海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
紀和町小船の梅まつりが、無事に終了しました
先週の土日、ささやかですが協力させていただきました。

IVUSA(国際ボランティア学生協会)との合同ボランティアで、新宅区長さんとのやり取りで実現しました。総勢22名で参加しましたが、イベントボランティアは、災害ボランティアとは全く違って気が楽でした。また、IVUSAについては、インドでのボランティアから関空経由で紀和入りするというハードスケジュールでした。本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
c0010936_23322768.jpg
お寺より眼下に会場を見る(3日撮影)


土曜日の9時に現地入りし、あまりの天気の良さに、花粉症を発症するというワタクシ。おかげで、ティシュが必携となり、安井さんと一緒に参加されたTさん(なんか、グリモヤンとか言ってた)にいただいた漢方薬と錠剤がすごく効きました。なんていうのかを聞いとけばよかったな。
c0010936_0225722.jpg
提灯付け(3日撮影)


c0010936_0235370.jpg
メイン会場づくり(3日撮影)


c0010936_025790.jpg
道路の清掃(3日撮影)


この日の準備は、熊野レストレーションからの参加者と、紀和町のふるさとボランティア(フルボラって言ってました)もいたので、大勢でやっつけることができました。ワタクシは、おかげで身体を休めることができ、芝生の上で爆睡するという失態までやらかしました。でも、ここ最近で一番寝た気がします。気がつくと、川風にさらされて独りきり状態でした…
c0010936_23404910.jpg
3日夜の鍋・歓談会


16時には解散し、17時過ぎには撤収して、湯の口温泉に移動しました。この日の天候が、嘘のように崩れるとは、天気予報で知っていましたが、あれほどに崩れるのはイケズなものです。湯の口温泉では、バンガローを予約し、宴会場で鍋を楽しみました。紀和町ふるさと公社にケータリングをオーダーし、ボランティアで調理しました。四日市から参加のKさんが、料理人の手さばきで準備をしてくれ、皆さんも手際よく準備してくれました。やがて、インド帰りのIVUSAも合流し、源泉掛け流しの温泉で汗と垢を流し、夕食にしました。
c0010936_2346242.jpg
新宅区長さんも駆けつけてくれた


20代の学生(19歳も2人いた)と、その孫でも通用する幅広い世代が22名集まりました。こんな異文化交流は大好きで、仕掛けた側としては大満足です。年齢に関係なく話は弾むもので、あちこちでいろんな話がされていました。聞き耳を立てていましたが、途中からはワタクシも会話に入って楽しみました。IVUSAとのこのような歓談の席は、大いに刺激を受けるし、彼らにとってもよい出来事として記憶に残ればいいですね。この日は、遅くまで語り明かしましたが、引き際も良かったです。ワタクシも、バンガローに入るなり、バタンキューでした。あれほど芝生の上で寝たのになあ…
c0010936_23515772.jpg
祭り当日の物産店舗


c0010936_23594941.jpg
祭り当日の物産店舗


翌日は、7時半に現地入りし、段取りのあと駐車場係を担当しました。20名ほどいたので、IVUSAと熊野レストレーションを半分づつ2班に分け、交替で担当しました。残りが祭りを楽しむ意図でしたが、ワタクシが9時にオイトマすることになっていたので、それぞれのリーダーにお任せして帰りました。それにしても、意地悪雨で、なんとか最後までイベントスケジュールはこなしたようですが、来年はリベンジしたいと思います。そうです、熊野レストレーションは、スタッフがいる限り、一度やった支援先には支援を続けていきます。
c0010936_2359993.jpg
メイン会場


その後については、リーダーからの報告では無事に解散できたようです。なにはともあれ、無事に怪我なく終わることができるのが一番です。あいにくの雨でしたが、それぞれは何かしらで繋がったかと思います。ワタクシがハブとなって、多くの人が繋がっていけば、いずれはハブであるワタクシのところに人が集まるやとほくそ笑んでおります。それは、この地域が大規模被災したときに、「端無の野郎を助けてやろうぜ」っての期待です。あとは、ワタクシが路頭に迷った時には、「なんだ、しゃあねえなあ、飯でも食わしてやるよ」って恵んでくださるのも期待しています。とくに、IVUSAの学生諸君は、末永く見守ってくださいな。

熊野レストレーションは、基本どこにでも駆けつけて、救援活動も支援活動もさせていただきます。熊野をキーワードに、全国から人を集めて一緒に活動します。そこに、IVUSAのような学生の力が加われば、私たちは熊野地域をかけずり回る遊撃隊になるでしょう。熊野に関わってくれる人は、世界から呼んできます。

今回の活動におかれましてが、小船区長の新宅さんをはじめ、小船地区の皆さまや、多くの地元の方々にお世話になりました。湯の口温泉についても、非常にリーズナブルな設定で、温泉も楽しむことができました。機会があれば、またよろしくお願いします。

また、参加していただいた皆さまについても、本当にありがとうございました。またの機会をつくりますので、よろしくお願いします。

by kurage874 | 2012-03-07 00:14 |  熊野レストレーション
<< 牡蠣の季節ももう少しですよ~ 第1回円卓会議に参加して、率先... >>