海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
法律と現実
妻が病院を出ていって3ヶ月、本人の意志だという。

書き置きには、その意志がしたためられていた。
旦那が承諾して入院させたのだが、別に断りなく退院できるらしい。
僕が知ったのは、妻が出ていった次の朝10時だった。
ちょうど12時間経過していて、何もわからずじまいだった。

数ヶ月後、妻から離婚の意志を告げた手紙が届いた。

およそ、妻が閃きそうな文言や内容ではなかったが、これも本人の意志だという。これ以降、担当する弁護士を介してしか、妻とは話ができなくなった。”子どもには会わせて欲しい”と書かれていたが、”裁判は尾鷲で行います”とも書いてあった。あの体で、頻繁に尾鷲まで出向けやしないのに、いったい何を望んできるのだろうとは思った。

だけど、僕も対抗した。民事では、黙っていれば相手側のペースになる。このことくらいは知っていた。すぐに、相手先の弁護士に電話をかけ、争う意思がないことを告げ、円満に解決する道を探った。というか、とにかく娘に合わせたやりたいのと、その時の妻の病状が知りたかった。僕に全くの協力者がいないわけでもないが、このときに、妻が病院に通っていること、実家にいること、とりあえずは元気でいることを知ることができた。これ、日本の話です。

そして、相手先の弁護士に理解を取り付け、離婚を進める調停ではなく、同居を求める調停を、妻の実家近くの裁判所にお願いした。調停は、この2つしかないらしい。とにかくこれで、妻と娘を結びつけるきっかけはつくれた。その代わりに、娘が長い距離を移動することになった。これまでに2度、僕の実家の両親にお願いして、娘を伴って裁判所に通った。片道7時間かかる移動は、2歳に満たない娘には難儀である。でも、もしかすると妻に、オカンに会えるかも知れないとなると、娘を同行させるしかないのである。前泊し、後泊し、気遣いながら宿をとるのである。なんとも重苦しい旅でしかなく、これを旅とは言ってはいけないな。

同居を求める調停では、2名の調停員の前で、こちらの主張を話すのである。これまでの経緯や今後の思いなど、確か1度目は3時間半以上、2度目は1時間以上聞かれた。その間、娘も一緒にいるのだが、子どもが狭い部屋で退屈であったろうに、娘はよく耐えてくれた。2度目は、僕の膝の上で寝てしまった。その寝顔を見ながら、「僕はこんなところでなにしよんど」って何度も思った。

しかし、2度目にして、話は進展した。次回の3度目に、ようやく娘と妻が再開できるのだ。やはり、妻は娘には会いたいと言ったらしい。残念ながら、私に対しては返事がなかったようだけど…それでも、娘と妻が会うことは、僕のたっての願いであり、僕自身も会えることになった。2度目の調停の時、裁判所には妻も来ていたらしく、同じ調停員が、妻の弁護士と共に話を聞いたらしい。もちろん、お互いに会うことはないが、同じ建物のなかですれ違っていたのである。わかっているけれど、それでも娘を見ることも、会うこともできないのだ。

このときの妻は、階段の登り降りが不自由であるからと、裁判所の1階で調停を受けたらしい。実家では2階にいると聞いているが、「よく転ぶ」とも言っていたようだ。頭に大きな傷跡を残している妻だけに、こかるのは致命的なダメージになる可能性もある。そう考えるだけで、身震いした。実家では、僕や娘のことを話題にしない者しか、妻には会うことができないらしく、実際に行ったことがある人に訪ねたこともあったけど、何も応えてはくれなかった。僕に協力者や支援者がいるように、向こうにも”いる”のが現実である。そう思った。せめて、妻の状態を知りたかっただけなんだけど…

調停員にも相談して、妻が通っている病院にも出向いたことがあったが、あっけなく門前払いを受けた。患者の保護らしいが、どうすることもできなかった。僕としては、妻の状態を知りたいのだが、それは、これまで必至になってともに治療をしてきた責任を感じるからだ。しかし、法律と現実は、夫婦であろうと、妻であろうと、本人の意思のもとに全てが決まる。ではいったい、妻が倒れ、緊急手術をし、その後の治療のすべての過程で、夫である僕が妻に代わりとなって手続きを代行できたのだろうか。妻に意識が回復したあとも、その意思を確認して僕が代行したけど、病院からいなくなったあたりから、僕はなんにも知りえない状態となってしまった。そこには、倫理も哲学も愛情もないのである。

それでも、9月に家族が再会できるはこびとなった。これは、妻の希望であり、裁判所を介した同意である。しかも、僕には会いたいとも会いたくないとも言わなかったらしいけど、離婚の意志はないと、調停員からは聞かされた。では、あの手紙はなんだったのかとは、いまさら考えないようにした。会えるとなった以上、話をややこしくはしたくないのである。ただ、現時点では、妻は尾鷲に戻る意思はなく、かといって、子どもには会いたいのが現状である。ここが、別居状態と見なされる点である。これが、8月初旬に、2度目の調停で得たことだった。まあ、そのあとすぐに、別件で聞き捨てならない話も耳にしたが、これもここでは書かないことにする。

