海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
さらさは元気に保育園へ
さらさが保育園に慣れたようです。

ついこないだまで、古戸のお墓を過ぎるあたりから、「イヤ、イヤ」と泣いていたのが、いまは自分で歩いて正門までいきます。今日も、「バイバイ」と、先生に抱かれながら、元気よく園舎に消えていきました。「いってこーい」って、こちらも笑顔で応えて帰ってきます(実は、ちょっぴり心で泣いている海月です)。
c0010936_23583971.jpg
ボルダリングスタジオにて


帰りの時間も、16時半から17時までの間となり、さすがに手が離れただけ、こちらの負担が軽減されました。私は市議会議員をやっていますが、市民活動もやっているので、双方の活動時間が昼間にも持てるようにもなりました。妻の介護もしていたころは、深夜寝静まったあとで活動するしかなく、実行動ができない悔しさもありましたが、徐々に活動範囲を戻していこうとも考えるようになりました。

しかし、娘との時間と、妻との時間は、なかなか一緒にはならないので、歯がゆい思いも当然します。寝る間を惜しんでできることもありますが、二進も三進もいかないときも当然あるので、そのときは歯ぎしりするばかりです。体はひとつなので、最後は自分を優先するしかないのですが、シェアできることがあれば、優先順位を家族のなかでも、娘と妻に重きをおきたいです。それは、欲張りにでも平等にです。

海月と娘の間には、多くの人が介在することで、娘の成長にもプラスとなるようにと願っています。しかし、海月と妻との間には、穏やかな日々と時間がほしいです。親と子の関係を重視するのか、夫と妻の関係を重視するのかは、それぞれ賛否両論あるでしょうが、日々これに悩んでいる現状です。しかし、私と妻と娘の家族3人の時間は、すべての関係者に保証されたいと願うのは、ごく当たり前ではないでしょうか?

もちろん、親子の関係、一族の関係も大事にすべきとはわかっています。「娘の方が手がかかるでしょう…」というような奇麗事で、妻と海月に距離をつくるようなことが仮にもあるとすれば、そんなバカヤロウに”家族の絆”を説いても無駄だと感じています。端無徹也の家族には、妻と娘がセットでなければ、端無徹也の家族ではないのです。娘にも、妻にも、手がかかってもです。それが家族だからこそ、乗り越えていけるのです。

娘は、明日も元気に保育園に行ってくれるでしょう。

そして、妻がいる病院に指をさし、「かーたん、かーたん、あっち」というのです。歪んでいるかも知れませんが、これが端無徹也の、正しい家族の風景です。

それぞれに、”家族の風景”があります。

ハイライトもウイスキーグラスも、私には関係ないけれど、愛しい距離があり、語ることもなく、そっと笑える時間があるのです。

海月にだって、どこにでもあるような、家族の風景がほしいのです。

by kurage874 | 2011-05-19 23:57 |  さらさに贈る言葉
<< 欲求…をはいてみる 率先する市民 >>