海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
USJでMSPに酔いしれる
楽しいこともないと、娘に顔向けできませんからね。

いつもなら、倉吉市内まで走るのですが、今日はユニーバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のオフィシャルホテルで途中下車です。調停の直前に、誰かのエゴで妻には会えなくなったので、娘に”ピカピカ”を見せてやることにしました。そのため、ゆったりとここまで来れたし、夕食も豪華にいただきました。そして、20時からのマジカル・スターライト・パレード(MSP)をみるためだけに、大人4,800円のチケットを買いました。
c0010936_23113030.jpg
ギネス認定の電飾ツリー


ツリーの前に陣取り、15分ほどで電飾エルモがやってきました。
それまで、退屈になってきた娘でしたが、まちの灯りが消え、パレードの合図がはじまると、目が点になるほどの驚きようでした。「ばいばい」を繰り返しながら、巨大な”ピカピカ”が通り過ぎるのを眺めていました。
c0010936_23143573.jpg


c0010936_2317969.jpg


c0010936_23182357.jpg


眩いばかりの電飾と、腹に響くような音響で、なんだか異空間を感じながらも、「どこまで楽しんでいるのかなあ」なんて考えていました。昨年のいまごろは、妻と3人で、尾鷲市内の”ピカピカ”を見歩きました。 そのときは、娘は3輪車だったし(いまは大きなって乗れないかも)、娘以上に妻が無邪気に喜んでいました。
c0010936_23232233.jpg


c0010936_23243560.jpg


あっという間でしたが、見ごたえあって、娘もしきりに声援を送っていました。終わると、急に電池が切れたように、眠たくなったようでした。ホテルまでの道のりは、オトンの背中で眠っていました。まあ、夜更かししましたからね。いまはもうベッドの上で熟睡しています。

明日は、少々早起きして、午後からの調停に間に合わせます。夕方くらいまでかかるので、そのまま宿泊です。近くにいるのに、オカンに会えない娘を思うと、やはり悔しい気持ちでいっぱいになります。この状態は、いつまで続くのだろうかと思います。娘のことよよりも、お金が先行するなんて、ほんま情けない限りです。

USJは、家族の風景だらけでした。

by kurage874 | 2011-12-18 23:30 |  さらさに贈る言葉
<< 違和感と嫌悪感 アフリカンドラムが似合う >>