しらっと、9月はもうすぐなので、会えるまで大人しくしておこうと思ってた。しかし、どうしてもやりきれないことが発生した。妻が転居届を出していて、すでに尾鷲の住所地ではなくなっていた。これも、本人の意志らしいが、これよりもさらに困りごとが発生した。ひとつは、妻が働いている会社では、どういうことか妻とは連絡が取れあっていて(同じく音信不通と聞いていた)、妻が会社を休職する手続き上のことが、すでに行われていた。僕が聞いていた時点では、”6月の診断書がなければ…”との話だった。妻を最期まで、会社の一員として残してやるのが、仕事一筋だった妻にしてやれることだった。どうなるのだろうと焦っていたが、それが、7月も、8月も、在籍していることがわかり、また僕の知らないところで、こういう手続きができる現実を知った。それはそれでありがたいが、僕が知らない妻のことを、知り得る人が尾鷲にいることが現実となった。

それ以上に困ったのが、妻の扶養に娘が入ったままなので、これに係る娘の医療情報は、すべて妻の実家に行ってしまうことだった。現時点では、実害としてはないけれど、預かりしならないうちに、娘の医療については、妻が判断することになってしまった。例えば、乳児医療のことも、それこそ保険証の更新などがあっても、すべての情報は妻の実家に行くのである。こういうことは、家族にとっては大事なことなのに、僕には一切知らされないのが現実だと知った。実際には、娘は僕と生活し、病院に行くのも僕が連れていき、予防注射もフッ素の塗布も、僕が親としてやらないといけない。しかし、手続き上のことすべてが妻の実家に行くので、妻の実家との関係を考えると、このままでは娘に大きな迷惑がかかる恐れがでてきたのだ。しかし、なぜこんなことになるのだろう…なぜ、こんな目に合わなければならないのだろう。

この件については、すでに解決できる道を交渉しています。

あと、一部の巷で先行していると思われる、僕と妻の離婚の成立はありません。僕と妻と娘は、法的にも同じ戸籍にあります。これが、事実です。言いたい人は言えばいいけど、家族が離散していることを、自分に置き換えて欲しいものです。2歳になった娘は、1歳も、2歳も、母親とは一緒ではありませんした。3歳は、4歳は…小学校への入学は?成人式は…妻に残された時間は?

なにも、妻の実家に通える人だけが、妻の心配をしているのではありません。私の友人や、二人の共通の友人たちにとっては、娘や私と同じように、妻の心配をしてくれています。あるとき突然にいなくなり、音信不通となっているので、どうしているのかと案じているのは、尾鷲にも、三重にも、日本にも、大げさでなく世界にいるのです。その友人たちは、私のブログでしか、情報を得ることができません。私には、話したくても話を切り出せないと言われて気づきました。でも、本当は、ズバッと直接聞いてくれて良いのです。ブログで書くと、僕がヨレヨレになっていると思われてしまいそうですが、そうなるわけにはいきません。娘のためにも、僕は生き抜かなければならんのです。

妻には時間がないと考えるのが、妻の病状に付き合ってきた僕がわかっています。もちろん、伊勢でも、千葉でも、それぞれの主治医から念を押されてきています。だからこそ、娘と母親、家族を大事にしたいのです。娘のさらさは、妻よりも、私よりも、妻の実家の両親や姉弟よりも、一般的には長く生きていくのです。その大事な時期と時間を、娘のために与えてやって欲しいのです。しかし、現実として、妻は娘を養育できません。もちろん、妻の実家の両親にも、同じことが言えます。こちらは、娘との共有時間がなさすぎですし、孫のことを一切考えずにここまで来ていることもあります。僕だって、いくら妻と娘を一緒にさせたいからと言って、娘をその環境に送ることはできません。

僕が娘に残せるもの、離れている妻が、娘に残せるもの、現実を考えていかなければなりません。でも、正直に、こんなんなるとは思わんかった。僕自身は、人に指さされても仕方がない人生かもしれんけど、娘には絶対に罪も罰もないはずです。この世で生を受けた娘には、僕と妻のDNAでいっぱいです。

とにかく、いろんな面で、時間がないのです。
なのに、余計な心配ごとは、あっちからやってきます。
それに対応しなくては、僕と娘は翻弄され続けます。

全ては、娘のさらさのために、残りの人生を捧げます。


※コメントできません。下記宛にお願いします
 kurage874@mbd.nifty.com、または、@owase874

by kurage874 | 2011-08-29 23:38 |  さらさに贈る言葉
<< 水は好きだが、さすがに台風の波... 人だかりをかき分けて?~二見と... >>