海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
”同居を求める調停”の真意と現実
7月より毎月、鳥取県の倉吉市に通っています。

行き先は、倉吉市内の裁判所で、ここで”同居を求める調停”を行なっています。まさか、こんなことをするとは思いもよりませんでしたが、いまは”真実の追求”ではなく、”娘とオカンの関係確保”が大前提です。追求は、いつでもできることなので、そんなんは後回しです。

そのためだけに、2歳になる娘を連れて、7時間近くかけて倉吉に通っています。また、調停の日程は決められており、都合もあって午前になるので、必ず前泊します。また、場合によっては、娘の負担も考えて、後泊もします。親子2人で行ったこともあれば、私の両親を伴うことや、私の母親と3人で行くこともありました。今回は、4人で行きましたが、次回は3人で行くことになりそうです。旅行とも違うし、気分も重たいのですが、”娘とオカンの関係確保”を手に入れるためだけが、私たちの願いです。

先月は、約3ヶ月ぶりに、娘はオカンと再会できました。私も同じく久しぶりでしたが、裁判所内での限られた時間の”面会”でした。このことは、”怒り”が先行するうちは書きたくなかったのですが、ようやく書くことにします。何度も言っていますが、すべての記録は、娘が大きくなったときに、その時のオトンの気持ちや状況を補完するために残しておきます。オトンには、このような状況になってしまったことを説明する、とても重大な責任があるのです。

本来、離婚も、離婚協議もしていない状況で、娘とオカンが離れ離れの状況がオカシイのです(オトンともね)。ましてや、治療のために帰省しているのではなく(本来するべき治療はしていません)、この状況は”妻の意志”となっていますが、それも定かではないままに、ある日突然に、病室からいなくなったのです。

9月の面会は、それまでの調停から手に入れることが出来ました。簡単に”会う”ことができないからです。調停は、調停員が双方の仲立をします。私は、私自身が対応しますが、妻には弁護士が付いているので、妻の代わりとなって調停員と話を進めています。しかし、その場に妻が同席することもあるので、妻の意思を確認することもできます。私は、調停を申し立てた”申立人”ではありますが、”弁護士”を付けて他人に任せるようなことはしたくありません。それが”不利な”行為であっても、できる限りは私が対応していく覚悟です。しかし、法的にも未熟ですし、判例や事例も持ち合わせていないので、不安も多いし、駆け引きもできません。あるのは”真実”のみです。その代わりに、私の仲間や友人たちが、後ろ支えになってくれています。私に厳しいときもあるし、私の考えと違う意見もありますが、真剣に”家族”のあるべき姿を考えてくれています。いつかは、甘えることもあるでしょうが、いまはその意見を胸に、調停員の前に座っています。

久しぶりの面会では、妻は私たちを見るなり、ブワッと涙を浮かべました。妻の弁護士も、調停員も立ち合っているなかですが、私も誘われてしまいました。それ以上に、妻の姿の変わりように驚きました。娘も、目の前にいるのがオカンだと、一瞬では認識できなかったのです。しかし、私には制限があって、”自分の意志を伝えられない”、”余分な発言は控える”とありました。その時の面会が、”娘とオカンが再会する”ことだったからです。また、もしも妻が”帰りたい”と発言しても、それをたしなめるようにも言われていました。もちろん、そういう誘いもできないので、私は娘を連れた”人”でしかいられませんでした。かといって、妻からは自発的な発言がなかったので、私が”さらさ覚えとるか”、”抱っこしたってい”、”大きなったやり”などと、ありきたりの言葉で娘との仲介をする役回りでした。でも、その言葉ひとつひとつには、これ以上にない心と気持ちを込めて、平然と対応することに努めました。妻は、ゆるりとした発声で、やがてオカンと認識した娘との時間を過ごしました。誕生日プレゼントも持参していて、それには娘も大喜びでした。なぜか、ハロウィンのお菓子がたくさん入っていて、それが妻が自分の意志で用意したのかはわかりませんでしたが、こればかりは私の感情は大きく揺らぎました。妻が千葉の病院にいたとき、ちょうどハロウィンの時期と重なり、病室をハロウィン一色にしたことがあったからで、「来年のハロウィンは、さらさと3人で変装しよらいな」と言い合ったからでした。

