海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
決心
急に決まった調停は、なんとも虚しい結果でした。

12月に続いて、今回も娘はオカンに会えませんでした。
会えないのは、妻側の理由からで、法律を全面に盾にされました。

「法律は弱者を救えない」と感じましたが、娘は前回のように泣きませんでした。僕は、それを娘なりの決心と捉え、僕自身も覚悟をしました。これ以上は、茶番劇に付き合うことはないかも知れません。いままでは、オカンの気持ちを察して行動してきましたが、僕がそのように振る舞えば、振る舞うほどに、揚げ足を取られることは明らかです。家族3人の穏やかな生活が望みでしたが、二度と叶うことがないと悟りました。かといって、家族をあきらめたわけでなく、妻の状態をよいことに法律を振りかざす茶番に、相当の嫌気がさしたということです。これ以上は、娘のためにはならないと思うのです。

しかし、法律は正しいです。今回の調停は、妻に同居を求める調停でした。その調停も、先に行動を起こしたのは妻の方です。娘には会いたいと書きながら、尾鷲の裁判所での離婚調停を求める文書が送られてきたのです。しかも、代理人の弁護士を立てていて、今後は弁護士と進めるとも書いてありました。法律用語が散りばめられた文書は、妻の筆記とされていましたが、手紙には別人の筆圧が残っていました。この離婚自体は、同居を求める調停のなかで、妻自身の言葉で、「離婚の意志はない」となりました。僕が行動を起こしたのは、「弁護士が仲介することになった以上、娘がオカンに会えるには、倉吉の裁判所での調停しかない」と考えたからでした。また、妻の容態を考えると、長距離の移動にはリスクが大きいと考えたからでした。

その後、離婚の調停はなしになり、同居を求める調停が、7月からはじまりました。9月になって、久しぶりに娘はオカンに会えるのですが、台風12号のさなか、本当に必至の思いで倉吉まで車を走らせました。それでも、あのときのオカンは、本当に嬉しそうで、そのときに撮影した写真でも、家族の風景がそこにはありました。その後、10月、11月と、裁判所でオカンには会えるのですが、調停自体に第3者の意見が入るようになり、その要求がモノや金だったので、調停自体に暗雲が立ち込めました。また、同居を求める調停であることから、その同居に妻が拒否をしているとされる現状のなかでは、これ以上の調停に意味はなさないと判断されるのも、実は正しいことなのです。12月には、難しい判断のなかでも、家族にとって最良の方法を見つけ出そうとしてくれた弁護士が解任され、オカンに会えると思っていた娘は、これ以上にない大泣きをしました。そして、新たな弁護士が選任され、今回もオカンは裁判所にきませんでした。また、今後も来ないと宣言をされました。同居をしたくないのに、同居を求める調停に参加するのはオカシイということです。

かといって、「妻は娘には会いたがっている」とも言われました。弁護士が調停員を介して言っているのですが、「なら、会えばいいじゃないか。拒んでいるのは妻のほうでしょ」ってなります。僕が憤りを感じるのは、娘と合わせる機会をつくるために、不毛な調停を繰り返し、ましてや長い移動距離を、2歳の娘にさせてきたのです。前泊を必要とし、時間によっては後泊もします。娘のことを考えながら、少しでも家族が再会できることに、妻自身も望んでいたように見えていました。11月には、僕があずかっていた結婚指輪を見つけて、「私に返して」と指を差し出したのも妻からでした。そんな状態だったのに、急に態度を硬化させたようで、一番に悔しいのは、それが妻の意志と解釈されることで、あとは法律を盾にされることです。第3者の顔が見えているのに、すべてが妻の意思とされ、僕は妻と争わなくてはならないのです。そういうふうに仕向けられていることが、本当に嫌になってきたのです。

