海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
水遊びが大好きです!見せたりたいねえ…
今日は、ちょい暑かった。

日曜日から昨日まで、娘と実家の両親と過ごしました。
娘にとっては、2回目の倉吉でしたが、長い距離でした。
娘の負担を考慮したので、現地に2泊することにもしました。
幸いにして、よい部屋があったので、娘も大喜びでした。

しかし、娘も私も、妻に会えませんでした。
わかっていましたが、やはり虚しいものです。
そのかわりに、調停員や書記官、病院関係者には会ってきました。
それが目的の移動だったので、それなりの収穫もありました。
わかったことは、「民事は黙っていてはいけない」ということ。
こちらが善意のつもりでいると、相手側のペースになります。

それは、こうなってしまうまでに、私にも十分にとれた行動ですが、私はそんなことをする考えもしませんでした。妻が病気になって、それを私が必死になって支えるのを、双方の両親や身内が支える姿を望んでいたからでした。しかし、相手側の考えは毛頭違っていて、あらゆる手段をもってしてでも、妻から私や娘を引き離すことでした。相手側の言った通りになったのは、”私にでもできたことを、私はしなかった”までです。

病院にも行ってきましたが、そこでは興味深い内容を聞きました。妻に関する情報はゼロ回答でしたが、”旦那であっても、個人情報は引き出せない”との当たり前のことです。しかし、これをいままでに当てはめると、「法、犯してないか?」ってことも思い当りました。また、保険証というのは、コピーでも十分に使用できることも知りました。これらのこと全ては、”その必要”がでてきたときに、明らかにしないとならないでしょう。

妻のもとには、お見舞いの人たちも行っているようです。ただ、他人が行けても、実の娘が行けない状態は、やはり理不尽に感じます。それでも、他人には罪はないので、どんどん会ってやってほしいです。妻の状態を想像しても、多くの刺激を与えることが大事です。おそらくの妻は、判断や選択に欠けるところがあるはずなので、その代わりをしてやれると、話が繋がったり、記憶が戻ったりすると思います。重粒子の治療があったからこそ、いまの状態が維持できていると思うのですが、マンパワーはもっともっと大事です。できれば、このブログを見た方で、こっそり状況を教えてくれる人がいればいいのになあ、っては感じます。

8月にも、娘を同伴して倉吉に行くことになります。いまやっている作業は、娘を会わせるための可能性にかけた法的な手段ですが、こちらが何もしなければ、尾鷲の裁判所で対応されることになります。そうなれば、妻が容易に移動できる状態ではないので、端から会うことはできません。私は弁護士などつけていないので、新たに1つ、考え事をする機会が増えました。相手側には、すでに弁護士がいるのですが、やり合うことなく、当たり前のことが、当たり前に履行される道を探っていきたいと考えています。相手側も必至でしょうが、私も必至です。娘は、5月23日以降、一度もオカンに会えていません。

しかし、こんなことをしなくてはならない虚しさは、いつもあります。だからといって、相手側の行動や要求を受け入れてばかりでは、娘も私も、妻には会えません。孤独な苦悩が続きます。
c0010936_20242811.jpg


c0010936_20253840.jpg



by kurage874 | 2011-07-13 20:33 |  さらさに贈る言葉
<< twitterでつくるowas... 近くて遠い >>