海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
間に合わなかったとは、思いたくない
妻の介護が1ヵ月半以上続いていました。

そのため、ちょうど母の日もあって、介助用の車椅子を発注してました。しかし、ちょこっと購入のタイミングがずれてしまい、明日か明後日に届くことになりました。それまでは、車椅子がいくらするのかなど、気にもしなかったのですが、「せめて病院にあるような無機質なタイプはやめとこ」って思ったので、ぶりぶりフェミニンな車椅子にしてみました。

しかし、それを使用する可能性が、グンと低くなってしまったかな?

今日の午後、妻が尾鷲総合病院に入院しました。これ以上の自宅介護ができないからで、私の限界でもあり、妻の限界でもあったと思います。いや、そうは思いたくない、自分を責める自分自身もまだいます。しかし、意思の疎通ができない、体がほぼ動かないでは、やはりこれ以上は手の施しようがないです。とても、悔しいですが、あとは病院に委ねながら、一縷の回復を願っています。

5月に入り、急に妻の介護度が高くなり、抱っこをしての移動などやっていましたが、高熱を出した2・3日前からは、食事も咀嚼できず、呼びかけに対しての反応も、極端に悪くなっていきました。こうなる可能性は、千葉でも伊勢でも主治医より指摘を受けていましたが、ここまで急速に訪れるとまでは、考えてもみませんでした。しかし、ショックというよりは、「その時がきたん?」とポカンな自分がいました。

いま思い起こせば、千葉から退院した12月から、今年の3月初旬までが、妻にとっての奇蹟の3ヶ月でした。見違えるように回復し、意識もはっきりし、娘を一人で散歩にも連れていくほどでした。「四国へ讃岐を喰いに行こう」、「黒磯へカフェしに行こう」、「ええい、いっそのこと、ヴェトナムにいこうらい」と、あれやこれやと家族3人の旅行計画も練っていました。ほんと、夢のような日々だったと振り返っています(いやいや、まだ早いよ…)。おそらく、この時期に妻に出会った人たちは、妻が回復したと思っていたに違いありません。

それが、3月中旬に、千葉での定期検査で白い影が出てからは、「重粒子による壊死と思われます」が、大きな宣告でもありました。その範囲がみるみる拡がり、腫れた脳の影響で、2回ほど痙攣(または、てんかん)も起こしました。うち1回は、北浦から救急車で運んだのですが、そのとき一緒だった娘が、「かーたん、かーたん」と言いながら、泣きもせずに妻の肩をたたくのを見て、お門違いかもしれないけれど、世界中の神さまを恨みもました。本当に、病魔は酷だと思い知らされました。

妻も、必至でそれに立ち向かっていたと思います。自分自身の終末の告知を受けていたので、定かでなくなっていく記憶をたどりながら、涙を見せまいとする顔が忘れられません。しかし、最近になってからは、私が傍にいないと涙を見せるようになり、いつも以上に泣き上戸になりました。夜、ふと目を覚まして泣いている妻を見て、「なーに泣きよんじゃい、ここにおるやろ」と、握った手を握り返してくる力を確かめたこともありました。

今日の午前2時半、妻が突然に嘔吐して、もうどうしようもなく救急車を呼びました。誤嚥が怖かったからで、その心配は気苦労で済みましたが、そのまま朝まで待機をしました。月曜日が脳神経外科の診察日だったからで、2人で救急の部屋で朝を迎えました。しかし、医師の診察も、そのあとの内科医の診察でも、入院を勧められ、それでも、「お風呂に入れてあげたいのですが」と、食い下がる自分がいました。「体が動くならいいですよ」といわれたのですが、点滴が終わった妻に呼びかけましたが、もう起き上がる気力も残っていませんでした。そのため、ぬれタオルで体を拭き、そのまま入院となったのです。

妻は、尾鷲総合病院の6階にいます。

可能な限り、縁ある人たちには、妻に会ってやってほしいです。私たち家族の支えとなり、絆を深めていただいた皆さまには、せひとも妻の生命力を信じてやってほしいのです。もういちど、娘の名前を呼ぶ妻になってもらいたいのです。娘にとっては、いまも「かーたん」であるのです。

情けないかもしれませんが、私もしばしの休息をします。いまは後悔ばかりですが、このまま腐るつもりはありません。皆さんにも、助けてほしいことがでてこようかと思います。できる範囲で、いまは力になってほしいです。

まだ、涙を見せるわけにはいかへんやり。
まだ、諦めるわけににもいかへんやり。

妻も、必死になって生きようとしています。

※ちょっと自分にも反省もしていますが、いまはもう家族3人の時間を大事にしたいと考えています。決して、あきらめたわけではないのですが、静かな病室で、穏やかな日々を過ごしたいと考えているので、これに賛同しかねる方は、訪問を控えて下さるようにお願いします。もう私たち家族に、波風を立てるようなことは、あまりにも酷です。よろしくお願いします。

by kurage874 | 2011-05-10 00:00 |  さらさに贈る言葉
<< 第8回北川マーケットへのお誘い... 映画「軽蔑」新宮先行上映会について >>