海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【クリスマス3部作】娘とだけ、過ごしたよ ~海月的熊野を感じる旅~
明け方には粉雪が散っていました。
ホワイトクリスマス期待したのになあ。

今日は、ちょっと前から気になっていた場所へとドライブしました。海月的な”熊野を感じる旅”ですが、イマジネーションたっぷりなので、「それは違うやん」ってツッコミはご容赦願いますね。
c0010936_0203130.jpg
中上健次の海


娘と早起きしたつもりが、いつもの朝食に手間取って、出発は昼前近くでした。しかし、どうしても行っておきたい、確認しておきたい場所だったので、スイスイと車を走らせました。娘がそのうちに寝たので、熊野灘のキラキラを見ては、中上健次の作品を思い返し、秋幸の言葉を頭でつぶやいてみました。当時の僕は、秋幸になりたかった時期があったのです。
c0010936_0145032.jpg
残る流木


一方で、海岸には流木が残されたままです。ボランティアや地域住民が片付けてはいますが、最終処理には至っていません。そこまで手が回らないのは承知なので、僕らもなんとかしたいと計画しています。来年2月の中頃を想定していますが、この件についてはまたお知らせします。そのときは、熊野の民に集まって欲しいです。流木の多くは、私たちの先祖が植えた木々も混じっています。
c0010936_0213771.jpg
電柱の上部まで浸水した場所


c0010936_0223186.jpg
三和大橋も濁流が越えた


国道42号から、国道311号に入り、紀和町を通過して、国道168号を走りました。9月の台風12号で、大又川が七色ダム、小森ダムを経て北山川になり、十津川川と合流するあたりでは、大きな被害を受けました。いまも、水害の爪跡が残っており、地域住民が片付けている姿があちこちにありました。想像を絶する水位上昇となり、あの三和大橋も水が越えたと聞いて、いまは穏やかな熊野川からは想像がつきかねます。
c0010936_0285737.jpg
三和大橋から見る熊野川


c0010936_0294315.jpg
行き先はこっち


行きたかった場所は、紀和の楊枝薬師で、今年になってからですが、関連する夢をよくみました。ここからが、イマジネーションの始まりですが、まず水害が起きる前から、楊枝薬師が気になっていました。それは、ここが頭痛などの平癒に効く薬師堂で、多くの参拝者が訪れる場所でした。頭痛に関しては、由緒あるお堂なので、これは妻の脳腫瘍に関連して気になっていたと推測できます。しかし、水害後は、夢でも見るようになり、いつだったか三十三間堂で通し矢をする夢まで見るようになりました。
c0010936_0373776.jpg
楊枝薬師堂


c0010936_0381698.jpg
由来


確か、お柳は大きな柳の木の精霊で、京都の三十三間堂の柱に寄進されるときに、切られると同時にいなくなったはずです。そして、このお堂の前まで川を下って運ばれてきたとき、どうしても動かなくなったのです。そして、いなくなる前に夫婦になっていた子どもが、その柳の木をオカンと言い出して、子どもがその木に声をかけると再び動き出したという話がありました。その慰めに、このお堂を建立したと聞いたのですが、おそらく、自分の家族に重なる部分もあったと思います。さらに私は、京都の寺社には皆目疎いのですが、三十三間堂だけは、行くと心が鎮まる言うか、凛となるお堂なのです。
c0010936_044568.jpg
中はガランドウになっていた


しかし、思った通りに、または聞いていた通りに、いまは本尊も何もなく、なかは空っぽでした。このあたりまで水がついて、あたりは殺伐としたままでした。チェンソー部隊が活躍できそうな有様でしたが、ひとつ不思議もありました。娘が、「ここきたことある」って喜んで走りまわっていました。これも、子どもの戯言でしょうが、ちょっとドキッとしました。聞き直すと、「さらちゃんきたよ」と自信ありげでした。もしかすると、来ていたかも知れないし、それは僕にも言えることなのです。夢でね。
c0010936_049123.jpg
対岸に、ジェット船乗り場があります


でも、来てよかったです。何かを感じるほどもなかったし、期待したよりも普通でしたが、胸のつかえが落ちた気もしました。妻のために来たかったからかも知れないし、夢にまで見るくらいですから、何かあったことは確かでしょう。ここに実際に来たのは、おそらく2回目ですが、1回目は幼少の頃だっと思います。記憶にちょこっと残っているくらいですが、頭痛に効くお堂ってのが、子どもながらに”怖かった”記憶があるのです。
c0010936_0554086.jpg
熊野倶楽部


お堂をあとにし、新宮市内まで下って、遅い昼食とイオンで買い物しました。だんだん寒くなってきて、熊野倶楽部まで来る頃には、陽もどっぷり暮れていました。娘も寝てしまい、起きるまで待ってから(さすがに最後は起こした)、温浴施設を楽しんできました。娘も大きな風呂は大好きなので、ちょうどよいクールダウンでした。それにしても、日没前の熊野の山並みは、なんだか物悲しいけど最高です。淋しさと神々しさの中間のようで、なんとも旅に出たくなります。こんな気分になるのは、僕だけだろうな。
c0010936_114057.jpg
ハイポーズ


c0010936_121229.jpg
お気に入りになった


熊野倶楽部の湯浴みぼっこは、贅沢な造りと空間を演出しています。湯も海月にとっては適温で(ももう少し熱い場所があってもいいだろうけど)、子どもにも安心な深さです。しかし、いつも客が少なく、誘客自体に力を入れていない気がします。そういうコンセプトならいいですが、非常にもったいない気がします。というか、とっても熊野らしくないのです。せっかく、よいロケーションもあるのに、もったいない限りです。それでも、娘にとっては「おっきいねえ」と好評で、湯上りも贅沢なソファに転がったり、写真の熊野古道を模したヒノキを歩いたりと、ご機嫌でした。
c0010936_174949.jpg
ピンぼけた


尾鷲に戻って来て、今日は2回目の外食でした。中華飯とラーメンをよく食べてくれて、野菜好きには感謝感謝です。大陸出身の店員さんに「ニイハオ」と声をかけられると、キョトンとしていましたが、「こんばんは」って教えると、「ニイハオ」って小声で答えていました。ちょっとしたニイハオ外交になったかも知れません。なんでも食べる子になっていますが、マヨネーズとか、ケチャップとか、ソースとか、オトンが普段あんまり使わないこの手が苦手です。やはり、家にないのがイケないかもです。どうしようか考えているところですが。

この3日間、娘とだけ過ごしました。クリスマス3部作をイメージしてですが、これは僕にとっては、中上健次の3部作のオマージュでもあります(って書きたかった)。熊野をドライブしながら、もっと海月的な熊野を、娘に託したいとも思いました。まだ、記憶には残らないかも知れませんが、いまだから感じることもあるかも知れません。あらためて、熊野の地で生まれた娘に、熊野を知ってもらいたいとも感じました。

さて、朝になると、もう一つの現実の毎日が待っています。

by kurage874 | 2011-12-26 00:30 |  さらさに贈る言葉
<< 寒く、空気が澄んだ日は、尾鷲湾... クリスマスイヴ >>