海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
オトンの葛藤
大晦日というのに、オトンと娘は、一緒ではありません。

でも、娘にとっては、実家で姪っ子たちといる方が、そりゃあ楽しいのに決まっています。どちらかガマンをするとすれば、それはオトンがするべきことです。もちろん、オトンが実家に行けば、娘とは一緒だし、解決する話かもしれませんね。

しかしね、オトンは娘と2人での年越しをしたかった。

去年は、妻と3人で年越しをして、いま思えば夢のような時間を過ごしていました。もう、そんな時間を共有することが、できない可能性が大きいのです。女々しいかも知れないけれど、そういうことに浸りながら、オトンは娘と2人きりがよかったのです。そういう気配りが、実家にはないのもわかっているし、オトンだって、娘が楽しい方が、嬉しいのです。でも、でもねってのが、あるんです。

夢古道の湯に行って、はまやの蕎麦を食べて、いつも通りの時間に寝るってのを、この尾鷲の北浦でしたかったのです。もはや叶わない夢なので、オトンは少々傷心なのですが、家族ってなんだろうってのを、考えに考えた1年でした。生きているのが辛くなるくらい、でも娘がいるから、歯を食いしばれる、そんな1年だったのです。

この件について、実家とはいつもひと悶着あります。今日もそうでした。姪っ子の1人が実家に泊まりに来たので、娘も続けて2泊してました。オトンは2日間、そりゃあ友人たちとの夜を過ごせたけど、転げ回るように楽しいわけでもありません。フクザツな気持ちってのもあるのです。でも、そういう息抜きも必要だし、実際にも息を抜いています。なので、今日の大晦日は、予定もなにも入れずに、娘を連れて帰る予定でした。

しかし、姪っ子家族がひと足先に実家に来ることを電話で知って、それまでの状況が変わりました。もう1泊ってのが、実家の思いにあったし、オトンにとっては、フクザツな気持ちが交錯しました。オトンが泊まりに行けばいいってわけではない事情があるからです。でもそれは、オトンの独りよがりな気持ちだし、娘にはいい迷惑かも知れません。いや、姪っ子たちや実家のじーじやばーばといるほうが、親子2人の空間以上の楽しさがあるのもわかっています。

結局、なにもできないまま、オトンは独りです。でも娘は、ガマンばかりしています。母親の愛情をもらえず、抱っこもしてもらえず、いっしょにいることができないでいます。そのぶんを何とかしたりたいと、オトンが精一杯、愛情を注いでいますが、それだけでは解決しないこともあるのです。わかっていることだけに、頭の整理がつきません。

どこかで、いまの試練を、娘と共有したい自分自身がいることもわかっています。それは、娘にとっては酷な話なんだけど、避けては通れない現実でもあると思うのです。家族が引き裂かれ、いるのにいないという現実を、私たち親子は忘れたくても忘れられないのです。娘には酷かもしれないけれど、一生背負っていくことになるであろう心の傷を、いまから共有しておきたいオトンなりの考えがあるのです。でもそれは、評価されないことだろうし、オトン自身にも、大なり小なりの迷いがあるのです。ちょい、大袈裟すぎなんやろけどね。

ある時間になれば、オトンはお出かけします。今日は、ひとりでは家にはいたくないし、かといって、実家に行く道理も見つかりません。いっそうのこと、今年最後の「仕方がない」という心の落ち着きどころを、どこかでやっておこうと思います。

今日の尾鷲には、まちのあちこちで家族の風景があって、顔見知りにあっても、「娘さんは?」って聞かれるのが、実はとても辛い瞬間でした。娘と2人で闊歩して、そういう1年の締めくくりをしたいと思っていただけに、オトンの葛藤があるのです。

気持ちの高ぶりがあるだけに、今日はこれでよかったと思います。

by kurage874 | 2011-12-31 20:13 |  さらさに贈る言葉
<< 逃避行で明けた新年 尾鷲で、本場秋田のきりたんぽが... >>