海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
川の字
やっと、気持ちが治まってきた。

2月は、最後の調停がありました。しかし、妻が来ないのをわかっていて、娘を連れて行く道理がありません。前回の1月の調停で、交代した妻の代理人より、「この調停に妻は出てこない」ことを告げられていたこともあります。”同居を求める調停”として、私から求めた調停でしたが、「妻が拒否をしているので、これ以上は意味がない」が主な理由です。ま、弁護士という代理人が変われば、それまでの積み上げもなにもが、180度も変わってしまうのは当然です。あるときは、妻の病状を全面に出し、あるときは、妻が正常のように判断できることを全面に出す。しかも、「妻は子どもには会いたがっている…」と言うこの言葉を付け忘れない…「だったら、裁判所でなら会えたはずですよ?もっとも、第3者機関を通じて会う算段もしていたはずですよ?」って、調停員に言うしかないのです。

大人の痴話げんかならまだしも、2歳半の娘が、そんな法律だなんだに振り回され、リスクを背負って倉吉なんかに行かなくてもよいと判断したのが、2月の調停でした。なんの躊躇もなく、「オカンに会えないのなら、行く必要はありません」と、裁判所に断りました。ただ、妻は娘には会いたがっていました。これは事実でしょう。私に会うことも嫌ではなかった。家族3人が異質な空間で数十分会えるだけでしたが、妻はなにも嫌がっても、面倒そうでもありませんでした。裁判所で3回だけ会えましたが、1ヶ月ほどの空き時間はあるものの、違和感もなにもなく、その時間は家族の風景が戻りました。妻も娘も、その一瞬が、連続して続いているかのようでした。当時の代理人も、調停員も、書記官も立ち会って、その場面に違和感がなかったはずなのに、代理人が交替した途端、妻がいきなり”拒否”の姿勢を示したというのです。

「なんで、さらさちゃんは、いつもパパと一緒なの?」

某スーパーで、年長のお友だちに言われていました。それは、なんの罪もない、正直な子どもの気持ちです。娘自身は、ポカンとしていましたが、やがては彼女自身が疑問を口にすると思います。そのときに、オトンはなんて答えればよいのかと躊躇します。オカンは、死んでもいなければ、ちゃんと戸籍にも入って家族のままでいるからです。ただ、事情があって倉吉でいてるだけ…そんな大人の事情を、この幼い娘にどう説明すればいい?ただでさえ、妻の病気や病状を伝える義務を負っているのに、それ以上のこの現実は、娘には理解しがたいと考えてしまいます。

…オカンは、病院から突然いなくなったんだよ。オトンは、約12時間後に知らされたんだよ。そのあと、他人の筆圧の残る離婚の意思を、法的用語を交えて文書で送ってきたんだよ。それは、あとの調停で本人から「離婚はしない」って覆されたんだよ。あなたと会うことが楽しみで、それ以上はなにも求めていなかったのに、いつの間にか、保険証のことや、預金通帳のことや、治療費や生活費の要求なんかを、オカンの言葉として伝えてきたんだよ。しかも、知らない間に、オカンの住所は倉吉に移されていたんだよ。それによって、扶養に入っていたあなたの情報も倉吉の住所地に行くことになりかけたのだよ。一方的に、オカンは裁判所に来なくなって、あなたに会いたいと言っておきながら、会える機会を自ら放棄したのだよ…

こんな現実を、どう伝えればいいんだろ?

だから、こうして気持ちを残すことにしたんさね。オトンは逃げないけど、オトンの気持ちは、いつか成長したあなたにどう響いてもいいと思っているんだよ。あなたなりに解釈して、それは大きくなるに連れて変わっていってもいい。もしかすると、オトンが間違っていたと判断されても仕方がない。でもね、いまの段階では、「オトンはやっぱり、オカンが好きで、家族一緒が普通の姿だと思うよ。それは、オカン自身も望んでいて、だからこそ、あんな苦しい治療にも耐えてきたんだよ。必至になって、あなたの成長を見届けるために生きようとしてきたんだよ」っと言うと、相手側に有利に話を持っていかれそうだけど、その気持ちに変わりはないんだよ。だからこそ、オトンはあなただけは、命をかけて守りぬく覚悟なんだよ。

妻には娘の成長を見て欲しい、娘にはオカンに会わせたいと奔走してきましたが、状況は悪くなるばかりです。会えるように話が進むと、不思議と妻から拒否をしてくるのです。妻の病状を利用しているようにも思えるし、妻が言ったとされる「娘に会いたいと思っている」というあの言葉と現実の乖離が、私の気持ちを大いに萎えさせました。法律の解釈で翻弄される娘を見ていると、そこまで試練を背負わなくてもいいと思ってしまいました。かといって、私と娘は一心同体で、妻側から何かを起こされれば、それは私にも、娘にも関係してくるのです。もちろん、私から事を起こしても同様です。そういう激突が今後に待っているのであれば、オトンは憤怒の闘神の形相で立ち向かうしかありません。妻への治療と、妻と語った夫婦の言葉と娘の将来などには、絶対の自信と確信があります。でも、それって法律云々の前では、なんの効力もないことを知ることにもなりました。

もう、そっとしておいて欲しいと思います。しかし、現実はそうはいかないでしょう。でも、娘はちゃんと成長していると思います。事実上、オカンのいない子どもとして、オカンの愛情を貰えずとも成長しています。オトンが、オカンの分まで背負って育児をしているのです。それは、夫婦で語った数多くの言葉が拠り所です。病気になったあとの妻は、娘はライバルであり、当然に我が子でした。オトンの取り合いをやりながらも、ふと正気になったように夢を語っていました。「川の字で寝たいねえ」って妻が言った通り、北浦の家に戻った短い間、妻と娘と私は、家族川の字で寝ることができました。夜中、娘の手を握る妻の握力が強く、その力をコントロールできないときがあるのを知って、私は何度も妻が娘の手を握らないかを心配しました。娘の顔もなでたりすることもあり、やがては私が川の字の真ん中になりました。歪な川の字にはなりましたが、それから毎晩、私は妻の手を握って寝るようにしました。手を握るたび、「フフ」って嬉しそうに笑顔になる妻の顔が、娘以上に幼くも見えたときがありました。あの頃が、私にとって一番の、家族の風景でした。

生きている以上、現実は厳しいものです。それに耐えたり、乗り越えたりしながら、私も娘も成長しています。その先にも途中にも、喜びや優しさや楽しさがあります。それが人生です。いまは頑なに生きていくしかありませんが、いつかは娘と2人、本当の自由のなかで生きていこうと考えています。やがては、娘自身が独り立ちして、この世界で胸を張って生きていけるようになれば、真の自由が来たといえるでしょう。そうなるように、オトンは走り続けるのです。

by kurage874 | 2012-02-22 03:05 |  さらさに贈る言葉
<< NPOで働くということ owasebon 終刊します >>