海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
いーっちゃーったあ…
このごろの、さらさの口癖です。

なぜか、誰かが自分からいなくなると、この言葉を発します。
まさか、自分自身の母親に言うことになろうとは想像できませんでした。

妻の寿美子は、2010年8月25日の21時過ぎ、私の実家で意識混濁しているところを発見しました。すぐの発見でしたが、やがて激しい全身痙攣を起こし、救急車で運ばれる事態になりました。搬送される途中でも、全身痙攣はおさまらず、どうしていいのかわからないままに、3人ほどの知人に電話連絡をいれ、”尾鷲総合病院”に駆けつけていただきました。

その後、さらに搬送されて、伊勢市の”山田赤十字病院”に入院し、3日後に緊急手術を受けて一命を取り留めました。そのときの主治医の判断は重く、一瞬、私は人生が終わったと愕然としましたが、「さらさの2歳の誕生、寿美子の39歳の誕生日は、絶対に家で迎えるんだ」って、そこいらの神さまに誓って、自分を奮い立たせました

妻が倒れた翌日が、妻と娘の誕生日だったからです。

そのときから、妻の実家とはうまくいってませんでした。双方の言い分はありますが、私は寿美子の回復を願っていたし、そのときに保険金の話などされても、記憶にも残らないほど動揺もしていたと思います。また、妻が倒れる以前から、いま思えば症状が発症していたこともあり、育児をしない(できなかった)妻との間で、双方の親を巻き込んでの事件もいくつかありました。しかし、世間が何を噂しようとも、私と妻は、もう一度、さらさを中心に見つめなおすことで、再出発をするつもりで手を取り合っていたのも事実です。その矢先に、妻が倒れました。

しかし、ここからが、私にとっては、妻の実家との長い懸案のはじまりでもありました。意識を取り戻した妻が、やがて放射線治療を勧められることになったとき、私はそれこそ世界中の先進医療を調べまくりました。あるとき、ドイツの友人から、「ドイツ国内で、イオン照射による先進医療があるよ」とメールをもらってからは、同じような効果を持つ”重粒子治療”に着目し、国内に2ヶ所あることも調べて、ないツテを探しながら、千葉県にある”重粒子医科学センター病院(放医研)”にたどり着きました。このとき思いつく、最高の治療が見つかったと感激しました。

しかし、ここでも担当医の判断は重く、「完治はしない」ことを条件に、一縷の回復に期待して、治療が始まりました。本当に、放医研にはお世話になり、妻の回復は目を見張るようでした。このとき私は、マンスリーマンションを借りて妻に付き添いましたが、それこそ外出を2人で楽しんで、千葉市内の飲食店を渡り歩きもしました(最後のほうで軽い痙攣を起こし、外出禁止になりましたが)。法医研のある千葉市稲毛区は、私にとっては第2、第3のわがまちのようでもありました。このときも、妻の治療と、それに向き合う私との間には、妻の実家とのさまざまな事件があって、伊勢でも千葉でも、大きな迷惑をかけることにもなりました。

昨年12月に、尾鷲に戻ってきてからは、奇跡の3ヶ月を過ごしたのですが(以前のブログで書いています)、それでも妻の実家とはしっくりきませんでした。「(実家の)倉吉に一度は帰したい」というのが、妻の実家の要望でしたが、「いまは家族との時間を見守ってほしい」が、私の要望でした。その延長線上には、妻がいくら元気でも、告知を受けた状態であったことと、私自身の焦りもあったからです。

家族3人の時間は、そう長くはない…

やがて、主治医の予見通りに、妻の症状は悪化し、3月半ばには自宅介護が始まり、5月9日未明に救急搬送したころには、満身創痍の状態にも見えました。薬を受け付けず、抗がん剤も飲み込めず、「自宅介護はもう限界ですよ」と言われてあきらめました。4月には、伊勢の主治医からも、ターミナルケアの話をされていたので、私としては、最期の穏やかな時間は、妻が勤めていた尾鷲総合病院でと決めていました。双方の病院のやり取りのあと、妻は勤務していた6階の個室に入りました。

しかし、ここでも妻の実家とはうまくはいきませんでした。家族3人の時間を尊重してほしいとお願いしましたが、いつでも病室には妻の親がいて、これはあとで教えられましたが、再三再四、病院側にも苦言めいたことや、要望などもしていたようです。「最高の状態で終末を迎えられるので、病院側には迷惑をかけないでほしい。私も妻も、病院に関係する仕事をしています」とお願いもしましたが、結果としては、迷惑をかけていなくなってしまいました。

