海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ふるさとが被災するという実感
実家に物資を届けました。

飛鳥町は、断水・停電が続いています。オール電化にしていた実家は、カセットコンロ頼みです。風呂にも入れないし、TVで情報を見ることもできません。携帯電話が、ようやく繋がるようになったと聞いています。同じように周辺で困っている人は、五郷町と併せてもざっと2,000人はいるでしょう。過疎化と高齢化が進んでいる地域の2千人が、ほぼ孤立状態です。ただし、道路が開通したので、これが大きな救いとなっています。
c0010936_0525917.jpg
尾鷲熊野間の国道42号線、法面がイ型シェッドの上を越えたようです


c0010936_234016.jpg
飛鳥町小阪の橋(畑田)


c0010936_251060.jpg
旧飛鳥中学校裏の谷川、土石が堆積し、田んぼに流れています


c0010936_263976.jpg
旧飛鳥中学校前の橋、この上を川が越えた


c0010936_273228.jpg
妙見さんに行く道もない


c0010936_2934.jpg
旧飛鳥中学校の講堂が浸水、運動場も土砂が堆積


c0010936_2101745.jpg
あすか診療所の法面が崩落、谷川を塞いでいる


c0010936_2131083.jpg
旧日進小学校近くの水路橋が流出


c0010936_2152897.jpg
現飛鳥小学校も1階が浸水


c0010936_2185717.jpg
五郷町寺谷から和田に渡る橋が流出


c0010936_2201360.jpg
五郷町の飛鳥神社横の橋も陥没


c0010936_2211367.jpg
五郷町の小中を結ぶ橋も流出


c0010936_2215725.jpg
湯谷川と大又川の出合い付近も大荒れ


飛鳥町も五郷町も、僕にとっては遊び場でした。大又川は、とくに学校に引けを取らない学び舎だっただけに、これほどの猛威に唖然とします。また、あちこちで床上まで浸水し、自力復旧しているのを見てきたので、ライフラインのないなかだけに胸が痛いです。今日は、ざくっと見てきただけなので、ちょっと自分でできることを考えます。せめて、橋が通れるようになれば、人の行き来くらいはできるだろうな。

実家もそうですが、あちこちで、谷川から水を汲んだり、洗濯をしている人を見かけました。野口の堰では、若者たちが行水していました。水に慣れ親しんだ土地柄なので、その川が氾濫したことは、精神的なダメージ大きいです。

しかし、これからです。

by kurage874 | 2011-09-07 02:32 |  飛鳥町漫遊記
<< 夢古道の湯が時間延長されています 台風12号における、紀伊半島の... >>