海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【熊野レストレーション】大泊海水浴場復活!プロジェクトの7日目(最終日)
まずは、皆さまお疲れさまでした。

名簿上は12名の参加でした(学生除く)。
集計はあとで精査したのちに報告します。
c0010936_2319121.jpg


c0010936_23202033.jpg


c0010936_23213089.jpg


今日の作業は、集大成のようでした。
IVUSAしかできないような、細かな作業でした。
誰もしたがらないような作業を、彼らは陽気にクリアしてきます。
彼らの集団性は、特異であるけど、貴重な”ワカモノ”の力です。
そういう力が、4日間も熊野に逗留していたのです。
c0010936_23252725.jpg


c0010936_23274619.jpg


c0010936_23292246.jpg


また、平日にも関わらず、毎日10人以上のIVUSA以外がエントリーしてくれました。これも嬉しい誤算でした。地元の高校生も、中学生も、大泊を目指してやってきてくれました。今日は、風が強かったけれど天気もよく、7日間のうち2日間が雨でしたが、最後は見事に晴れ渡りました。多くのボランティアが、ここを目指してやってきれたことに、ただただ感謝するばかりです。
c0010936_23434254.jpg


c0010936_2346486.jpg


c0010936_23471719.jpg


作業は午前中だけで、正午を目処に閉会のセレモニーを開催しました。IVUSAが全て企画運営し、あの忙しい時間のなかで、あれだけのアトラクションをこなしていきました。大泊区の住民も多数参加してくれて、親子丼もカレーもうまきってったのが忘れられません。ちなみに、カレーの肉は、松坂牛のスジ肉でした。やっぱりうまきってった。
c0010936_005258.jpg


c0010936_025143.jpg


c0010936_055473.jpg


1時間半ほどで、セレモニーは終了しましたが、IVUSA副代表で、今回のリーダーである西夏希さんの挨拶も印象的でした。サブリーダーだった川上さんも、裏方として、またIVUSAのイジラレキャラとして、大変な責任を全うしたと思います。学生をまとめていくのは、1人ではできないことなので、数多くの先輩や後輩が、リーダーたちを支えていたことでしょう。

この期間中、大きな怪我も事故もなく、またチェンソーが15台以上稼動しているなかでも、大きな問題は発生しませんでした。この結果が、私にとっては一番の自慢で安堵感がでる事実でもあります。1週間という連続ボランティアは、いろいろな出来事もありましたが、多くの皆さんに支えていただきました。また、今後の挑戦にもまたハードルがあげられそうな気もします。
c0010936_0263946.jpg


IVUSAも撤収し、借りていた資機材も撤収したあと、人気のない大泊海水浴場にたたずんでみました。ここで、7日間も、多くのボランティアが作業をしたのかと思うと、次への活力が湧いてきました。来る人は、どんなことがあっても来るし、来ない人は、来れない理由を探してでも来ないものです。それがボランティアの良いところでもであるので、やはり来れた人だけが、私と一緒の感覚を得られるのかも知れないと感じたところです。

3月には、紀和町小船で梅まつりが開催されます。
ここも、IVUSAとの合同マッチになります。
もちろん、皆さんの参加も頼りにしています。

そして、この一連の活動が、きっと将来の力になるはずです。

7日間、どうもありがとうございました。

by kurage874 | 2012-02-18 00:37 |  熊野レストレーション
<< 【熊野レストレーション】大泊海... 【熊野レストレーション】大泊海... >>