海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
はじめての運動会…ちょい緊張
日曜日、娘の保育園の運動会でした。

暑いくらいの秋晴れになり、見るほうも大変でした。
裏方のお父さん方も、皆さん奔走してました。
私は、なんにも協力できていないので、恐縮です。
c0010936_6595863.jpg
終了後に撮影


つぼみ組は、午前中の競技で終わりました。娘の参加は、かけっこと踊り、オトンとの親子競技の3つでした。初っ端のかけっこは、見事、歩いて終わりました。練習では1番と聞いていたので、緊張したのかふてくされたのか…しかし、アンパンマンのサンサン体操は、自分で歌いながら踊っていました。また、これだけは、デジカメで動画も撮りました。でも、写真は、2枚しかありません。本格的に撮ろうと思えば、望遠レンズが入りますね。

最後の親子競技は、バイキンマンをやっつけろ!でした。しかし、親子で歩くまではよかったけれど、バイキンマンとカビルンルンの絵が描いた箱をアンパンチするのを恥ずかしがりました。結局は、オトンが手を掴んでパンチしましたが、やっぱり緊張したんだろうなあ。この様子を、実妹が撮影していたはずでしたが、写っていたのは地面と空だけでした…

姪っ子たちも応援に駆けつけてくれたので、終わってからは、夢古道おわせのランチバイキングに行きました。オトンとは、この手前で別れましたが、たくさん食べたり、近くの公園で遊んだり、運動会以上にはしゃいだと聞きました。

イベントがあるごとに、娘の成長を感じる場面があります。その場面に、オカンがいないことが、私にとっては非常に心残りで残念です。姪っ子たちといると、実妹の3人目の娘と合わせて、4姉妹のようでもあります。事実、私と闘病している間は実妹に育てられたので、姪っ子たちと同じように、実妹を「ママ」と呼びます。だから、私をオトンと呼び、妻をオカン(実際にはかーちゃんになった)と呼ぶようにしたのです。

しかし、現実は違います。これは、成長するに従って、大きな戸惑いになると思います。それを説明する責任が、オトンにはあります。その覚悟はありますが、妻が自ら放棄したわけでもないのに、そうさせた方々には憤りがあります。いままで以上に、物事の判断能力に支障をきたしているといっていい妻の状態を、もてあそんでいるとは思いたくないけれど、うまく利用しているからいまの状態があります。このあたりは、まだ書けません。怒りが先行してしまいます。

今日も実家で、姪っ子たちといます。オトンもいますが、微笑ましいと思う反面、これは現実とは違う親子関係だと思う自分もいます。こういった苦悩は、いまはオトンがするだけですが、やがては娘自身にも降りかかってくると思うのです。そうさせない手は、いまの私には思い浮かびません。それは、うちらの家族全員にあるのです。子どもが犠牲になっています。

「ミッキーいく」、「しんかんせんでいく」、これが娘の口癖です。その願いを叶えてやろうと計画しています。この話も、千葉で治療していた妻と主治医との会話で、「定期検査するときに合わせて来られたらね」とありました。しかし、その定期検査すら、妻は受けていません。

それでもたくましく、娘は成長していきます。
オトンは、歯を食いしばるだけです。
全ては、娘のために。

by kurage874 | 2011-10-10 07:42 |  さらさに贈る言葉
<< 【紀伊半島生活取戻し隊】第5次... 【紀伊半島生活取戻し隊】第5次... >>