海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【熊野レストレーション】大泊海水浴場の流木等清掃プロジェクトについて
いよいよ皆さまの出番になります。

関東に拠点を置くIVUSA(国際ボランティア学生協会)と地元住民(NPO組織も)、そして、われわれ元紀伊半島生活取戻し隊(現在は、熊野レストレーション)による共同のプロジェクトになります。やっとこさ、それぞれの調整が済んだので公開します。
c0010936_2334384.jpg
大泊海水浴場(10月初旬に撮影)


おおまかには、IVUSAより約120名の学生が参加し、2月11日(土)~17日(金)までの1週間で、延べ800人を目標に大泊海水浴場の清掃をします(夏の海開きまでには片付けたい。いまは地元民だけで片付けています)。また、この時に合わせて、チェンソーのデモンストレーションや流木処理等ミニ講習が出来ればとも計画しています。

『大泊海水浴場復活!プロジェクト』活動内容と参加のお知らせ

■主催:『大泊海水浴場復活!プロジェクト』実行委員会
■協力:大泊地区、IVUSA(国際ボランティア学生協会) 、熊野レストレーション
■後援:三重県(予定)、熊野市
■場所:熊野市大泊海水浴場
■目標:漂流物や流木などの撤去、海水浴場としての機能回復
■日時:2月11日(土)~17日(金) 9時開始、16時終了予定 1日でも可能
※14日午後から、17日午前まで、IVUSAの学生ボランティアが参加します
※IVUSAは、関西の学生を中心に、約120名が来熊します。自炊するので支援を求めてます
■集合:現地集合(集合場所の詳細は、追って告知します)
※天候などの状況による中止の判断は、現地集合場所になる可能性があります。要問合せ
■保険:各自ボランティア保険に加入のこと(最寄りの社会福祉協議会にて加入可能)
※チェンソー使用の場合も、社会福祉協議会のボランティア保険が適用されます(確認済)
■条件:健康な18歳以上、18歳以下は、保護者の同意が必要、小学生以下は同伴
■持物:動きやすい服装、着替え一式、運動靴、手袋、飲料水、弁当(昼食)
■宿泊:尾鷲市内に雑魚寝できるスペースを確保します(前泊、中泊、後泊可能、要相談)
■注意:チェンソー使用は、実践スキルのある方で、使用の可否は主催者の判断になります
※流木処理等に対応するチェンソーの講習会も開催予定です。詳細は、追って告知します

◆問い合わせ先&申し込み先
 東紀州コミュニティデザイン
 防災・減災事業部 端無徹也(はなしてつや)
 kurage874@mbd.nifty.com・090-8658-6601

◆Facebookでも募集しています
http://www.facebook.com/events/248837545172378/#!/events/329999613695641/

まずは、皆さまの日程調整をお願いします。
また、こちらで関わってくれる事務局スタッフなども募集します。

皆さまの協力と支援をよろしくお願いします。


『熊野レストレーション』結成のお知らせ

東紀州地域の市民活動支援センターとして運営している東紀州コミュニティデザイン(事務局は尾鷲市内)には、4つの事業部のなかに、防災・減災事業部があります。地域防災や、減災まちづくりを率先する支援や活動をしており、講演や災害地の支援も積極的に行なっております。昨年は、3月11日の東日本大震災の後方支援を中心に、現地へのスタッフ派遣なども行って来ました。また、9月の台風12号は、中心から離れた紀伊半島南部に、大きな被害をもたらしました。被災前後より、私たちは自分たちに出来る活動を考え、9月6日の現地調査を経たのちに、紀伊半島生活取戻し隊を結成しました。さらに、9月11日より復興活動を開始し、12月11日に活動を終息するまで、通算24日、延べ231名の参加者に活動していただきました。今年に入ってからは、これまでの活動を総括するための会議等を開催し、また多くの意見を集約するかたちで、『熊野レストレーション』の結成に至ったところです。今後は、いままで以上の生活を取り戻すだけでなく、減災を目的にもした平時の活動に重点を起き、裏テーマに災害支援ネットワークを考えております。何気ない日常の率先的な活動が、災害時に力を発揮するよう、さらなる皆さまのご支援とご協力をお願いするところであります。

『熊野レストレーション』活動のお知らせ

本団体の活動の第1弾として、熊野市大泊海水浴場の流木等清掃活動を企画しました。企画立案は、熊野レストレーションですが、地元の大泊地区をはじめ、IVUSAや多方面からの協力を得られることになったので、実行委員会形式にしました。別紙に概要を記載していますので、ご参照ください。また、3月には、第2弾の活動として、熊野市紀和町小船で開催される梅まつりのイベントボランティアなどを企画しております。調整が済み次第に、皆さまにはお知らせをいたしますので、よろしくお願いします。

『IVUSA』について補足

関東、関西の学生を中心に、全国で約1,500名の学生ボランティアを配するNPO法人です。災害支援なども得意とし、今回の災害では、熊野市に計6回、約200人の学生を派遣しました。

by kurage874 | 2012-02-03 10:24 |  熊野レストレーション
<< 尾鷲市街でもさぶ! 【熊野レストレーション】熊野市... >>