海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
さらさと保育園と、妻がいる病院までの距離間と
今日は、古戸にあるお墓の角曲がる辺りから、しくしく泣き出した。

「イヤ、イヤ、うー、ばあば、じいじ、ちーちゃん、とーちゃん、かーちゃん…」、こうやってしくしく泣くので、さすがに気が重たい。しかし、園の前に車を止め、しくしく泣きが、やがてししくり泣きに変わっても、「バイバイねー」って笑顔でプイって帰ってくる。もちろん、心では親も泣いているんだけどねーまだまだ。

”よいこのきろく”をめくると、いっつも「おやつの時間には元気になってた」とあるので、いまは親も子も最初だけは苦しむんだろうなって納得しています。でも、家に戻ってきてからは、とくに11時、13時、14時と、区切りの時間になるとソワソワします。ダメな親やね。

それが今日は、15時になっても、16時になっても、携帯電話が鳴らないので、16時半のときに迎えに行きました。終了時刻よりも1時間早かったけど、ご機嫌で娘がでてきた。どうやら、今日はおやつも、お昼ご飯も、お昼寝も、おやつも、すべてクリアーしたようでした。「えらいねーさらさ!」って気分で、妻が待つ病院まで歩きました。これが、私が考えてた理想の一つですしね。

下の売店で、ご褒美の”ジョア”いちご味を買い、病室で妻に「お帰り」言わせてから、駆けつけ一杯やらせます。昨日は、13時持たずに帰ってきて、それでも”ジョア”を与えたので、これで2日連続のオヤバカです。さてはて、明日はどうかいな?

妻の方も、各種の点滴が効いてきていて、入院時よりも表情がでてきました。ここだと、心配なく安心して任せられるし、やはり私の肉体的な負担は大幅に減りました。しかし、そばに居たいときは、こうして一緒にいられるし、共通の友人たちが声をかけにやってきてくれるので、穏やかな家族の時間を過ごし、皆さんと共有できています。これも、私が考えてた理想の一つです。

もちろん、最終目的は、北浦の自宅に再び戻ることですが、いまに感謝し、いまを生きていくことは、私たち家族にとっては、何よりも大切な時間だと感じています。妻のベットに這い上がり、「かーたん、かーたん」って、頭をナデナデする娘をみていると、ちょっと歪な環境とはいえ、「あー家族だなあ」って気がします。もちろん、妻の本心は私の想像でしかないけれど、妻が倒れてからは、いままで以上に一緒の時間をともに過ごし、多くの夢や過去や未来の話をして、いまこの瞬間があるのだと信じています。

いくつになっても、親が子どもの心配をすることは、それは脈々と受け継がれていくものだとも感じています。同じように、妻にも、さらさという一人娘の記憶は、誰がなんと言おうと残っていると感じる場面をみてきています。そして、誰になんと言われようと、私が、妻と娘を、おぼつかない手であろうとも、必至になって支えていくのが家族だと考えています。だからこそ、自営業の仕事を人に任せてまで、いまは家族が一番と考えて行動しています。それができる環境であることにも、本当に感謝をしています。もちろん、自営業以外の仕事については、寝る間を惜しんでもやっていくのが、私のスタンスです。

明日も、娘は泣きながら登園するだろうなあ。しかし、徐々に慣れてくれて、保育園から病室までの帰り道を歩くことを、やがて妻との3人ですることが、当面の目標の一つでもあります。まずそれまでには、妻の絶食が解除されることですね。

新たな目標ができることは、新たな気持ちになることです。
目標に向かって、一段づつの階段を、上るまでです。
いまは、家族一緒になって、上ろうとしています。
これだけは、絶対にそうであると感じています。

by kurage874 | 2011-05-11 22:32 |  さらさに贈る言葉
<< 日本財団からの助成を受けました 第8回北川マーケットへのお誘い... >>