限られた時間が終了し、私と娘は、妻のいる部屋から退出しましたが、それがどういうことかは、妻には理解できていないと感じました。ましてや、この日の面会には、私は必死の思いで、倉吉市までたどり着きました。ちょうど台風12号が紀伊半島に猛威をふるい、まさに鳥取県中部地方を通過していたからです。前泊をするために、早朝に尾鷲を出発したときには、すでに手遅れで、ありえんくらい激しく降りしきる雨で、荷坂峠も通行止めになりました(途中で引き返しました)。前日の夜には、実家を繋ぐ矢ノ川峠も通行止めになっており、当初は4人で行くことも無理になっていました。宿泊先だった宿の周辺も被災し、それでも倉吉に辿り着かなければ、”娘とオカンは会えない”と必死でした。さすがに実家からも、「日程を変えられないのか」と、電話もありましたが、「日程が変わって、相手の気分も変わったほうが大変」と、意を決して再出発したのが夜になってからでした。雨は小康状態でしたが、時折激しく降り、道路も寸断されていました。ひょんなことから、通行できる道にたどり着き、それでも増水や石がゴロゴロしているなかを、高速道路も通行止めで下りたり、入ったりを繰り返しながら、ノンストップで倉吉市内に着いたには、夜中の4時近くでした。幸いにして、娘は出発してすぐに寝てくれて、倉吉まで起きることがなかったのですが、さすがに車で寝るわけにはいかず、娘も停車したら起きてしまったので、市内のビジネスホテルを探し、4時半にチェックインしました。フロントマンはこの時間に驚いていましたが、親子2人は死んだように布団にくるまりました。しかし、面会時間までは数時間しかなく、コンビニのサンドイッチを食べさせながら、裁判所に入ったのでした。しかも、裁判所を出るときに、タイヤのパンクが見つかり(ネジ釘が刺さっていました)、ここまで辿りつけたことが不思議なくらいでした。

しかし、この日の面会のあと、調停員を通して、妻側から求められたことは、”妻の母親が、妻のために買ったものを、次回に持ってきて欲しい”や、”携帯電話やパソコンを持ってきて欲しい”など、およそ妻の言葉ではなく、第3者からの要求が伝えられました。わかっていましたが、「この状況で、娘(孫)が無事に辿りつけてよかった」ではなく、”都合のよい要求”だけでした。これが、私の大きな”怒り”になったのですが、そのときは返す言葉さえも震えました。相手側の話しを伝えた調停員には罪はありませんが、調停に第3者が介入しているのでは?と思いたくなるような出来事でした。妻の実家には、インターネットに繋がるパソコンもあるし、本当に妻が必要で、自由に使える携帯電話を持たせる気持ちがあるならば、新規購入すればいいでしょう。なりふり構わず、尾鷲から出しておいて、また、尾鷲に戻ってきてからの妻は、パソコンも携帯電話も、思うように使えない状態で、当初は自由に持たせていましたが、いつの間にか、金銭の発生するサイトにいくつも登録などしていて、解約や解除するのに苦労をしました。同じ内容のメールを何度も送り、返事を出す相手先も間違え、または夜中でもやってしまうので、夜中には使えないように、携帯電話も制限をかけて持たせていたのです。


今回の調停は、当初は妻に会えるかどうかは保証されていない状況でしたが、調停が始まったあとに、妻からも娘に会いたいとの返事があって、急遽面会が実現しました。30分ほどの制限時間でしたが、妻の容姿はさらに変化をしていて、娘は顔をじーっと見つめたままでした。容態は”良いといえる状態”でしたが、それは考えられる最高の治療をしてきた結果であり、だからこそ、次の治療をしたいとの気持ちはいまでもあります。色白だった手足が、さらにところどころ変色して細くなり、さらにむくんだ顔を見ていると、本当に焦る気持ちになってしまいます。しかし、言葉も前よりはスムーズに出ていたし、いくつかの問いかけもありました。表情もでていて、もっと一緒にいたい気持ちになります。でもこれって、自然なことですよね…今回も、お菓子を用意していて、娘に食べさせたり、私にも食べさせてくれましたが、いつの間にか、妻自身が一番食べる状況は、病気になってから変わっていませんでした。判断や理解、抑制が利かない状態は、伊勢や千葉での主治医からも言われていたことであり、それが悪化することはあっても、治癒することはないと言われたことを思い出しました。今回も気になる質問などはしませんでしたが、たまにしか会えない現状や、ここまで娘がどうやってきているのかなど、およそ理解できていないだろうと感じる発言などもあって、ますます「時間がない」と思うばかりです。

しかし、オカンに馴れてきた娘は、オカンの首っ玉に手を回し、あちこち手で触って感触を感じ取っているようでしたが、制限時間が来て部屋を出るときには、「オカン、いっしょにいこ」って手を引きました。突然の娘の問いかけに、オカンは弁護士を一瞬見た気がしましたが、なによりも一番辛い場面でした。「オカンは病院いくんやで」と、私がその凍りついたような空気を開放して、娘を抱っこしましたが、なにひとつ本望ではありません。2歳になったばかりの娘に、一番当たり前のことがしてやれない状況をつくっているのは、私でも、およそ妻でもないはずです。「どうして妻は、娘の手を離してしまったのだ!」という気持ちがないわけでもありませんが、それを理解出来ない状態が、妻の病気であり、弁護士を見た答えだとも感じるしかありませんでした。「オカン、びょういんいくん?」って、別室に戻ってきた娘が開口一番に言いましたが、それまでは無言のままでした。私は、大人の都合で、娘に嘘をついています。矢面に立つしか無いのは私ですが、本当につらい場面です。

