海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
妻の容体と、日々のさらさ
歳をとると、疲れが次の日にきます…

8日、9日と、妻を連続して救急に運びました。
9日には、軽い痙攣を起こし、救急車のお世話にもなりました。
どちらも大事には至らず、9日はステロイドの点滴が効きました。

痙攣のときは、さらさも家で一緒だったので、2人を気づかいながら、妻の痙攣する時間を計りました。あまり長いとよくないし、かといって何もできないので、「大丈夫だよ、さらちゃん、かーちゃん」くらいです。しかし、さらさもソファにあがってきて、妻の肩を何度かトントンしていました。私は冷静でしたが、さらさも同じで驚きました。しかし、子ども心の奥底はわかりません。

30秒ほどで我に戻ったので、大事をとって救急に電話したのですが、それ以降もさらさは落ち着いていて、大家さんに抱かれてバイバイと手を振っていました。妻にとっても悔しいかと思うのですが、これまた感情がどこまであるのかがわかりません。しかし、6日に処方された薬も効いてきたのか、これ以降は落ち着いています。現在もです。

12日に、千葉で定期検査があったので、さらに大事をとって、自家用車で向かうことになりました。たまたま事情を知った数名が非常に気にしていたので、コメントでも書きましたが、10日の朝に尾鷲を出発し、父に同乗してもらい、11時間かかって千葉までたどり着きました。次の朝に、父を稲毛駅まで送ってからは、12日の朝までホテルで缶詰でした。このときに、大きな地震があって、初めて携帯電話の緊急地震速報を聞きました。その数秒後に、わりと長い時間、小刻みに揺れました。12日にも、病院でいるときに揺れたので、この地域では気が休まらないだろう、と感じました。

10日に家を出るときは、妻の容体を非常に気にしましたが、12日の朝に病院に入ると、私のほうがかなり気が抜けました。妻は相変わらずだったので、よけいに心配しすぎたのかもしれません。妻は高度なPET検査をやり、午後には2人で診断結果を聞きました。この検査の間、私は記憶がないほどに寝ていました。こういうときが私にはありますが、その後の回復は歳でもするものです。

ところで、PETの診断結果は、「再発はしていないと判断できる」でした。まずは、これが何よりの成果でした。伊勢でもMRIを撮影しましたが、再発しているかの判断が難しかったので、これで一つの懸念が拭い去りました。しかし、伊勢で見つかった脳の壊死については、千葉でも同様の判断でした。ただ、壊死に伴う脳の腫れが収まっていれば、それほどに心配はないとも言われました。これは、伊勢での判断とは多少違うので、どちらを信じるかは私の判断になります。どちらにしても、もう少し様子をみるしかないので、妻を自宅で介護する日々が続きます。

夕方近くに千葉を出て、日中のアクアラインをはじめて通り、こんなふうに見えているのかと感動しました。妻が眠っていたのと、少しでも距離を稼ぎたかったので、そのまま走り抜けましたが、東名高速に乗るまでには渋滞もしました。横浜周辺の道路は、どんなところをどんな風に走っているのかわからないほどに、高速をグルグルとしました。途中、雪を被った富士山が見えていたので、富士川SAまで一気に走ってきましたが、日没でほんの少ししか見えてませんでした。ここで、今日中に帰ることをあきらめて、どこで泊まるのかの算段をしながら、牧之原SAまで走りました。
c0010936_0403918.jpg
さすが富士山


牧之原SAは、トラックステーションのようになっているので、長距離のトラックが多く、シャワー室も仮眠室も盛況でした。ここでは、おかずを選んで食べられる食堂が奥にあるので、そこで夕食にしました。しかし、妻がかなりのお疲れで、ちょっと手がかかったので、高速道路のインターに近い宿を探しました。浜松西ICに適当なビジネスホテルがあったので、携帯電話から予約をして、先を急ぎました。早いと思いましたが、千葉から7時間かかっていました。さすがに私も疲れました。

ホテルはきれいですが、シングルの部屋にシングルベッドが2つあるツインの部屋で、足の踏み場がなかったです。それでも十分で、妻を風呂に入れ、先に寝かせておいてから、シャワーを浴びて私も寝ました。朝食バイキング付きだったので、私だけが朝食に出て、こっそり事情を言って妻の分を部屋に持ち込みました。薬を飲ませるために朝食をとるのですが、昨晩以上に飲み込めずに苦労しました。12時チェックアウトの部屋でよかったです。しかし、このプランで1人3,750円はリーズナブルです。しかも、セルフ式のバイキングもけっこう豪華でした。朝にインターまで戻りましたが、コンビにもスーパーも、ガソリンスタンドもあるので、車で来るときの、一つの目安になるホテルでした。

