海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ひとりぼっちではないよ
イヴイヴの昨日は、娘と2人でのんびりしました。

去年の今頃を思い起こすと、なんだか悲しくなってしまいます。過去を振り返るのは、ときとして必要だと感じるので、こうしてブログなどに残しているのですが、やはり辛い気持ちにもなります。1年前には、家族は家族として成立していたのに、1年も経たないうちに、お金を巡る争いに発展しようとしています。その金の大半は、たいしてありもしない預金通帳や、死んでからしかもらえない生命保険なんかです。命ではなく、紙切れに翻弄され、一番に迷惑を被っているのは、妻が48時間かかって産んだわが子です。
c0010936_2356498.jpg


先だっての12月の調停で、長かった調停も終わるハズでした。妻の弁護士にも理解をいただき、調停員を交えての話し合いは、”娘を中心に考える”ことで合意するハズでした。しかし、妻の弁護士を解任させ、新たに弁護士を立てなおした勢力が、その合意も娘のことも反故にして、お金に走ってしまいました。しかし、その徴候はあったので、後半の調停は、お金がらみかモノがらみの話ばかりになり、「妻と調停しているというよりか、妻の後ろにいる勢力と調停している気分です」と憤慨もしていました。いつしか、妻の状態をよいことに、娘のことより、お金とモノにすり変わっていきました。
c0010936_2356383.jpg


この日の調停は、弁護士が変わって日程が都合つかず、妻も不在のままでした。大人は理解できても、 娘にはとうてい無理なので、「かあちゃんおるん?」、「これあげるわ」って、倉吉の裁判所駐車場に転がっていたモミの実をひらい集め、いつもの調停室に入ったのです。重苦しい表情の調停員の前でも、「かあちゃんにあおか」って言うので、悔しい気持ちと、怒りしかこみ上げてきませんでした。当然、振り出しに戻るのかどうかもわからないので、あまり進展なく話が進みました。しかし、新たに資料を提供し、私なりの覚悟をお伝えしました。次回の日程が組まれましたが、双方の都合がつかず、2月になることだけは大まかに決まりました。娘は、来年2月までオカンには会えないのです。

「かあちゃんおらん…」

そう言って泣きべそかいた娘は、世界で一番不幸だと感じました。どう幸せにしてやろうかと、すぐに思い直しましたが、当然のようにオカンに会えると信じてた娘は、大きな大きな心の傷になったかも知れません。そういう些細なことでも、大きくなったときに説明する責任が、親としての私にはあります。胸が張り裂けそうですが、そのときの補完として、このブログには真実を書いておきます。どんなに他人が後ろ指をさそうとも、このブログを馬鹿にしようとも、家族が第3者によって家族でなくなり、離れ離れになった現実を、成長する娘に話をしなくてはならないのです。過去のブログを読み返しても、妻が入院中でも、退院したあとでも、妻の後ろにいる勢力とは、お金がらみでうまくいっていなかったのは明らかです。そして、今回のこの結果は、さらに娘が妻に会えない事態を招こうとしているかも知れません。

娘がオカンに会えないのに、倉吉で妻に会えている第3者らがいるとすれば、その現実をどう感じているかを聞きたいくらいです。実の娘が裁判所でしか会えなくて、さらに会えない状況に追い込まれているのに、妻に会いにいける第3者らは、どのような気持ちで行っているのでしょうか?その第3者には、子どもはいないのでしょうか?家族はいないのでしょうか?ここまで来ると、さすがにそんなことも考えてしまいます。以前には、そんな第3者に非常に冷たい仕打ちも受けたのですが、私が妻の後ろにいる人たちを”勢力”と表現しているのは、私たち家族に悪意をもって介入しようとする人たちがいるとすれば、私は娘のためにも断固として立ち向かう必要があるからです。

妻は、自由に電話をすることができないそうです。
妻は、自由にインターネットもできいないそうです。
妻は、自由に娘には会えないそうです。

確かに、妻の今の状態では、誰かの介助なくしては、電話もパソコンも使えないでしょう。裁判所で会ったときに、妻にも確認したこれらの事実は、後ろにいる勢力の悪意を感じることばかりです。それは、あちこちにいるかも知れないし、尾鷲にいるかも知れません。いつしか、ちゃんと尻尾を捕まえて、私と娘が負っている心の傷を、ちゃんとわかってもらおうと決めています。少なくとも、娘を守ってやるのが、親の私の務めです。

娘には、将来があり、未来があります。しかし、望んでも、娘には弟や妹が存在しません。私と妻の間の子どもは、さらさという娘ひとりだけなのです。昨年のいまごろだったか、妻がふと言いました。「体外受精とかできないかな?」私は、涙を堪えるのに必至で、いろんなことがいっぺんに頭を駆け巡りました。”代理母だよな”、”妻の卵子は大丈夫なのか?”、”そこまでする必要があるのか”…間違いなく、妻は娘の将来を考えての言葉でした。その時の答えは、「まだできる治療はあるよ。なんでも試してみよらい」でしたが、妻の希望を叶えてやりたいと思いました。

まともな治療も検査も受けていない妻には、どう考えても時間がないのです。だからこそ、調停では同居を求めずに、娘と妻が会えることを願ったのです。そして、娘の将来があるのです。

by kurage874 | 2011-12-24 01:05 |  さらさに贈る言葉
<< クリスマスイヴ 【尾鷲の事業所限定】1月の尾鷲... >>