海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
オトン39歳、新たな決意
25日に39歳になった。

実家に行くと、娘と姪っ子たちがケーキを用意してくれてた。
c0010936_22512766.jpg


この日は、朝から災ボラの準備をしていたけど、尾鷲市に大雨洪水警報が出てしまった。現場となる五郷町は持ちこたえそうだったけれど、尾鷲市に警報ではそうはいかずに中止にした。幸い、参加者が少ないこともあるが、出鼻をくじかれた感じになった。

ふて寝してると、寒かったのと、急に疲れが出て熱がでた。弱いなあ、と思いつつ、15時に合わせて実家に行った。それで、このイベントである。嬉しいねえ。娘らは大はしゃぎで、娘にいたっては、自分の誕生日みたいに、ローソクの火を消して、ケーキにもがっついていた。手づくりのメダルや、寄せ書きも用意していて、39歳は盛大に祝ってもらった。

でもね、オカンがおらんのさね。

この件については、まだ書かない。いまはまだ書けない。書くと、怒りにふれるので、僕はずーっとガマンしている。9月のあの台風12号のさなかに、娘と2人、僕は決死の覚悟で鳥取県倉吉市まで走った。ほんま、必死だった。この話は、まだ書けない…

39歳になり、娘とは37歳の違いになった。娘が20歳になると、オトンは57歳である。37年の開きは、やっぱ大きいと感じるし、僕の体が言うこときくまでに、娘には生きて行く術を身につけもらわなアカンし。僕のような人生ではイカンけど、せめて人さまに後ろ指を指されない人生にはしてやりたい。オカンがおらんかってもね。

39歳になり、僕は深く考えている。

38歳の誕生日も、ささやかに祝ってもらった。
病室の妻は、僕の誕生日を忘れていなかった。
この時のエピソードは、僕は墓にまで持っていく。
妻と2人だけの内緒のイベントだからだ。

僕は、いまのいままで、なんにもぶれてはいない。
ただ、娘が大きなったら、話をするかも知れない。
オカンが、娘を捨てたわけじゃやないことの証として。

■さらさ1歳の誕生日と、読者の皆さまにお知らせ
 http://crepm.exblog.jp/15024310/

■希望をもつということを
 http://crepm.exblog.jp/15381363/

by kurage874 | 2011-09-26 23:16 |  さらさに贈る言葉
<< 【紀伊半島生活取戻し隊】第4次... 【紀伊半島生活取戻し隊】第3次... >>