また、今回の調停でも、妻側の第3者からでしょうが、”妻の治療費が負担になってきている”と、調停員からの言伝がありました。いまさらながらに、治療費(生活費)の要求をしてきたことになるので、「私と娘のもとに返してくださるなら、お金に糸目を付けず、今まで通り最高の治療と環境を用意しますが、私が用意していた(介護用の)オムツまで置いていって病院からいなくなったのに、いまさらお金を要求するのはいかがなものかとお伝え下さい」とお断りをしました。そう言えば、妻の住民票が、尾鷲市から倉吉市に変更される直前に、私の家には証書が無い”生命保険会社”からの”治療費の請求”についての封書が届いていました。その内容は、”高度障害に支給される治療費”のものでした。しかし、妻がまさにそのような状態であることは、妻の実家周辺には隠し伏せられているばかりか、「病気は治った」とも言われているようです。なのに、しっかりと請求しているあたりが、なんとも不可思議といえば不思議です(私の憶測もあるので、間違っているかも知れないのですが)。そもそも、娘に会うことを前提に、一連の調停は進められていますが、妻側からは、お金の臭いが絶えることがありません。私は出し惜しみしているのではなく、しかるべき治療もしているか定かでないのに、しかも、妻が受け取りになっている多額の治療費などを、すでに第3者に振り替えているのに、あの金額以上を消費しているのかとも勘ぐってしまいます。私は、妻が娘の母親としていられるならば、どんなことを投げうってでも、その瞬間を大事にしてやりたいと考えるだけです。

第3者のことは別にして、妻の弁護士にも一定の理解をしていただいていると思うのですが、調停員の采配により、今後も娘とオカンの面会は、新たなステージで行われる公算になっています。来月も裁判所に出向きますが、これが最終となる可能性が大きいです。長い道のりでしたが、私もかなりの感情や気持ちや本音を押し殺して、娘と妻ににとっての最良の結果を導こうとしています。もちろん、家族3人が、いつでもそばにいる状態が自然なのですが(本当は、娘のためにもそうしたい!)、妻からその言葉が出ていない以上は、それが本音かどうかを探るよりかは、この瞬間の最良を選択するしかありません。もしも、それを壊そうとする事態になるならば、また違ったステージにもなってしまいますが、そのときは泥沼になるばかりか、娘とオカンの距離はどうなっていくのだろうかと不安にもなります。私にも、譲れないギリギリの線があります。また、これが、民事の現実なんだろうなと感じています。

離れていても、娘とオカンとオトンは、家族には違いないです。しかし、現実は違います。でもね、その現実を娘にも背負わすのが、本当に本当に辛いです。「オカン、いっしょにいこ」って言った娘の言葉には、子どもながらにも、たくさんの”一緒”が詰まっていたはずです。甘えたい時期だし、オカンでしか与えられないこともあります。そんなことは、病気であること以上に、大切にせなならんことだと思うのです。本当に、生活費や治療費に苦労しているのであれば、いままでのことは一切無しにしますから、妻を、寿美子を、私と娘のもとに返してください。妻の両親であるあなたたちが、「娘のもとに帰ってあげなさい」と言ってくれさえすれば、妻も合点がいくでしょう。それが、本来の親のあるべき姿ではないでしょうか?妻の両親には、妻以外にも、2人の子どもがいます。しかし、私や妻には、1人娘しかいませんし、どんなに状況が好転しても、娘には兄弟姉妹ができることはありません。この違いは、実は大きな違いになるはずです。私たちが大事にしてやらないとならないのは、娘の人生ではないでしょうか?

結局、今日は帰るしかなくなったので、午後に倉吉をあとにして、21時ごろに尾鷲に帰って来ました。「もしも」に期待し、連泊の用意もしていましたが、そこまでは望めませんでした。幸にして、帰着前に寝てくれて、そのままベッドに運びました。ありがたいことに、オムツとパジャマの下だけはき替えて、いまは高いびきで寝ています。しかし、前回の9月のとんぼ返りよりはましですが、いろんな面でさすがに疲れます。大人がこれなので、娘の疲労は精神的にもあるでしょう。それが見えない、出せない年齢だけに、本当に申しわけない気持ちでいっぱいです。

誰にも罪はありません。でも、現実から逃げるわけにも、悔しい気持ちを全て封じ込めることもないでしょう。ここまでブログに書くと、いろんな面で心配をかけ、不利にもなると思いますが、これが私の人生であり、私自身です。その娘だから仕方の無い”試練”かも知れませんが、私が乗り越えなければ、娘が路頭に迷ってしまいます。

大丈夫、いまの私には、この件での迷いはありません。

by kurage874 | 2011-10-25 01:48 |  さらさに贈る言葉
<< 【紀伊半島生活取戻し隊】第8次... 【紀伊半島生活取戻し隊】第7次... >>