話は単純です。これまでの第3者の態度を聞いてもあきからであるように、妻を見舞うことができる人たちは、妻の前で子ども話はできないようです。ましてや、僕の話も尾鷲のことも御法度のようです。おそらくは、いまでも妻を見舞うことができる人たちは、僕や娘のことが無視できる方たちで、そういった環境をよしとする人しか、妻には会えない現実があるのです。なので、その現実を受け入れる人たちだけが、娘ですら会えないのに会えるという事態になっているのです。その状況のなかで、妻の意思が思いのままになるのかも知れません。しかし、娘や私と裁判所で会うときは、調停員や弁護士、書記官が同席しているのですが、第3者は別室で待機なのです。それは、第3者にとっては恐ろしい時間だったはずで、この調停の席上で、離婚の意思がないことや、私に対する嫌悪感がないこと、娘や家族を忘れてないことが明らかになったのです。ただ、「倉吉からは離れたくない」と言ったのも事実でした。今回は、これが重要視されて、調停の継続が難しくなったのだと思います。調停自体は、2月にも行われるのですが、この日で終わることになるのです。それまでに、私は調停の取り下げをするか、まさに裁判に持ち込むかの判断をすることになります。2月に倉吉に行っても、娘はオカンには会えないし、「同居はしませんので」って言われてオシマイです。

妻の言い分は、「同居はしたくないけど娘には会いたい。お金も欲しいし、指定された物品も返して欲しい」です。これを叶えてあげるのは、実は簡単なことです(物品には、本人も知らないものが含まれていますけどね)。しかし、娘の育児を完全に放棄しているのに、ましてや娘が毎回のように出向いていることに、何のねぎらいや心配もないのに、言い分だけを叶えることには躊躇があります。しかし、そういったことがすでに判断できかねる状態であることは、3回の再会でも明らかです。だからこそ、妻にとっても最良の方法をと考えてきましたが、勝手に住所を倉吉に移し、「養育はできないので、養育権は父親にあります」と、弁護士に言われているのも事実です。それは、妻の意思ではないように思いますが、妻の意思で育児を拒否しているのと変わりありません。そう思いたくないので、いままでは病気のせいにして前向きに行動してきましたが、本人の意志は明確・明瞭と言われては、そう思わざるを得ないのです。

これ以上、本人不在のような不毛の争いは、娘のためにはなりません。娘に会いたいと言っておけば、その他のことはなんでも融通が効くと解釈されかねません。僕にも覚悟が必要で、きちんとした場で、妻と争わなくてはなくなってしまいます。そのときは、妻が倒れるまでに行った行動、それに加担した人たちのこと、妻が倒れてから起こった他人の行動、病院から忽然と消えたこと、これまでに加担した人たちのことなど、娘を守るために明らかにしなければならないのです。でもそれは、本当に不毛で、僕はいまでも、妻を愛していて、家族3人の生活に戻りたいのです。苦労して娘を産んだ妻に、最後まで母親でいてほしいのです。それは、娘が大きくなったときに、最高の母親であったことを証明してあげたいのです。いまのままでは、オカンのことは話せなくなってしまいます。せめて、娘といてやられることができないのであれば、抱きしめてやれない愛情を、他の形で示すくらいは出来るはずです。どう考えても、それはお金でしかない現実もあるように思います。しかし、そのお金ですら、法的に権利があるので欲しいと言われては、その通りなんですが、関わりがなくなってしまいます。そう言う前に、娘へのいたわりがあって然りです。そこに僕の憤りがあるのです。

妻には最高の治療をしてきました。それは、生きるための希望を捨てないためで、娘の存在があったからこそ、妻も辛い治療に耐えてきました。母親の意地もあったはずです。と同時に、第3者が介入してくるまでは、妻と僕の関係は、いままで以上に最良最高でした。その思いがあるから、僕には未練があるのだとも感じています。千葉での治療を終えた妻は、判断や記憶に障害が残り、その影響が経過とともに顕著に出ることは覚悟の上でした。そのなかで、娘と張り合うことがあったり、僕との時間をより求めたりすることもありました。明らかに、娘に対する嫉妬もありました。それでも、「これからもよろしくお願いします」と、昨年の正月の夜の布団で言ってくれた言葉も忘れられません。妻は、全幅の信頼と自身の命を、僕にあずけてくれていると感じました。だからこそ、最期まで娘の母親でいること、僕の妻でいること、その時間を1秒でも長く続くことに、僕はなりふりかまわず奔走したのです。
c0010936_118136.jpg
昨年2月に撮影


端無寿美子は、僕の妻です。さらさの母親です。
この写真は、2人のお気に入りでした。

しかし、法律の前では、感情ではアカンのです。

僕は、決心をしなくてはなりません。

by kurage874 | 2012-01-24 01:25 |  さらさに贈る言葉
<< 地域円卓会議について~新しい公... 怒号の1週間 >>