海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【熊野レストレーション】大泊海水浴場復活!プロジェクトの4日目
2月14日(火)は、朝から小雨になりました。
午後には本降りにもなって、本当にお疲れさまでした。

名簿上の参加者は、学生以外が12名でした。

この日も、朝8時半過ぎに現地入りし、9時過ぎに作業指示、飛鳥で娘を乗せて保育園に送り届け、10時からの公務でした。午後一で、IVUSA本隊が到着したので、セレモニーでの主催挨拶に大泊に戻りました。大型バス2台で来ていただいた学生たちのなかには、顔なじみもいれば、初めて熊野に来た学生もいました。東北にも行き、海外でもボランティアしている強者もいるIVUSAは、日本屈指の学生ボランティアです。台風12号では、熊野にも確か6回くらいは遠征に着ていたはずです。そのうちの1回は、尾鷲のキタガワノホトリで仮宿してくれました。
c0010936_2216266.jpg


セレモニーでは、メディアにも多数来ていただき、当日夜のNHKニュースでは、大きくIVUSAを取り扱っていただきました。また、翌日の新聞では、地元紙の吉野熊野新聞をはじめ、朝日新聞、伊勢新聞などにも掲載されました。今回のプロジェクトでは、地元紙の南紀新報や、紀南新聞にも取材を受けました。「大きく載っていたよ」と声をかけられるとともに、大泊海水浴場が大きく出ていることに感謝する限りです。
c0010936_22175526.jpg


さすがだと感じたのは、IVUSA副代表の挨拶で、地元への感謝の気持ちと、仲間である学生への労いを述べていました。人の前で話しをするのは、なかなかの技量と度量がいるので、「副代表だけあるな」と感じたところです。また、IVUSAの学生には、こうした物怖じしない度量のある男女が多いです。私は、声をかけられた学生の名前と顔を覚えるように勉めていますが、より繋がりをもつことで、縁を大事にしたいと感じています。学生といえど、大人であるので、そういった付き合いと、気持ちで接しているつもりです。
c0010936_22214361.jpg


また、熊野市議会議員の参加も多く、5名の議員さんには、実作業をはじめ、関係機関への橋渡しもしていただきました。議員に限らず、何よりも期待することは、熊野にはさほど関係のない115名の学生が、自費の1万円を支払ってこのプロジェクトに参加していることへの労いです。好きでやってきた学生ですが、この現場や熊野に惚れてやってきた学生もいます。それは、地域にとっての財産であり、この学生たちが再び熊野を訪れる可能性を大きく秘めているのも確かなことです。観光客でとしてみた場合、14日~17日まで、これだけの人数が熊野市で滞在し、熊野市内で消費をしているのです。
c0010936_22225233.jpg


一般の方からの支援もあって、米や野菜、寸志の提供もありました。少しでも、学生たちの負担を軽減したいのと、何よりも簡単にできるおもてなしでもあります。もっと簡単なことは、現場に来て声をかけてあげるだけでも、学生たちの士気はあがり、自分たちを鼓舞するきっかけとなります。あいにくの雨になりましたが、ものともせずに作業に没頭する彼らは、紛れも無く、”熊野のために”に奔走しているのです。
c0010936_22303653.jpg


学生たちは、17日の朝まで、熊野少年自然の家に滞在しています。朝夕を自炊しているので、この自炊の手伝いに、毎日通ってくれているお母さんたちもいます。120名近くの調理と料理は、それこそ炊き出し支援にはもってこいの訓練にもなりますよ。また、お昼の弁当は、無理を言って、市内から調達するように算段しています。次に繋がる支援は、まさに草の根、人の根なので、期間中に彼らの勇姿をみたってほしいと思います。
c0010936_22314374.jpg


この学生の1人でも、熊野に残ってくれるようなおもてなしと感動を、このプロジェクトで与えてあげたいと感じています。
c0010936_22331647.jpg


またこの日は、韓国からの留学生など別働隊の学生も50名近く来ていただいので、現場には180名近くのボランティアが作業をする日にもなりました。おかげで、左右の難所がものすごく片付いていきました。この日の私は、見守るだけになりましたが、堤防から作業をみながら、感動に似た興奮を感じました。同じような感動を、地元大泊区民も感じていたようで、向井区長の労いの言葉からも感じ取ることが出来ました。やはり、学生の力はすごいです。
c0010936_22342622.jpg



by kurage874 | 2012-02-16 06:47 |  熊野レストレーション
<< 【熊野レストレーション】大泊海... 【熊野レストレーション】大泊海... >>