危険ですが、必死になって取り付くので、こっちも真剣に補助しました。こういったことにも興味があるらしく、一番上まで上りきり、どかんと腰を下ろしました。さすがというか、たいした子どもです。ボルダリングをしたいと泣くだけあるな。

本当は、正門前で記念撮影とねらってましたが、「まだ遊ぶ」とごね始め、最後は抱えて帰ってきました。眠いのもあったらしく、昼食を食べずに寝てしまいました。でも、入園式が無事に終わっただけでなく、妻も参加できたことが、なによりの喜びでした。
c0010936_2246554.jpg
自宅玄関前にて


これで、ひとつの気持ちの整理ができました。

by kurage874 | 2011-04-04 22:48 |  さらさに贈る言葉
<< 4月のカフェ営業日と海月のイドコロ 妻とドライブがてら >>