海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
限られた時間のなかで…
6日から8日まで、気が重い時間を過ごしました。

「真実は一つしか無い」との気力で支えられています。

都合よく、無責任に加担し去っていった人たちには、この苦労と苦痛はわかるまい。ましてや、娘にとっては、どれほどの精神的な苦痛になっているのかが、将来を考えても大きな不安です。片道6時間から7時間かけ、20分しかオカンに会えない現実があるのです。あなたたちには、わかるまい。

今回の結論としては、”同居を求める調停”がうまくまとまりませんでした。しかし、後退的な破綻ではなく、もう少しじっくり練り上げようとする意欲的な継続です。私も納得し、来月の中旬に最終の結論を出すことになりました。最終とは、担当する裁判官より”同意書”が提案されます。裁判で言う、判決みたいなものです。

まとまらなかった内容は、ようは金銭的・物品的なものです。調停の趣旨から言えば、妻が要求しているのですが、はたして本当に妻自身が要求しているのかは不明です。調停員を通して突き詰めていくと、結局は妻の言葉かどうかがあやふやです。妻にも直接聞いた項目があるのですが、「携帯電話(あるいはパソコン)は自由につかえんよ」、「年賀状も出せんね」って返答があるのに、「携帯電話やパソコンを返して欲しい」、「年賀状を返して欲しい」などと、ほんまに呆れるくらいの要求があるからです。もちろん、通帳や保険証なども含まれおり、これらを一つ一つ明記しなければならないので、そのすり合わせに時間がかかります。もちろん、生活費も、医療費も請求されています。

妻からだという調停員の言葉を聞いているうちに、「だったら妻を還してください」と何度もお願いする自分自身が虚しいです。5月末に尾鷲の病院からいなくなったとき、私が買っていた介護用のオムツまで、連れ出した人たちは置いていきました。それ相当の覚悟があったはずで、「どんな手を使ってでも対抗したらいいわだ」とまで言われたのです。それが、いまや「生活(介護)が大変」、「費用がかかる」などと言われては、治療もロクにしていないばかりか(主治医に問い合わせ、病院に治療などの照会も一切していない)、自宅介護をしている無理があるのではと感じます。

間違いなく、自信をもって、妻の病状や状態に関しては、私のほうが理解があるはずです。「倉吉で最新の治療を受けさせる」とも言われましたが、県内すべての病院を調べ上げた限りでは、最先端治療は無理なようです。というか、重粒子の治療よりも高度な医療は、はたしてあるのだろうかとも思います。それ以上に、娘と妻の、家族の時間が20分しか確保できない現実を、私はなんとかしないとなりません。そのためには、煮え湯を飲んでまでも、現状を理解しながら、不可思議な要求や意見であっても、紐解いていくしかないのです。本当に、誰と”調停”しているのかがわからくなります。

今回で、オカンには都合3回会えましたが、時間にすれば1時間半程度です。しかし、会うたびの娘は、走り寄ってオカンに腕にしがみつき、「かあちゃんいかんの?」って聞くのです。その返答に困る妻を横目に、弁護士や調停員を目の前にして、「この娘の言葉をどう処理すればいいんだろうね」って言うしか無いのです。なんで、家族の時間を監視され、大人げなく涙せなアカンのかと思う場面です。最後にわかれるときの、「かあちゃんいかんの」は、いつまでも耳につくのです。いったん部屋を出ると、娘はほとんど口にしませんが、「かあちゃんきゅうきゅうしゃでいくん」って言ったきりです。

そう言えば、妻は自分自身の結婚指輪を、あずかっていた私の指から持って帰りました。尾鷲の病院に入院したとき、看護師から「体を拭くときに邪魔になるので」と、あずかっていたのです。それ以来、私の小指に収まっていましたが、それを見つけた妻が、「して」って左手を差し出したのです。それすらも、弁護士や調停員に確認しましたが、当然のように許可されて、2度目の結婚宣言をした気分になりました。じーっと娘が見ていたのが印象的で、「無くすない」とおどける私に、妻は子どものようなハニカミをしました。次回におうたときも、ちゃんとしていることを願います。娘だけでなく、弁護士、調停員、裁判官の前で、妻は自分の意志で”この行為”をしたのですから。

私は、娘と母親、家族の時間を確保することに躍起です。そっと還してもらえれば、何事も無く解決ですが、金品がそれをそれを邪魔しています。その解決もせねばなりません。私はひとりで娘を育て、こうして調停にも赴いています。こうした行為に関しては、一切の要求も要望もしていませんが、当然のようにそれに対しての反応はありません。ひたすら要求です。しかし、娘は今後も成長し、あらゆる現実を知る立場にあります。その傍らに妻がいないのは、あまりに不幸です。なので、向こうの要求をすべて飲むわけにはいかないし、そこまでお人好しではありません。

時間ばかりかかりますが、すべては娘のためであり、いまやるしかない、親としての責任です。親は、子どもを全力で守り、借金してでも子どもためを願うものです。私は、すべてをなげうってでも、娘のために生きていくのです。これ以上、大人の都合で翻弄させてはなりません。それが運命とかほざくならば、その運命をかえるのが、親の私の使命で責任です。

絶対的に、娘にはオカンが必要です。
オカンにも、娘が必要であるはずです。
それが、私たち家族の支えであるのです。

by kurage874 | 2011-11-10 02:03 |  さらさに贈る言葉
<< 【紀伊半島生活取戻し隊】第10... 【紀伊半島生活取戻し隊】第9次... >>