海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
手抜きご飯でも「ぅまい」と言われるシアワセ
尾鷲は雨でも、海月の花粉は最高潮…

「おしいー」と教えても、「ぅまい」という娘。
どこで覚えたんだろうか?と思えば、姪っ子の家だ。

そんなさらさが特に好きなのが、魚とキノコ。
魚は刺身以外はなんでも口にしています。キノコも大好き。
そんな2つの食材を使って、ご飯を炊くことがあります。

米2合に、ぶなシメジ1株、味噌サバ缶1缶、これを炊飯器に入れて炊くだけの味ご飯。これが、さらには大ヒットで、とかくよく食べてくれます。味付けは、子ども用に薄味なので、サバ缶の味噌だけですが、けっこういけます。炊き上がりに、刻みネギなんか入れると、もうそれらくしくなるのです。

「ぬお」とはなぜかキノコのことで、「キノコ」といっても、「ぬお」としかいえません。なぜだろう?ご飯のなかで見つけると、「ぬお、ぬお」ってうるさいくらいに欲しがります。いまわかっているのは、ぶなシメジ>エリンギ>しいたけ>えのきたけの順です。エリンギは、魚の煮付けと一緒に炊いたのがお気に入りです。これは、尾鷲産のエリンギしか食べさせたことがありません。

今日は、夕方から寝てしまったので、寝つきがなかなか悪かったです。足をさすれや、手をさすれや注文をつけ、「こっち、こっち」と左右を指示し、眠くなるとどっちかがわからないのか、ゴネゴネでとうとう寝てくれました。

今日も9時から保育園にいきましたが、朝から「イヤ、イヤ」の連発で、保育園に持っていくバッグを蹴散らして嫌がります。だましだまし車に乗せ、墓地の角を曲がったあたりまで来ると、「イヤ、イヤ」のあとに泣き出します。親の心臓に悪いは思いつつ、保育園までたどり着くと、車を下りたそばから泣きじゃくりです。正門で先生に抱っこされると、海月に手を張りながら泣いたまま園舎に消えていきます。あまり見ないようにくるりと踵を返して帰ってきますが、まだまだ慣れるには時間がかかるのかなあ。そのあとは、午前のおやつの時間まで泣いているようですが、その後は持ちなおすようです。

さて、明日はどうかいな?

by kurage874 | 2011-04-18 23:04 |  さらさに贈る言葉
<< みえ災害ボランティア支援センタ... 社会的事業者育成基金訓練の募集案内 >>