海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
4週間
尾鷲に帰ってきました。

遅いので、娘は明日に迎えにいきます。
熱も下がり、元気よい姿の写メをみました。

妻が消えて4週間になります。

娘や私にとっては、やはり消えたに違いないです。
居場所や、様子もわかっていますが、ここまでです。
すでに、娘や私と、妻の間には、第3者が入っています。
なんとか、娘を会わせてやりたいけど、娘が苦労することになります。
しかし、それを”よし”とするかどうかも、第3者が決めるようです。
家族はすでに、見えている力で、バラバラです。

でも、心のなかまでは、縛れません。

僕は、”怒り”に振れることをやめています。
ただ、それだけです。

妻を忘れたことも、思うのをやめたことも、一度もないです。
東京に行って、ネズミの帽子やバッグや、うれしい親子をたくさん見た。
娘も、「ミッキー」とか「ミッチー」とか言うようになっています。
それって、普通の家族の姿だと思っていました。
でも、これを”よし”としない現実があります。
娘には罪はないし、なんで、娘がガマンせなならん?

僕は、”怒り”に振り切れるのをしないだけです。
ただ、それだけです。

東京には、のぞみには、名古屋の駅には、ネズミがあちこちにいた。
そこには、家族の風景があり、親子の絆がありました。
別の親子の絆もあるけれど、僕の親子の絆は、第3者あずかりです。
娘をみていると、それが理不尽に思えてなりません。
娘は、まだ2歳にもなっていません。

僕は、将来大きくなった娘に、母親について話をするでしょう。
と同時に、娘に、たくさん、たくさん、謝ろうと思います。
取り返しのつかないことをしたこと。
母親の愛情を与えられなかったこと。
それをするために、一生懸命に、治療をしてきたのに…
間違いなく、妻にもその気持ちはありました。

しかし、それを”よし”としない人もいるのが現実です。
家族が穏やかに過ごすことを、”よし”としてくれないのです。
第3者を入れてまで、娘に試練と寂しさを与えようとしています。
それでも、第3者が入ったとしても、娘には罪がありません。
私が、その罪を被ってでも、娘は守ります。

娘に贈る言葉は、ことの全てが終われば、もう二度と更新しません。

誰にも知られることなく、僕は娘を守り抜きます。

母親が娘から遠ざかって、すでに4週間になろうとしています。

by kurage874 | 2011-06-19 23:46 |  さらさに贈る言葉
<< リセット パン、パパパパン >>