海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
山菜採りで気分転換できたかな?
娘の様子を見に、飛鳥へ来ました。

だいぶと、元気も出て、来週は尾鷲かな?
c0010936_21163218.jpg
向こうに見えるは山火事の跡


その娘と、林道に散歩に出かけたところ、懐かしの場所に、ワラビがわんさか生えていた。娘を家に戻し、こそっと懐かしの山に入った。先客がいた形跡はあったものの、けっこう良型のワラビがニョキニョキしていた。
c0010936_21143811.jpg
ワラビ


昔は、本当によく山を歩いた。小学生時代から、ゼンマイやワラビは、仕事のように採り歩いた。ライバルは、その辺のじいちゃんやばあちゃんで、「アンタはコマメヤの」って言われ続けた。やがて、僕だけが山を這いずりまわるようになり、小学生のころから貯めていたゼンマイは、ばあちゃんが死んだときに、そう決めていたのでみんなに振る舞った。ワラビを塩漬けで保存した年もあったな。
c0010936_21283435.jpg
よいワラビでしょ


この頃、田舎だの、山菜採りだの、田舎をテーマにした遊びが流行ってる。しかし、おんじゃんとかコーディネートするだけのツアーも多い。ほんま、あれはおもっしょないと思う。うわべだけで田舎をやっても、田舎をバタバタさせるだけで、本当の田舎は、じっくりと住んでこそっと遊ぶものだと思う。このこそっとが、山菜とかキノコとか、自然をを残す役割でもある。

海月は、飛鳥を好きであるけど、いまは尾鷲に住んでいる。その後ろめたさはあるんだけど、こうして田舎で遊ぶ術は忘れていない。いつかは、誰かにこそっと教えてやりたいと考えているが、まずは娘を山っ子にもさせなアカンとは思うてる。

採ってきたワラビは、端を切りそろえてサッと湯にくぐらした。水でさらし、灰汁を抜けば、あとは店で売っているワラビと同じである。これでご飯を炊くと、なんとも旬の味である。

山も楽しいと思える瞬間を味わった。

by kurage874 | 2011-05-04 21:40 |  飛鳥町漫遊記
<< 5月5日はこどもの日…ですが、... mixiを使って、関係者への共... >>