海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
アレルギーと、食べることの大切さ
つい先程、えらい雨になった尾鷲です。

ほんま、娘はたくましく生きています。
しかし、アトピーとか、アレルギー性皮膚炎とか、やはり現代っ子だと感じます。ひどくはないと思うのは、オトンの願いであって、本当のところはどうなんだろうな?なので、津市の三重病院へ行ってきました。

きっかけは、金曜日に実家で居候猫ムーンを抱っこしたこと。
それまでも、ムーンには接していましたが、この日は自分から抱っこしました。猫が好きで、とりわけムーンが大好きな娘は、ムーンと猫の鳴き声を、発音の違いでいい分けます。それくらいの猫好きなのに、抱っこのあと、肘の裏側や頬が赤く腫れました。あまり急に発疹が出たので、冷やすやらで慌てました。#8000(小児救急電話相談)も、初めて利用しました。現状では救急の必要はないだろうとのことで、かなり、動揺が収まりました。

で、今日の診察に至ったのです。
三重病院は、アレルギーやアトピーにもいいと聞いたので、まさにすがる思いで初診を受けました。紹介状もありませんでしたが、オトンの気持ちに納得がほしかったのかもしれません。想像では、たいそうな治療になるのかと思いましたが、受診結果はあっけなかったです。もともと調べて分かっている”卵の白身アレルギー”は、現状の除去食で対応するしかないようです。ほかの原因を知りたい気持ちもありましたが、「他の食品では、おそらくでないよ」とのことでした。

猫アレルギーは、オカンもそうだったので、遺伝的なものかもしれないけれど、猫から遠ざかるしかありません。今回は、猫に端を発して発疹が出たので、”痒がり”がいまも残っています。よくよく考えてみると、こねくり回して治療を探すよりも、いまわかっている部分で対応をしていけばいいだけのことでした。白身は避ける、猫も避ける。おかげで、当たり前ですが、ステロイドと保湿のクリームを処方されました。根気よく、いまは薬に頼って治療をします。

そやけど、食べることの大切さを痛感しました。
そのなかでも、より自然的に食べることの大切さです。もともと、ほとんど味付けに手を加えないのが、オトン料理です。オトン自身が薄味で、マヨネーズもソースもうちにはありません。嫌いではないのですが、必要がないのです。”創味のつゆ”に頼ってしまうこともありますが、基本的には”出汁”をとって調理に利用するので、カツオ節やサバ節の削り節を常備しています。これもオトンのいい加減さで出汁を取るのですが、けっこうイケます。

しかし、娘は母乳で育ててもらいましたが(乳児ミルクはほとんど飲まず)、離乳食をレトルトに頼った時期があったので、これが大きな後悔です。簡単便利で文句はないですが、オリジナルの離乳食を作るという発想はあっても、そこまでの余裕がないままに、妻の病気に対応することになりました。あのころのことを思い出すと、いまでも胸が締め付けられます。離乳食でなくなった現在は、けっこうなバリエーションで調理をしていますが、オトンの味なので矢田下駄です。それでも、野菜や魚を中心に、素材の味にこだわっている”つもり”です。娘は、味ご飯が好きなので、そのバリエーションは増えました。とりわけ、鯛のあらで作る”鯛めし”は、娘にも好評です。
c0010936_0295690.jpg
おとなごはん


津での帰り、子ども同伴で歓迎されるランチのお店を知りました。twitterで教えてもらったのですが、民家を改装したこじんまりのカフェでした。お昼時だったので、駐車場が開くまでに40分程度待ちました。長居のできるカフェは、ほんと貴重で必要です。店内は、靴を脱いであがる、まさにおうちカフェです。その子ども対応版なので、子どもがウキウキすること間違いなしです。
c0010936_0311149.jpg
b-cafeにて


メニューの多さとバリエーションは必須です。手作り感たっぷりだし、味付けはオトン好みでした。あいにくの娘は、待ちきれずにパンをかじっていたので、いつもの食欲ではなかったです。しかし、「おいちー」の雄叫びは忘れませんでした。この雄叫びも、どこで覚えてきたんだろうか?

◆b-Cafeのつくり方
 http://bcafe.mie1.net/

◆b-Cafeのそだて方
 http://bcafe2.mie1.net/

c0010936_0313612.jpg
黒糖かんてん


行き帰り、娘は爆睡でした。道中長いので気を使いますが、来週はもっと長い距離を移動する予定です。帰ってきての夕食は、お気に入りの鯛めしでしたが、よく食べてくれました。おかずを待てなかったので、腕のふるいようがありませんでした。ちょっとばかり、いまは反抗期言うか、天邪鬼な一面をみせます。風呂に入るのも、寝るまでも、今日は苦労しましたが、21時半には寝てくれました。ベッドに入ったのが20時前だったので、眠たいくせにの反抗でした。おかげで、オトンの方がウトウトしてしまった。

ところで、娘は甘いものも大好きです。ケーキも好きですが、一番食べているのは黒糖かんてんです。これは、地元スーパーでしか買えない、地元限定品です。

食べるに余りある素材が、この地域の魅力です。
だから僕は、この地域が好きなのかもしれません。

by kurage874 | 2011-07-05 00:57 |  さらさに贈る言葉
<< 夢古道おわせからの眺め 7月の尾鷲イタダキ市は、浴衣シ... >>