そう、妻は、23日の22時ごろ、すでに退院していたのです。

私が電話をもらったのは、翌日24日の10時前でした。「退院されたので、荷物を引き取りに来てほしい」、これが病院側の第一声でした。すぐに、「やられた」とも思いましたが、「なぜに、保証人である夫に連絡しないのか?」と、疑問をぶつけました。しかし、妻自身が、自筆とされる書き置きをしていたので(倉吉に帰りたいです。と、書いてありました)、病院側としては引き取り側である親もいることから許可したというのです。道徳的とか、倫理的なところでは、「でも、おかしいやん」って感じますが、法的には問題はないようです。

しかし、私にとっては、”妻が消えた”に違いなく、すぐに妻の親に電話をしたところ、「何を言ってもアンタは取り合わないから、警察にも弁護士にも、津のナントカにも相談して、法的に問題ない形でやっている。好きなように、アンタも警察や弁護士に相談すればいい。寿美子が回復したら、帰してやってもいい。これで嫌になって、離れる(別れる?)とかいえば、そのときはまた相談すりゃあいい。尾鷲よりも、ちゃんとした治療を受けさせるで」と、電話を切られてしまいました。妻は、保険証も身分証も持たないまま、着の身着のまま、どこかに連れられていなくなってしまいました。

そもそも妻は、ターミナルケアの最中でした。目覚しい回復はしていましたが、どこの病院に転院するのか、そもそも、こんな形で転院できるのか?そもそも、倉吉に帰るとすれば、移動に耐えられる状態であるのか、そもそも、自己判断ができる状態だったか…いっぱい、いっぱい、考えることが溢れてきますが、もう妻は、尾鷲にはいません。法的には問題ないかも知れませんが、妻の実家の思い通りになってしまいました。しかも、回復する見込みはない病気なので、「帰す」というのは保障がないという言葉です。

私は尾鷲の出身でも、尾鷲に縁がある人間でもありません。しかし、尾鷲ですいたことしているし、議員にまでなっています。私自身では、尾鷲のまちが好きなのと、尾鷲のやこの地域の将来を真剣に考えて取り組んでいるつもりですが、私自身の不徳のいたすところで、悪い評判も甘んじて受ける立場にいます。妻との一件についても、「おまえの悪い評判はようきいとるでな」と、妻の親に言われるほどに、それがしの人たちが、妻の親には耳打ちもしていたようです。保険金のことも、委任状のことも、印鑑や通帳のことも、妻への態度や不仲説についても、全部が私が原因のように言われていることもあるようですが、「それは相手側かでっち上げなのにな」と取り合わずにいままでやってきました。

しかし、真実はひとつです。

私は逃げも隠れもしないし、耐えることも仕事のうちとあきらめています。

今日、さらさを保育園に迎えに行って、病院が見えるあたりまで車を走らせると、「かーちゃん、かーちゃん」と大騒ぎをしました。いつもことですが、今日はもう立ち寄ることはありません。車を右折して国道42号線に出ると、「イヤ、イヤ、かーちゃん」と、振り向いてまで病室のある方向を指差しました。

「さらさも、寿美子も、お互いはもう忘れとる」

こう言われたこともありましたが、親子の絆は見えない糸です。
先週末、寿美子は久しぶりにさらさの名前を呼びました。

「さらちゃん」

そのときの娘の笑顔は、私の脳裏に焼きついています。
寿美子は、ベッドにあがる娘をかばう仕草もしていました。

「3人でおうちに帰ろうな」

そういう私に、

「ありがたいねえ」

と涙をこぼしたのが最期でした。

あの日、私はリクエストされた永井魚店のお好み焼きを持っていきました。娘と妻とが、競い合うように食べあって、それはそれは穏やかな時間でした。その夜に、まさかいなくなるとは想像できませんでした。

双方に言い分はあります。

寿美子も、自筆とされる書き置きを残しています。
帰りたいですと書いた日付は、5月21日とありました。
それから2日後に、妻は消えていなくなりました。

お好み焼きを日曜日にリクエストし、さらさの名前を呼んだのも事実です。しかし、それが寿美子自身が決断した上での、最期の晩餐とは信じたくはありません。

世の中には、仕方がないこともあるものです。
それを一番よく知っているのが、この私です。

しかし、それを1歳10ヶ月の娘にも背負わすことを、平然とやってのける人間がいることに、私はどうしようもない憤りを感じています。

妻への心配は尽きません。

妻の両親たちが、かなぐり捨てて妻を奪っていったようなことを、私にはできそうにありません。これ以上、妻に、心理的、精神的、体力的な負担をかけるわけにはいきません。

妻はターミナルケアの最中でした。

by kurage874 | 2011-05-24 22:52 |  さらさに贈る言葉
<< 災害ボランティアセンターの格差 おさすり?柏餅? >>