海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【熊野レストレーション】大泊海水浴場復活!プロジェクトの初日
今日の熊野市は快晴でした。

暑いくらいで、まさにボラ日和。
名簿上では、ピークは90名の参加でした。
これほど集まるとは予想外で嬉しかったです。
c0010936_2235142.jpg


北は埼玉県や東京都、南は兵庫県の豊岡市など、まさに全国各地から来ていただきました。1日限りで、神奈川県からやってきてくれた家族もいました。涙がでるほどに嬉しかったです。多くが、顔の知った友人たちで、人の繋がりが、その先の繋がりをつくってくれました。
c0010936_2254914.jpg


使い古しのコンパネもいただき、一輪車ロードとなりました。この先に、流木の集積場を作り、1ヶ所に集めるようにしました。大変な作業ですが、やはり見た目の綺麗さは格段に違います。キレイになってくると、人はささに奮闘してくれるので、今日の作業量は予想以上でした。
c0010936_2281025.jpg


人数が多いので、10人程度の班を作り、班長をこしらえて作業指示を出しました。この方法だと、班長に伝達するだけで、参加者全員に作業内容が伝わります。経験値の多い方ばかりだったので、効率も手際も良かったです。考えてみると、それぞれの地域で活躍している組織の集合体のようになったので、本当に申し合わせたように作業は順調に進みました。
c0010936_22124986.jpg


c0010936_22163593.jpg


同時開催で、災害系チェンソーの実践的講習会も人気でした。初めてチェンソーに触れる参加者もいて、熱心に講義を聞いていました。チェンソーは便利な資機材ですが、危険度のリスクが高い資機材でもあります。しかし、災害現場での認知度も高く、ぜひとも基本動作から知っておいて欲しいとはじめた講習でした。短い時間ですが、非常に内容のある講習となり、チェンソーを知ってもらう目的は果たせたと感じています。
c0010936_22231516.jpg
開始前


c0010936_22215966.jpg
お昼時間


c0010936_22222830.jpg
作業終了後


人の力ってのもありますが、やはり参加者のスキルが高いと感じました。多くの方が、手馴れているのです。チェンソーも10台近くありましたが、それぞれ作業距離を取り、トラブルもありませんでした。これだけの参加者がいて、事故も怪我もなく終わったのは、まさに班長さんと皆さんのおかげです。なによりも一番驚いていたのは、区長さんをはじめとする大泊区の方たちで、「みなさん、勝手知っとるの」ってな感じで、感心していました。また、住民参加もあって、一体感もありました。
c0010936_22275270.jpg


16時の作業終了後にも、区長さんに挨拶いただきましたが、心より感謝の言葉を述べられていたのが印象的でした。17日まで連続するので、それまでに片付いてしまうのではないかと心配するほどでした。明日と明後日は、極端に少なくなるので不安もありますが、出来る範囲がボランティアなので、地道にやっていこうと思います。

本当に、参加者の皆さん、お疲れさまでした。

また、IVUSAに差入れをしていただいた皆さんも、ありがとうございました。まだまだ受け付けていますので、野菜でも米でも、自炊する番でも、学生ボランティアの彼らを支援願います。

初日、なんとか無事に終わりました。
明日もよろしくお願いします。

ありがとうございました。

by kurage874 | 2012-02-11 22:32 |  熊野レストレーション
<< 【熊野レストレーション】大泊海... 【熊野レストレーション】災害系... >>