海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
苦悩
桜の季節です。

妻の定期検査でした。
造影剤入れてMRIを撮りました。

主治医の所見を聞くまでもなく、MRI画像の変化は素人目でもわかりました。先月に、千葉でMRIを撮ったときよりも、はるかに大きな変化がありました。認めたくはないけれど、”壊死が拡がっている”という表現が正しいです。しかし、拡がっていなければ、重粒子の効果がなかったということです。拡がっているからこそ、ガン細胞が壊死している証拠です。しかしそれは、脳細胞が壊死しているのです。どっちにしても壊死ですが、ガン細胞が死んでいなければ、いま妻はこうして生きていないということでもあります。

残念ながら、この壊死は治りませんが、これに伴う脳の腫れは、薬によって抑えることができるそうです。新たに処方されましたが、妻にとっては薬の毎日が続きます。今日から、テモダールが始まるので、5日間服用します。テモダールの服用1時間前には、吐き気止めの薬も服用するので、時間を見ながらの服用になります。これらの薬は、食前に飲みますが、食後にも痙攣を抑える薬と、脳の腫れを抑える薬を服用します。便秘にならないための下剤も飲むので、とっかけひっかえの服用です。

壊死と脳の腫れのせいで、妻の活性がかなり落ちているので、日常生活の大半をサポートしています。少しでも、腫れが収まればいいのですが、薬を飲むという行動にも支障がでています。ときに薬が飲み込めないので、非常に苦労もしています。ご飯は食べられても、お茶は飲めても、薬が飲めないときがあるのです。こればかりは、どうにもこうにもできないので、私の焦りと葛藤は続きます。薬はまさに命をつないでいるので、「飲んでくれ!」って叫んでしまうこともしばしばです。それでも飲めないことがあります。

子どもとの生活にも目処が付くかと思っていましたが、今日も娘は実家です。やはり、家族で過ごすことは、この状況下では甘い考えでした。妻に手がかかりすぎるので、娘にまで手が回らないこともあるからです。かといって、妻は自分を頼りにしているし、娘も焼きもちとともに、私しか面倒をみれないので、どうしても子どもの方が犠牲になってしまいます。実家や妹宅には世話になりっぱなしですが、まだいてくれてるので安心です。1歳半の娘なのに、自分で試練を乗り越えています。

さて、妻は肝心の最初の薬しか飲んでいません。テモダールは飲めなくて、あっという隙に吐き捨ててしまいました。1回分を捨ててしまったので(実は1回ウン万円)、また、急ぎ手に入れなければなりません。本性でやっているわけではないのですが、私の憤りは隠しきれません。でも、あきらめるわけにはいきません。こうしている間にも、脳の腫れから来る痙攣などが懸念されるので、私はブログを書きながら、実は気持ちを落ち着かせています。私が焦ると、妻が過敏に反応して意固地になってしまうからです。

…ちょっと妻が眠ってしまったので、しばらくしてもう一度トライします。頭をこねくり回し、薬でこねくり回される気持ちは最悪でしょうが、いまは目の前の現実を乗り越えていくしかありません。でなければ、妻の命はつなげません。薬でつなぐ命の価値を考えたこともありましたが、いまはそれどころでなく、ひたすらに、「飲んでくれい」しかありません。薬を服用せずに、症状が悪化するようなことがあれば、なによりも後悔してしまいます。

綱渡りの日々は続きます。

でも、落っこちるわけにはいきません。
上手に愛想して、渡りきって見せます。

by kurage874 | 2011-04-06 21:35 |  さらさに贈る言葉
<< 私たちできることを考える緊急集... 4月のカフェ営業日と海月のイドコロ >>