浜松西ICからは、妻もちょこっとご機嫌なときもあり、かといって会話にはなりませんが、気持ちの上ではいくぶんも楽でした。それでも、どこにも寄らずに、一気に尾鷲まで戻ってくると、14時半ごろでした。

ちょっぴり急いだのは、さらさのワクチン接種があったからで、13日がMRワクチンの日でした。すでに接種が終わっていましたが、どうにか間に合いました。すこし遠くから、さらさと目が合って、同伴してくれていたバアバに隠れてさらさに手を張ると、「そっちいったらアカンよ」というバアバの声も気にしつつ、オトンのほうにそろりそろりと近づいてきて、最後は笑顔で抱かれてきました。こういう瞬間がたまりませんが、それまで辛い思いをさせていたのかとも感じる場面です。

そのあとは、バアバにも手伝ってもらいながら、家族3人で夕食を食べ、さらさと風呂に入り、21時には寝床に入りました。いつのまにか、疲れもピークでしたが、やはり私にとっては家族が一番です。しかし、家族3人での日常は、ずーっと日常ではいられないので、どうしてもバアバや大家さんの協力も必要です。とくに、実家の両親にはフル回転してもらっているので、ありがたさが一番ですが複雑な気持ちもあります。

14日の朝は、7時に起きたさらさに合わせ、私も起きて食事をつくり、9時までには保育園に送りました。当然の如く、大泣きのさらさを背を向けて戻ってきましたが、わずか数時間のご対面で別れるとあって、やはり娘には大きな試練を与えていると感じました。それでも、子どもは慣れるのが早いもので、”よいこのきろく”を見ても、その後はあっさりとしている様子が伺えます。いまは、保育園に入れてよかったと思っていますが、家庭の事情もあって、入園から4日しか通っていません…

慣らしの14時に迎えに行くまで、妻を起こし、主夫をやり、たまっていた仕事を片付け、気づくと14時前でした。急いで迎えに行くと、すっきりした顔で戻ってきて、立ち寄った買い物では、本領発揮で悪子でした。カートに乗らずに、「おしゅ」といって聞きません。猪のように進むだけで、方向をとったり泊まると起こります。最後は、だましだましで後にしました。それでも、レジのおばちゃんに声をかけられると、待ってましたのように愛想をするので侮れません。

久しぶりに、保育園に通った孫が心配なバアバからのお誘いもあり、夕食とお風呂を飛鳥でおよばれすることになりました。仕事もそこそこに、今日1日で大量の着替えをしたさらさの洗濯をして、都合3回も洗濯をした1日でした。さらさを外で遊ばせているうちに、掃除機をかけて回り、妻を日向ぼっこさせました。大家さんに尻ついていたさらさでしたが、最後は水遊びをやってまたお着替えです。やっとこさ、実家に向かう頃には、さらさはようやく寝てくれました。もちろん、妻も。

先に妻をお風呂に入れていると、バアバに騙されなかったさらさも飛び込んできて、結局家族3人で風呂に入りました。考えてみると、家族で一緒に風呂に入るのは、何ヶ月ぶりかでした。妻の体を洗う姿を見ていたので、自分が洗われるときは、いつも以上に大人しく、同じように座椅子に座って洗われました。まあ、すぐに嫌になって、あとはカシャカシャって洗われました。3人で湯船に浸かり、慌しくお風呂に時間が終わりました。妻の笑顔もありました。

食事も大変なにぎわいですが、自分が作らないのでよしとします。皿数も多いので、目移りしながら食べました。妻もよく食べました。さらさも、ジイジやバアバに抱かれて食べたり、オトンに抱かれて食べたりと、愛想よくふるまっていました。また、今日は、妻も薬をややすんなりと飲んでくれました。

21時までには尾鷲に戻ってきて、眠くてやがらこくさらさをあやしながら、オトンも23時までウトウトしてしまいました。そして、さらさと妻が眠っているのを後にして、ブログを書いていたらこんな時間です。記憶をたどりながら、長いブログになっていますが、他の仕事もあるっていうのに!

今日は、25時には寝たいです。

でも、家族が同じ家にいます。

by kurage874 | 2011-04-15 00:31 |  さらさに贈る言葉
<< ムーンとさらさ~実家に甘える~ 松の湯がTV(お宝発信タワー ... >>