海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
娘と、赤灯台まで散歩する
今日の尾鷲は、いまもじめっと暑い。
もしかすると、北浦のうちだけか?

保育園の帰り、天満浦の赤灯台まで、散歩に行った。
長い距離があるので、しっかり手つないでの散歩である。
c0010936_22144483.jpg
タイル張りの赤灯台


さすがに、海と高さを教えたので、ちょかちょかせんかった。
「こわ、こわ」と言いつつも、ゴキゲンに歩いてくれた。
c0010936_22154116.jpg
漁船にむかって


赤灯台まで歩き、漁船に”カワイー”をしながら手を振っていると、1隻から手を振り返してもらった。よほど嬉しかったらしく、いつまでも「ばいばいよー」って手を振っていた。
c0010936_2218791.jpg
これが”カワイー”顔?


釣り客も多く、アジの両型をサビキで釣っていた。
でも、今日の尾鷲湾は、濁っているので、キレイとはいえんかった。

波が重たそうに、ちゃっぷんしているのが、娘には”こわ”と映ったのだろう。オトンだって、あの濁りは憂鬱になりそな色だった。こないだの台風の影響で濁っているのだろうか?それにしても、港湾内に流れ込む家庭排水を考えると、「魚のまちにしてはねえ…」って気分になる。

ひとしきり、船を見て楽しんだが、「かえるー」と言い出したので、もと来た堤防を戻った。残り3分の1で、「だっこして」となり、オトンは痛い腰にさらに負担をかけてしもた。今度は、もう少し透明感のある海をみせたりたいね。

保育園に行くのが、このごろ「いや、いやなん」となってしまった。保育園でも、「おとうー」って泣くことがあると言われるし、”よいこのきろく”にも、しばし登場している。今日は、まだましに行ってくれたが、車を離れたところにおいて、一緒に歩いて行った効果があると思う。古戸のお墓を見ると、「いやなん」というからだ。

しかしながら、子育ては、大変に興味深い。

自分の子どもが、こうして成長している姿は、なににもかえがたい至福である。聞き分けなく泣かれると、困ったり、ときにはウンザリしたり、たまには腹が立つこともあるけれど、”自分の子ども”である。通ってきた道だと、笑顔して、あの手この手で解決策を探すしかない。

さて、どう成長するかは、まだまだ先のことかいね。

by kurage874 | 2011-07-28 22:32 |  さらさに贈る言葉
<< 三重県のNPO活動を支える仕組み 尾鷲イタダキ市改善検討会 >>