海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
名古屋アンパンマンミュージアム
いやあ、凄すぎます、やなせたかしさん!

子どもの心を鷲掴みにするアンパンマンは、おそらく子どもの成長の過程で外せない存在になっているんだと実感した。あそこにいた子どもの眼の輝きが違ってた。もちろんですが、うちの娘もね。
c0010936_062897.jpg
駐車場より歩く


10時前に出発できて、12時半までに会場入りできた。伊勢湾岸自動車道は、ナガシマスパーランドの駐車場に横付けするかのように下りられるので、「ゆうえんちいく!」の感嘆の声とともに駐車した。しかし、結構な距離を歩くので、Kelty Kids Child Carriers TC 3.0が威力を発揮したよ。
c0010936_0161922.jpg
これが今日のオスマシ顔…


やっとこさ歩いて、アンパンマンミュージアムの前まで来ると、「アンパンマンみゅーじあむあった!」の声に変わり、卒倒するんではないだろうかと心配するほどの喜びよう。しかし、これが今日のピークで、いざ中に入ると、人の多さと、何をするんでも順番待ち、その順番もあってないようなものなので(遊具的なものね)、娘は遠慮がち子になってしまいました。まあ、あの人の多さは、尾鷲では体験できないもんなあ。
c0010936_018273.jpg
しょくぱんまんさま~


c0010936_020720.jpg
だけどこの表情…


何が困ったって、娘のトイレ。男性用には子ども用がなく、娘にトイレをさせることができない。仕方なく、オムツにひらせてオムツ台で交換した。なんだか、娘に屈辱を与えたような気がした。しかし、トイレが済むととたんに機嫌が戻り、再びアンパンマンに酔いしれた、はず。
c0010936_0245033.jpg
かじりつき


ここが一番気に入っていたかも知れない。アンパンマンたちのミニュチュアがあって、目移りするほどの数と情景もあり、かじりついてた。しゃがんだところには、バイキンマンのモグラ型マシンもあって、それを見つけて嬉しそうにしてた。どこにいっても、アンパンマンで、それよりも遥かに多い人だかりに、グッタリしている大人も多かったなあ。
c0010936_0303789.jpg
ドキンちゃん


ドキンちゃんとバイキンマンの着ぐるみが出てくると、さらに人だかりができた。ちょうど近くにいて、恐る恐る遠慮がちに握手をしてもらいにいくのだが、「おとうきて」と目で合図する。仕方が無いので、近くまで手を引いて、ドキンちゃんに聞こえるように、「握手しいな」って声かけた。やっとこさ握手をすると、満面の笑みで戻ってきた。
c0010936_03437.jpg
「とんねるっ」て言ってます


c0010936_0342579.jpg
一番の笑顔かな


子どもは、こういうくぐったり、のぼったり、すべったりが大好き。娘も、雨で人が避けているのをいいいことに、ここぞとばかりはしゃいでた。親子とも雨が平気なので、この時間は気にせずに遊んでたな。って、それほどの雨ではなかったけどね。これは、尾鷲で仕込んでるしな。

雨も降ってきて、2時間もいいへんかったけど、お昼ごはんをジャズドリーム長島で食べた。しかし、ここがダダゴミで、親子2人だと席をとっておくこともできず、かといって注文も長蛇の列で、ほとんど客がいなかった”伊勢うどん”で注文した。早々と伊勢うどんとミニ天丼のトレイを持ったが、やはり座ることができず、「さらちゃんたべるん」って悲痛な声を聞きながら、30分近く待って席を確保した。

席に着くと、おかげでたくさん食べてくれて、オトンの分はちょっぴりになった。2度目の注文もする気になれず、お腹が空いたまま出てきた。もちろん、娘はゴキゲンで、「たべたねー」だって。グスン。しかし、子連れの親子2人は、こういうときに困るなあって実感した。寂しいもんだねえ。

何か子ども服でもこうてやろうと歩いたけど、迷子になるばかりで、後半はグダグダな状態で帰ってきた。「まだあそぶー」の娘も観念したらしく、最後は車に乗るなり寝てしまった。そりゃあ、疲れたやろなあ。なんか、子どもも大変って気になったよ。

早いうちに尾鷲に戻り、夕食の支度も待ちきれず、台所に横に立ってツマミ食いをするくらいだからよしとしよう。アンパンマンミュージアムのパンフレットを見ては、「これいったねー」ってはしゃいでいるしね。夜の寝付きもよく、明日は早起きだろうなあ。

妻よ!オトンは娘をナントカカントカ育てているぞ!!

by kurage874 | 2011-11-24 00:54 |  さらさに贈る言葉
<< ランチの時間に迷う 平成23年度チェーンソー伐木研... >>