海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
連休に入り、親子が一緒になれる日々
さらさの水疱瘡は、だいぶとかせてきました。
いまは、かゆがるようになってきたみたいです。
でも、熱もさがり、いくぶん元気もでてきました。
だけど、一緒には生活できないので、いまも実家です。

なので、2日続けて、飛鳥に行っています。
実家に甘えていますが、子どもと一緒はいいものです。
妻も、まあ、なんとかかんとかやっています。
しかし、今月は2回も軽い痙攣を起こしました。
伊勢の主治医からは、ターミナルケアの話もでています。

今の私では、介護と育児と仕事の3両立は、毎日が限界です。
でも、今日の限界を乗り越えると、明日がちゃんときています。
ちゃんと朝が来るので、昨日の限界は、へっちゃらです。

できれば、身内の方からは、「さらさの母親らしくしたるんやで」みたいに言って欲しいです。もう、さらさには、私と妻との兄弟姉妹は望めないので、あとは母親の部分を、どれだけ娘に残してやるかです。なので、せめて身内からは、妻にはさらさの母親でいて欲しいと願ってもらいたいです。これだけで、私の胸のつかえは、かなり落ちていきます。この一瞬でも、引き離してなんになると願うのは、私の我がままでしかないのでしょうか?

妻が大病をして、その病気にだけ集中できると、はじめは思っていました。周りはもちろんですが、身内からも、そういう環境をこしらえてくれるものと楽観視してました。しかし、現実は大きく異なり、妻が緊急手術になるあの日から、私はよそ事にも目を配りながら対応していかなければならくなりました。それは、とても労力のいることで、私と妻とさらさ3人の家族に、土足でヅカヅカ入ってこられる気分でしかありませんでした。

勝手な希望かも知れませんが、私がSOSを出したときだけに、身内は対応してくれたら十分です。あとは、残された時間を、家族3人の時間として共有させてほしいのです。妻は必死に生きようとし、私は必死になって支えているつもりです。その間には、さらさがいるので、このトライアングルは崩したくはありません。それに外圧をかけていると感じれば、私は遠慮なく口にしています。でも、その意を汲んで、そっとしておいて、またはそっと見守ってほしいのです。それだけでも、私の余計な心労はなくなります。

妻が病気になり、共通の友人の皆さんには、本当に支えられてきました。その支えが、僕の生命力の源にもなっています。まさか、身内の一部が、その身を削るとは思いもよりませんでしたが、これも現実だとあきらめて対応はしています。でも、でも、もうこの件では限界です。これ以上は、理性では抑えきれなくなりそうです。

私たち家族は、それを理解してくれている人たちに支えながら生きています。理解できなければ、身内でもあっても、このサンクチュアリには入ってきて欲しくないです。波風を立てていい時期は、もうとっくに終わっています。あとは、静かに、遠巻きに、応援してください。最後の最期まで、私は、私と妻と娘の3人の家族でいたいのです。

by kurage874 | 2011-04-30 00:04 |  さらさに贈る言葉
<< 5月のカフェ営業日と海月のイドコロ みえボラ新聞第2号 >>