海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
子育ては親育て
とは、よく言ったものです。

オトンは、子育てだけは自信がありません。
手探りなので、うまくいかないこともあります。
そういう場面では、イラッともします。
しかし、娘にとっては、オトンしかいないのです。
なので、叱ってから、反省することもあります。
c0010936_23362359.jpg
ねこおる


c0010936_23372554.jpg
もう一人で滑れます


終始一緒にいられないので、これは仕方ないです。
というか、親子2人きりの世界になるのも本望ではないです。
しかし、小さい家族の単位では、オトン・オカン・娘です。
そのオカンがいないのは、家族にとって、娘にとって試練です。
もう胸が張り裂けそうなくらいに、ギュッとなることです。
c0010936_23415599.jpg
悪ノリ!


c0010936_23424679.jpg
まだ外で履いてません


娘と一緒にいることが不可欠ならば、僕はなんだって放棄します。
しかし、それでは解決にはならんし、そういうのも違います。
一緒にいることは大事でも、家族の枠から出ることも必要です。
だけど、現実的には僕が育てていくしかないのです。
本当に、娘には申しわけないけど、この事実はどうしようもないのです。

今日は、津への出張があったので、17時半前にお迎えでした。
津滞在が1時間弱ほどでしたが、どうにかこうにか間に合いました。
週末は、災害救援ボランティアが控えています。来週もです。
しかし、再来週の日曜日から出かけて、月曜日は倉吉市に行きます。
火曜日に帰宅予定で、娘にとっては不毛な調停に行ってきます。
2歳の娘を長距離移動するのは大変で、ミッキー行くのとは気分も違う。
それでも可能性にかけて同伴し、行ったからには楽しみも与えたい。
非常に悔しく残念なのは、こういったことが向こうには関心がない。
妻にとっても、それがもう理解できていないことがわかっています。
あきらかに、時間がないのです…

「オトンつくったん?」

娘は、夕食の味ご飯のおにぎりが気に入ったようでした。
幸いにして、オトンがつくるものに拒否しないのが嬉しいですね。
野菜が高いのが難ですが、それでもバランスも考えて、薄味です。
家事の合間に、娘には”かまって”が出るときもあります。
そんなときは、うまく乗り切ることもあるし、できない時もある。
イラッともし、声を荒げることもあるけど、娘にはオトンだけです。
毎朝の”ギュッ”で、オトンは都合をつけているだけかも知れない。
だけど、オトンは必至になって、娘のことを育てているつもりです。

娘にとってできることは、なんだってしてやりたいと考えています。
モノゴコロついたとき、そのときは、きちんと説明して謝りたい。
こんなはずじゃなかったけど、オトンの娘であるが故に…

よし!ミッキーは絶対に連れっててやるぞ。

by kurage874 | 2011-10-14 00:17 |  さらさに贈る言葉
<< 中上健次の千年の愉楽が映画化、... 【紀伊半島生活取戻し隊】第6次... >>