海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【熊野レストレーション】大泊海水浴場復活!プロジェクトの打ち合わせ
22日と23日の話題です。アップ遅れました。

IVUSAの事務局と、関西の学生担当が打ち合わせに来ました。
事務局は東京から、関西の学生は、立命館大学からでした。
経費削減に協力し、尾鷲の私ん家の空き家で宿泊してもらいました。
金曜日の夜に尾鷲入りして、私の友人たちと奇妙な夜を過ごしました。
c0010936_1111175.jpg
大泊海水浴場


住民の方によって、流木以外の漂着物の大半は片付けられていました。流木もまとめられていますが、大量の流木が流れ着いています。これを全て片付けるのは難しいけれど、1週間でどれだけのことができるだろうかと見て回りました。
c0010936_1163391.jpg
この浜で最大の流木


23日には、2名の熊野市議の方に案内していただき、熊野建設事務所、熊野県民センター、美し国おこし・三重熊野駐在所、熊野市役所市長公室、大泊区長などに繋いでいただき、顔合わせと打ち合わせをしてきました。こういった作業は、地道な地ならしでもあるので、イベント当日まで、細かな調整が続きます。繋いでくれる人を、私はカウンターパートと呼んでいますが、熊野が在所ということもあり、カウンターパートに恵まれています。ちなみに、私はコーディネーターです。
c0010936_1213646.jpg
どう集めるか、どう処理するか


処理の方法ですが、1ヶ所に集めることで話をしています。ただし、この場所は、近々県による入札が行われるので、その落札業者との話し合いになることも予想されます。業者が入ることがわかっていてと言われそうですが、それではこの地域でのボランティア活動を否定することにもなります。私たちの活動は、一過性で終わるのではなく、その後の関わりも見通して活動をします。IVUSAもその意向であるので、そこに熊野レストレーションが協働する道理が生まれたのです。

あとは、浜辺にコンパネを敷いて、一輪車が通る道をつくります。キャタピラ運搬車も導入しますが(これもボランティアで、熊野市議の方に集めてもらっています)、使い古しのコンパネも集めたいです。また、一輪車自体も、IVUSAが来る後半には、50台は確保したい考えです。それらの支援希望リストを掲載しておきます。

■支援希望リスト
1.一輪車のレンタル
 現地作業用に50台くらい集めます。とくに、14日から17日までを切望しています

2.コンパネの提供
 一輪車を砂浜で走らせるために、埋もれない対策で、砂地にコンパネで道をつくります。使いふるしでも大丈夫です

3.IVUSA(http://ivusa.main.jp/)の食事のケータリング
 約120名が3日3食を自炊します。宿泊先は、熊野少年自然の家です

 3-1.食材の提供 ※米、野菜、肉、水など
 3-2.調理主導や補助 ※夕食の炊き出しの支援など
 3-3.お昼弁当(3回)の受託 ※1食300円~400円
 ※差入れ大歓迎!ただし、費用の一部も負担できます。要相談

4.団体・組織での参加
 多くの参加をコーディネートしていただける方いませんか?声かけや、お誘いをお願いします

実は、このイベントの実行予算は、約15万円です。出所は、東紀州コミュニティデザインが、実行委員会に委託する形を取りますが、100%民間の資金です。もちろん、公的資金を求めたいところですが、なかなか出にくいのもわかります。準備物や、広報などそれなりに資金がいるわけですが、人件費はもちろんのことボランティアです。せめて、チェンソーを使用してくれるボランティアには、支援金を求めたいところでしたが、みえ災害ボランティア支援センターの制度は終わってしまいました。今回は、海水浴場ということもあり、チェンソーのオイルは、植物系に統一します。そのため、チェンソーオイルを10リットルほど購入もしています。

IVUSAだって、学生が1万円の参加費を支払って熊野にやってきます。好きでやってくるのですが、熊野少年自然の家に宿泊しながら、自炊を毎日する予定です。ここにも、ボランティアをボランティアできる要素がありますよね。ぜひ、支援をしていただける方がおりましたら、私までご一報ください。関西の学生が、1日約120名も大泊で活動するのです(14日から17日)。ぜひ、多くの県民の参加もお待ちしています。

まもなく2月に入り、細かな調整が続きます。看板製作や許可申請、広報や準備物の用意など、毎日のように作業はあります。しかし、スタッフは潤沢ではないので、ひとり東奔西走しています。

◆問い合わせ先&参加の申し込み先
 熊野レストレーション
 事務局 担当:端無徹也(はなしてつや)
 kurage874@mbd.nifty.com・090-8658-6601
 http://crepm.exblog.jp/17276712/

by kurage874 | 2012-01-29 01:45 |  熊野レストレーション
<< 【熊野レストレーション】紀和町... 2月の海月のイドコロ >>